中小企業経営者にインタビュー!税理士を変更した理由とは? - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

通話無料 0120537024

  1. 税理士ドットコム
  2. 節税
  3. 節税のハウツー
  4. 中小企業経営者にインタビュー!税理士を変更した理由とは?

中小企業経営者にインタビュー!税理士を変更した理由とは?

いま現在、お付き合いのある税理士の先生に満足されていますか? 企業とは切っても切り離せない関係の税理士。中小企業ともなれば、これはなおのことかもしれません。そして、顧問税理士として依頼する場合、何年も関係が続くというケースがほとんどだと思います。

しかし、中には税理士さんを途中で変えたという企業さまも。そこで今回は、顧問税理士を変えた中小企業さまにその理由や、変更してよかったことなどを伺いました。

「顧問料が半分になって本当に驚きました」(製造業・48歳)

父から譲り受けた会社を運営しており、現在の従業員は8人、うち血縁者が5人です。

父が65歳になったときに私が代表取締役になったのですが、そのときに経理を見てびっくり。顧問弁護士、顧問税理士、顧問社労士、顧問……なんの顧問だ、と。数年会っていない方にまで顧問料を払い続けていたんです。

それを友達の経営者に話したところ、「顧問弁護士なんて、大手企業じゃあるまいし」と苦笑いされてしまいました。たしかに、お付き合いがある企業は、私が生まれる前から変わっていないですし、新規との取引予定もありません。「弁護士、絶対いらない」と思い父親に話すと、父親もその弁護士の存在を忘れていたようで。そこから、顧問〇〇という士業の方とのお付き合いを見直すことにしました。

社労士さんには、給与のことなどもお願いしていたこともあり、良心的な価格でしたので続けることにしたのですが、びっくりしたのは税理士。なんと、近くの税理士事務所をネットで検索すると、うちの売上であれば半額くらいになるというではありませんか。半信半疑で連絡を取ると30代の女性税理士が現れ「本当に大丈夫か?」と最初は不安でしたが、いまでは会社の内情からプライベートな相続の話まで、あれこれ相談に乗っていただいています。

「顧問料以上に良い付き合いができるようになった」(飲食業・54歳)

税理士の顧問料って、どうやって決めていらっしゃるのか、よくわからないですよね。付き合いが長い税理士さんの場合、ほかで見積もると安くなることが結構あると聞いて、うちでも検討しようかなと、いくつか問い合わせてみたんです。

すると、見積もりにはまちまちの数字が。そのなかでひとり、少し高めの金額設定の方がいらっしゃって、いまの税理士よりさらに高くなるので、この方はないかな、と思っていました。

するとこの方、「一度お話だけ伺わせてください!」と妙にしつこく。まぁ話だけでも聞くかと、うちに来ていただいたんです。すると、事前に話していた売り上げや仕入れの金額から、節税のプランを持参してくださり、その内容は私がまったく知らなかったことだらけ。「そんなにお金が浮くの?」と突っ込んだのは言うまでもありません。

そこから、この方に顧問を変更したおかげでかなり節税でき、今後の資金の運用方法や、資金調達まで一緒に考えていただくようになりました。前の税理士より顧問料は高くなりましたが、それ以上にいい相談相手ができましたし、本当に税理士を見直してよかったです。

「効率的に経理業務ができるようになりました」(卸売業・43歳)

弊社は、曾祖父の代から卸売業を営んでおり私で4代目。バブルのころはとても羽振りがよく、従業員も50人近い人数だったそうですが、その後規模を縮小。現在は細々と血縁者で家業を営んでいる状況です。

私が会社に入った当時の税理士は、当時90歳くらい。私も小さなころからかわいがっていただいていたので、そのままお付き合いをさせていただいていたのですが、その方が亡くなられたのを機に、新たに税理士の方を探すこととなりました。

うちは仕訳伝票を1枚1枚書き、穴をあけ保管みたいなスタイルだったのですが、税理士が変わっただけで画期的に経理が楽になりました。こういった作業は母親が行っていたのですが、パソコンが使えない母に代わり、経理の入力は妹が担当することに。母が毎日行っていた作業は、妹が月に数回パソコンで打ち込むだけとなりました。

うちみたいな方法で経理をつけている会社は、いまどき珍しいのだと思いますが、わが社にとっては本当に画期的な出来事で。パソコンとスカイプで打ち合わせは終了。クラウド会計でやり取りしていて、都度税理士さんがチェックしてくれているようです。

おわりに

会社の形態や人数、方針などによって税理士に求めることは異なります。また、時代の変化とともに、税理士さんのあり方も変わりつつあり、最近では、クラウド会計を用いて、海外で入力を行っている税理士事務所もあるようです。税理士とひと口に言っても、いろいろな選択肢があることを心得ておくと、今後の経営に生かせるかもしれません。

節税に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

節税に関する税務相談Q&Aをみる

  • 夫年収1400万、妻のパートで手取額は減る?

    夫の年収が1400万、妻は100万以下でパート勤務です。妻が転職し、年収120万になります。 この時夫の手取額に影響は出るのでしょうか?
    税理士回答数:  1
    2019年04月20日 投稿
  • 役員報酬

    役員報酬に関しての節税対策について 役員報酬を定期的に受け取るのと、役員報酬を少なめにして、賞与として一括で受け取るのとでは、年間の社会保険料が後者の方が、凄く...
    税理士回答数:  3
    2019年04月18日 投稿
  • 所得増額による節税対策の相談

    一時的に所得(収入)が増えた場合、所得に応じて税金も上がると思うのですが、 1年間分だけ一時 収入が増えるので(翌年には下がる)その収入が増える年の分だけの税金...
    税理士回答数:  1
    2019年04月17日 投稿
  • 社宅を利用して節税する方法について相談

    他サイトの記事にまとめられているのですが、具体的な運用方法がわからなかったので相談です。 例) ・給与支給額 30万円 ・家賃 10万円 という方がいらしゃっ...
    税理士回答数:  4
    2019年04月17日 投稿
  • 住宅控除について

    現在、親子ローンを組んでいる者です。 いろいろ調べてもよくわからなかったので知恵袋に投稿しました。 父親と私で住宅控除は毎年受け取っています。 ですが現在、...
    税理士回答数:  1
    2019年04月15日 投稿

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
通話無料 0120537024
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応