【30日間無料おためし】シェアNo.1「会計freee」で経営改善&コスト削減! - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

05075866271

  1. 税理士ドットコム
  2. 税理士ドットコムハウツー
  3. [PR]【30日間無料おためし】シェアNo.1「会計freee」で経営改善&コスト削減!

【30日間無料おためし】シェアNo.1「会計freee」で経営改善&コスト削減!

画像はイメージです(kikuo / PIXTA)
画像はイメージです(kikuo / PIXTA)

税理士さんにまかせっきりの経理に課題や不満を感じているなら、「自計化」を検討してみましょう。自計化は業務効率化やコストカットのほか、自社の経営状況の把握にも役立ちます。初めての経理業務に不安があるならば、クラウド会計ソフト「会計freee」の導入がおすすめです。

経理に関してこんな不満や不安、感じていませんか?

会社運営で忙しい経営者の方なら、経理全般をすべて税理士さんにおまかせしているというケースは多いもの。ところが、最初は何もわからずお願いをしたけれど、時間が経つにつれて、現在の経理になにかしら不満や不安を感じている、という方もいるのではないでしょうか。

経営者のお悩み

このような課題や不満を抱えたままでは、本業である会社経営にも影響しかねません。こうした問題を解決するために検討したいのが「自計化」です。

自計化とは、経理・会計処理のうち、記帳業務や仕訳入力の部分を事業者自身が行うことをいいます。最初は本業優先のために経理全般を税理士にまかせたという場合でも、会社が成長するにつれて、自計化を導入することで経理業務が格段に効率化するかもしれません。

しかし、自計化の導入には「会計ソフトへの入力作業が増える」などの懸念があるのも事実です。そんなときこそ活用したいのが、会計ソフト「会計freee」なのです。

経理のお悩みや自計化も「会計freee」で解決

「会計freee」とは、インターネット上で経理業務ができるクラウド会計ソフト。

その特徴は、記帳代行と同じくらい少ない手間で自計化が実現できる会計ソフトだということ。企業が自計化を始めるために必要な機能やサービスが完備されているのです。クラウド会計ソフトにおいてはシェアNo.1(2017年10月BCN RETAIL調査)、2018年4月には利用数100万事業所を突破しています。

会計freeeを活用すれば、現在の経理にまつわるお悩みもすっきり解消できるはずです。

会計freeeの詳細はこちら

経理初心者でも安心!手厚いサポート

自計化の導入で経理業務が効率的になるとわかっていても、専門家にお願いしていた業務をいざ自社で行うとなると、さまざまな不安が生じるものです。

そうしたありがちな不安も、会計freeeならなんなくクリア。なぜなら初心者でも自計化を始められる、便利なサービスと手厚いサポート体制が整っているからです。

それでは、よくある不安と解消ポイントを具体的に見ていきましょう。

【不安1】最初の設定が面倒くさそう

会計freeeのサポートチームによる前期のデータ入力代行サービスがあります。それにより、以降は過去の実績を参照しながら自身で入力していくことが可能です。

【不安2】勘定科目がよくわかりません

搭載されたAIがクレジットカードやインターネットバンキングの明細を自動で読み取り、それにあった勘定科目を推測して提案してくれます。つまり、経理の事前知識がなくても始められるのです。

万が一わからないことがあっても、回数無制限で気軽に聞けるチャットサポートがついているので安心です。

【不安3】入力内容があっているか不安

会計freeeでは顧問税理士を招待してデータの共有ができます。入力した内容を顧問税理士と一緒に確認できるので安心です。

さらに会計freeeにはこんなメリットも

経営レポート

ほかにも会計freeeを活用して自計化することでさまざまなメリットがあります。まず、今まで税理士や会計士にお願いしていた記帳代行費用をカットすることができます。

また、今の経営状況のグラフレポートを確認・分析できます。ボタンひとつで自社の経営にまつわる数字をいつでも把握することで経営のリスクヘッジに繋がります。

さらに、領収書はスマホアプリで撮影すれば、情報を写真から読み取って記帳まで完了。クレジットカードの明細も自動で取り込みできるので、記帳の手間がかかりません。

このように、会計freeeを活用すれば自計化のメリットを最大限に発揮することができるのです。

会計freeeを導入した経営者の声

実際に会計freeeを導入した企業の導入事例をご紹介しましょう。

今回お話を伺ったのは、沖縄でお弁当店やケータリング、沖縄そば店などの飲食店を多角的に展開している「上間フードアンドライフ」さんです。どんぶり勘定から始まった経営は、会計freeeの導入で大きく変化したと言います。

株式会社上間フードアンドライフ(飲食店経営)

導入事例

ー会計freeeを導入してもっともよかったと思う点を教えてください

常に最新の会計情報を確認できるようになったことですね。導入前は翌月中旬まで待たないと月次実績が出ない状態だったのですが、今はリアルタイムで経営状況を把握できます。会計freeeを導入してからは意思決定のスピードが速くなったと感じています。

ーほかにはどんな効果を実感しましたか?

コスト削減の面でも、会計freeeの導入効果はありました。会計に必要な数字は連携先から自動で取得しているので、会計freeeに直接入力する機会は滅多にありません。そのため、経理担当は3名から私を含めた1.5人になりました。会計freeeにまかせれば正しく仕訳されるので、税理士事務所に外注していた伝票処理にかかるコストも削減しました。

今なら「30日間無料お試し」OK

このように充実した機能とサポート体制が整った会計freeeは、月2,380円から始めることができます。さらに今なら30日間無料でお試しが可能です。

経理初心者でも簡単に始められる自計化を目指して、まずは気軽に体験してみてはいかがでしょうか。

30日間無料お試しはこちら

情報提供

freee株式会社