生命保険加入者は必見!堅実に節税するための「生命保険控除」まとめ - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

05075863695

  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 生命保険料控除
  4. 生命保険料控除のハウツー
  5. 生命保険加入者は必見!堅実に節税するための「生命保険控除」まとめ

生命保険加入者は必見!堅実に節税するための「生命保険控除」まとめ

個人事業主だけでなくサラリーマンでも行うことができる堅実な節税、それが「生命保険控除」です。

本記事では、生命保険控除とは何か、誰に適用されて、どんなメリットがあるか等をまとめます。また具体的な金額のシミュレーションもしておりますので、ご自身のケースでの節税額を見積もっていただくことができます。

なお、生命保険控除は平成24年1月1日より新制度へ移行しましたので、今回は新制度についてまとめました。

目次

生命保険控除制度

まずは生命保険控除の基礎を学んでいきましょう。

生命保険控除とは

生命保険控除とは、支払った生命保険料、介護医療保険料および個人年金保険料に応じて、一定の金額が契約者のその年の所得から差し引かれる制度です。

控除を受けるメリットは?

税が掛かる前の所得を減額できるので、負担すべき所得税や住民税の額が小さくなります。

控除を受けるには?

生命保険料控除を受けるためには、1つの契約で年間に支払った保険料や掛金の額が9,000円を超える場合に、保険会社が発行する証明書、領収書等を確定申告書に添付するか提示する必要があります。
サラリーマンなどの給与所得者は、年末調整のときに会社から提出を求められることが多く、その場合には確定申告の際には必要ありません。

控除対象外になる場合って?

身体の傷害のみに起因して保険金が支払われる特約等については対象外となります。
また、保険期間が5年未満の生命保険などの中には、控除の対象とならないものもあります。詳しくは国税庁の税についての相談窓口などに相談するとよいでしょう。

具体的な控除額

生命保険控除では所得が控除されることで、所得税と住民税の負担が軽減することは上で述べました。

所得税と住民税は、共に「支払保険料が増えるほどに控除額も増えるようになっており、控除額が増加する割合は段々と少なくなる」仕組みになっていますが、「所得の控除額」が異なります。

それぞれについて、表でまとめてみましたのでご参考ください。
なお最大の控除額が2万8,000円の住民税に比べて、所得税は最大4万円と控除額が大きいことが分かります。

所得税の控除額
年間支払保険料控除額
2万円以下の場合支払保険料等の全額
2万円超~4万円以下の場合支払保険料等×1/2+1万円
4万円超~8万円以下の場合支払保険料など×1/4+2万円
8万円超の場合一律4万円
住民税の控除額
年間支払保険料控除額
1万2,000円以下の場合支払保険料等の全額
1万2,000円超~3万2000円以下の場合支払保険料等×1/2+6,000円
3万2,000円超~5万6000円以下の場合支払保険料など×1/4+1万4,000円
5万6,000円超の場合一律2万8,000円

なお、一般生命保険料、介護医療保険料および個人年金保険料にそれぞれに控除を適用することができますが、制度全体の適用限度額は所得税が12万円まで、住民税が7万円までとなります。

実際にどのくらいお得なの?

実際に、どの程度の節税効果があるかをシミュレーションしてみます。

年間の支払保険料が8万円の場合

税率15%(所得税率+住民税率。課税される所得金額が330万円未満の人。)として、所得控除が4万円、住民控除が2万8,000円となるため、1万200円(4万円×15%+2万8000円×15%)の節税効果があります。

年間の支払保険料が3万円の場合

税率15%(所得税率+住民税率。課税される所得金額が330万円未満の人。)として、所得控除が2万5000円、住民控除が2万1000円となるため、6,900円(2万5,000円×15%+2万1,000円×15%)の節税効果があります。

最後に

生命保険控除は、個人事業主・サラリーマンを問わず、生命保険、介護医療保険および個人年金保険に加入している人であれば、誰にでも適用される堅実な節税です。
確定申告や年末調整の際には、忘れずに申告していただければと思います。

参考リンク

税理士をお探しの方は税理士紹介サービスをご利用ください。

生命保険料控除に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

生命保険料控除に関する税務相談Q&Aをみる

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応