税理士事務所インタビュー | 「経営者の応援団長」として、会計を経営に活かす支援を行います
  1. 税理士ドットコム
  2. 税理士検索
  3. 神奈川県
  4. 横浜市
  5. 戸塚区
  6. 東戸塚駅
  7. ビジョン税理士法人
  8. インタビュー

税理士インタビュー

「経営者の応援団長」として、会計を経営に活かす支援を行います

2003年に開業し、神奈川県横浜市戸塚区に事務所を構えるビジョン税理士法人。中小企業の経営サポートを主軸に、サービスを展開しています。スタッフ総数27名のうち、税理士7名と税理士資格保有者が多く、さらにスタッフの平均年齢も35歳と若い事務所です。また、顧問先社長も、30代~40代の方が中心で、事務所全体が、笑顔で、明るいことが特徴です。代表の鈴木宗也税理士にお話を伺いました。

鈴木 宗也 税理士

ビジョン税理士法人

更新

ビジョン式「月次決算書」&「経営計画書」で中小企業の未来をサポート

ー ビジョン税理士法人の主な業務内容を教えてください

鈴木宗也 税理士

ビジョン式「月次決算書」と「経営計画書」で、「この先、会社をどうする?」の視点から、明るい会社の未来創りをお手伝いしています。また、通常の税理士業務として、税務申告、税務調査対策、会社設立・創業融資、相続税申告などのご相談にも対応しています。

ー ビジョン税理士法人の特徴を教えてください

鈴木宗也 税理士

中小企業の経営サポートに力を入れています。税務や会計支援はもちろんですが、私たちは「ワクワクする良い会社」を増やしたいと、本気で考えています。そのためには経営者には、「お金の儲け方とお金の残し方」を理解して頂き、数字が苦手な社長でも、数字を経営に活かせるようにサポートすることが、私たちの大切な仕事だと考えています。

また、会社が長期的に安定成長していくためには、経営理念や未来への道筋であるビジョンを、社長と従業員で共有する必要があります。このことから弊所では、ビジョン式「月次決算書」と「経営計画書」という、2つのツールの導入で、お客様をサポートしています。

ー まずはビジョン式「月次決算書」について教えてください

鈴木宗也 税理士

経営者の中には、「税理士から利益が出ていると言われたけど、なぜ会社にお金がないの?」という疑問を持つ方が、多くいます。その疑問を解消するには、利益と資金の違いや、儲けたお金はどこに消えたのか?について、税理士が社長に説明し、社長に数字を理解して頂くことが必要です。一般的な決算書は、税務署や銀行に提出することが前提として作られているため、数字を経営に役立つように読み解くことは、なかなか難しいものです。

そのため弊所では、どこに手を打てば利益が出るかを考察できる「未来会計図表」。会社を倒産させないために、未来に向けての財務体質の改善に役立つ「資金別貸借対照表」。そして、お金の流れを把握できる「キャッシュフロー計算書」など、ビジョン式「月次決算書」を用いて、数字を経営に活かすお手伝いをしています。

その月の業績にあわせて表紙の色を変えたり、カラフルなグラフや図を用いて、視覚的にわかるように工夫しているため、数字の中身を理解し、未来の経営に役立てることができるようになっています。弊所のほとんどのお客様が、ビジョン式「月次決算書」を取り入れています。

ー 過去の数字から現在の経営状況を詳しく知ることができ、対策を講じることができるんですね

鈴木宗也 税理士

そのようなサポートをさせていただいています。数字があまり得意でない社長にも、自社の数字を理解して、経営に活かしていただけるように、弊所にいる未来会計コンサルタントが、わかりやすくご説明します。ビジョン式「月次決算書」は、年商5,000万円~年商10億円程度の中小企業との相性が、とてもいいと実感しています。

「どんな感じなのか、試してみたい」という方には、90分の無料面談で自社の財務診断が理解できる、「社長の成績表」というサービスもあります。こちらはビジョン式「月次決算書」に金融機関目線での財務格付けがプラスされたもので、専門家の視点から数字が経営に役立つアドバイスを行います。 そのほかにも、毎月2社限定で、ビジョン式「月次決算書」を2か月間無料でお試しいただくこともできます。

「経営計画書」は企業と社員が進む道を描いた「航海図」の役割がある

ー 次に、ビジョン式「経営計画書」について教えてください

鈴木宗也 税理士

「経営計画書」と聞くと、どんなイメージをお持ちでしょうか?銀行から融資を受ける際に、金融機関から提出を要求される「事業計画書」を多くの方はイメージすると思います。ビジョン式「経営計画書」は、銀行融資のための事業計画とは、大きく異なります。ビジョン式「経営計画書」は、経営理念を社内の隅々まで、行動に落とし込むために『活用』する、経営実践型の経営計画書です。 企業が長く、安定成長するためには、まずは会社の目的や存在意義を明文化し、数字の目標も定め、目的と目標に向かって、前進していく必要があります。経営計画書の作成過程で、会社の存在意義や使命を明確化することができます。さらに、会社が生き残るために必要となる必達の売上や利益を社長自身が知ることで、目標数字が明確になります。不透明感が増している時代だからこそ、「成り行き任せ」の経営ではなく、社長が描く夢や目標を社員と共有し、社長と社員が同じ価値観で、同じ方向に進んでいける道具が、経営計画書です。

実は多くの中小企業で、社員10人前後の規模で会社の成長が止まってしまいます。経営者一人の技術力だけで会社が成長できたり、経営者の目の届く範囲で会社組織を運営していくには、社員10人程度が限界だからです。

ところが、経営計画書に社長の考えや価値観を明文化した上で、考え方や価値観が合致した社員と一緒に会社組織を運営していくことで、会社は同じ方向へと動き出します。経営計画書は「10人の壁」を乗り越えるための道具となるんです。

ー 経営計画書を作成することで、実際にはどんな効果がありましたか

鈴木宗也 税理士

実は、経営計画書の効果を誰よりも実感しているのは、私自身なんです。弊所では経営計画書を作成し、そして活用してから、毎年120%売上が増加し、経常利益は作成前と比べて300%もアップしました。お客様からも「前と比べて、事務所の雰囲気が変わりましたね?急に成長しましたね?」とよく言われます。経営計画書は作成してから、正しく活用することが重要なポイントになります。

多くの会社で作成している、銀行からお金を借りるために作成する「事業計画書」などの、単なる数字の羅列の目標では、会社は何も変わりません。社長の「魂」の入った、ビジョン式「経営計画書」の作成と正しい活用を通じて、社長自身が自分の会社を理解できるようになり、そして社長と社員が、同じ想いや同じ考え方、同じ将来の方向性を目指せるような、ワクワクできる良い会社づくりを応援していきたいと思います。

ー 経営計画書は会社経営と、社内の意思疎通に役立つんですね

鈴木宗也 税理士

そうなんです。ただ残念なことに、税理士として15年以上中小企業の支援を行っていますが、お会いさせていただくほとんどのお客様が、経営計画書を作成していません。

会社の経営は、よく船の航海に例えられます。会社を円滑に経営していくには、会社も乗組員である「社員」に対して、会社の存在意義や個々の社員の役割を、明確に説明する必要があります。経営計画書には、会社が進むべき道を記した航海図と同じ役割があるのです。経営計画書を活用して、社員に働く目的や存在意義を伝え、社長が考える会社の未来の姿を社員に伝えることで、社員も会社の将来性について理解をすることができ、働く意欲に繋がります。良い会社になるために「魔法の書」と言われる経営計画書を、ぜひ導入していただきたいですね。

ー サービスに興味を持った方が気軽に利用できる方法はありますか?

鈴木宗也 税理士

さきほどお話しした無料体験のほかに、ビジョン式「月次決算書」と「経営計画書」を活用した経営サポートとして、「セカンドオピニオンサービス」を行っています。現在の税理士とは長い付き合いなので解約したくないけど、ビジョン税理士法人のサービスは受けてみたい。そのような方を対象として、今までの税理士との契約はそのままで、現在の税理士には従来通り税金の計算をお願いしつつ、ビジョン税理士法人からはビジョン式「月次決算書」と「経営計画書」で、御社をサポートするサービスです。

ー ビジョン税理士法人では会社設立・創業融資にも力を入れていますね

鈴木宗也 税理士

弊所には350社という顧問実績があるので、開業支援のノウハウが豊富です。また、同所内に行政書士事務所と社会保険労務士事務所を併設しているので、社会保険手続きや会社設立の手続きもオンストップで行うことができます。

創業融資に関しては、事業計画書の作成支援はもちろん、日本政策金融公庫との面接に同席するなど、手厚くサポートいたします。弊所の創業融資実行率は2019年実績で90%超、平均融資額1,000万円以上なので、安心していただけると思います。

ー 会社設立・創業融資は、手数料無料でサポートを受けることができるんですね

鈴木宗也 税理士

顧問契約を結んでいただくことで、会社設立や銀行融資サポートも、手数料無料で対応しています。なお、万が一融資が獲得できなかった場合は、顧問契約していただく必要はありません。無料相談会も行っているので、ぜひ私たちのサービスを模擬体験してみてください。

ー 相続税申告も強みとしていますね

鈴木宗也 税理士

特に、相続財産が3億円までの相続税申告を得意としています。相続税申告では、一般的に相続財産のうち約半分が土地というケースが多く、相続税を抑えるためには、土地評価に関する高い専門性が必要です。

弊所では、相続税専門のスペシャリストの税理士が在籍しています。相続税の業務は税理士業務の中でも専門性が高いので、相続税業務のみを専任で行う税理士が担当しますので、安心してお任せください。相続税申告の報酬は15万円からと、抑えた価格設定になっています。また、初回相談は75分間無料で行っています。

ー 一方、月額顧問料は、毎月・2か月に1回・3か月に1回と、打ち合わせの回数で料金を設定していますね

鈴木宗也 税理士

はい。打ち合わせの際には、月次決算書の中身について、社長がご理解できるまで丁寧にご説明しています。打合せを2~3ケ月に一回行うケースと、毎月打合せを行うお客様がいらっしゃいます。お客様の要望に応じて、打合せ回数を決めております。 そのほかにも、決算締めの数ヶ月前に、決算時における利益額予測のシミュレーションを行っております。決算締め前に、あらかじめ予想できる納税額を、シミュレーションしてお伝えしていますので、急な納税負担とならずに、安心です。

決算が終わったあとに納税額を知らせてくる税理士もいるようですが、それでは経営者は資金繰りができない状況に陥ってしまいます。弊所では事前に納税額を算出するようにしているので、そうした心配はありません。

ー あらかじめ納税額が予想できれば、決算間際に慌てて節税対策をする必要もありませんね

鈴木宗也 税理士

税金を払うということは、利益が出ている証拠です。そのため、むやみに節税するよりも「しっかり利益を出しましょう」とアドバイスしています。利益を出してお金を貯めて、潰れないような強い会社をつくるように支援しています。もちろん常識的な節税は行いますが、決算前の無駄なキャッシュアウトはおすすめしていません。

100年続く、経営者も社員もワクワクする中小企業づくりを応援します

ー 事務所のモットーを教えてください

鈴木宗也 税理士

お客様の会社が、100年続く、ワクワクする良い会社になることを支援しています。中小企業で働く経営者も社員も、働くことが生き甲斐になるような、ワクワクする中小企業づくりを応援する、ということです。会社が成長していくために、社長のやる気スイッチを探し出して押せるように頑張っています(笑)。

ー お客様に喜んでいただいたエピソードを教えてください

鈴木宗也 税理士

お客様が月次決算書や経営計画書を導入して、業績が上がったときに「ありがとう」と言われたことですね。弊所とお客様が付き合って頂いているときは、お客様の会社がもっと良くなると本気で思ってサポートをしています。あと、お客様によく「鈴木さんと話しをしているとテンション上がります!」と言われるんですよ。「来月までに業績を上げて税理士を喜ばせるぞ!」というやる気を引き出すことができたら嬉しいですね。

ー これから事務所をどうしていきたいと考えていますか

鈴木宗也 税理士

ビジョン税理士法人は、お客様第一主義を経営理念として謳っていますが、従業員と話したり、様子を見ていると、みんなが心からお客様を大切にしている姿勢を実感しています。

お客様からは、税金のことだけでなく、社会保険や経営の悩み、社員の悩みなど、些細なことでも、何でも気軽にご相談して頂けるような、関係性を目指しています。お客様に寄り添い、お客様から感謝して頂けるような仕事をすることで、社員の働き甲斐が生き甲斐に感じられるような税理士法人を目指しています。

ー 経営者にとって、どんな存在でありたいと思いますか

鈴木宗也 税理士

お客様のニーズを先読みして、お客様の視点で物事を考えることが大切です。さらに、お客様は、共に成長していくパートナーだと考えていますので、困ったときに何でも、一番目に相談して貰える存在でありたいです。以前、お客様から年賀状をいただいた際に、「いつも頼りにしています」と書かれていたのが、とても嬉しかったですね。税務以外のことでも、何でも、どこよりも先に、気軽に相談してもらえればと思います。

編集後記

鈴木宗也税理士は終始朗らかで、話していると元気が湧いてくる、魅力溢れる先生でした。横浜・湘南地域で、経営支援に強い税理士をお探しの方は、ぜひ相談してみてはいかがでしょうか。

鈴木 宗也(税理士・行政書士) ビジョン税理士法人

従業員数:27名(うち税理士7名) ※令和2年3月現在
所在地:〒244-0801 神奈川県横浜市戸塚区品濃町549-2 三宅ビル3階
https://suzuki-tax.net/

<プロフィール>
1973年生まれ。横浜市内の会計事務所に5年間勤務し、2003年に横浜市戸塚区の実家にて個人事業として開業。現在は東戸塚駅に事務所を構え、中小企業の経営サポートを行う。趣味は海釣り、キャンプ、BBQ、草野球、読書、旅行など。