税理士ドットコム - 顧問先の決算申告書の控えを何年分保管しますか? - 法人税法の欠損金の繰越期間が現在は9年となってい...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 決算申告
  4. 顧問先の決算申告書の控えを何年分保管しますか?

顧問先の決算申告書の控えを何年分保管しますか?

会社の事務所の移転の時に、お恥ずかしながら間違えて決算書類の入ったダンボールを処分してしまったみたいで前期分の控えしか会社にありません。

今の顧問先の税理士さんに頼めば、会計事務所で保管している控えをコピーしておくってもらえると思い、お願いしたのですが、会計事務所では5年分しかないと言われました。

税理士さんには社内では10年分残すようにと言われていたので、税理士さんのところにも同じように10年分あると思っていたので、少し心配になったのですが…。

税理士さんの事務所は、顧問先の決算申告書の控えを保管していると思うのですが、何年前の分まで保管してある、というような常識的な年数とか、ありますか?

それは事務所によって違いがあるのですか?

または常識とか法律とかで、保管期間が決まっているのですか?

教えてください。よろしくお願いします。

税理士の回答

法人税法の欠損金の繰越期間が現在は9年となっていることから、帳簿類の保存期間も9年とされています。これはあくまでも納税者である法人に保存義務があります。
会計事務所でも過去の申告書等は一定期間は保存していますが、会計事務所によって異なるかもしれません。
因みに弊社では画像データではありますが、法律で定める期間を保存するようにしております。
ご参考になれば幸いです。

本投稿は、2017年01月22日 03時06分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

決算申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
41,458
直近30日 相談数
1,278
直近30日 税理士回答数
2,017