税理士事務所インタビュー | 父娘の二人三脚。ベテランの“経験”と女性視点の“細やかさ”で相乗効果を発揮
  1. 税理士ドットコム
  2. 税理士検索
  3. 神奈川県
  4. 相模原市
  5. 南区
  6. 古淵駅
  7. 横山泰夫税理士事務所
  8. インタビュー

税理士インタビュー

父娘の二人三脚。ベテランの“経験”と女性視点の“細やかさ”で相乗効果を発揮

神奈川県相模原市に事務所を構える、横山泰夫税理士事務所。事務所設立は1984年で、事務所のスローガンは「ハートでキャッチボール」。経験豊富な代表税理士と、細やかな視点で対応する女性税理士による2人体制で、35年以上に渡り顧客満足度の高いサービスを提供しています。代表の横山泰夫税理士、ご息女の三輪谷さくら税理士にお話を伺いました。

横山泰夫 税理士/三輪谷さくら 税理士

横山泰夫税理士事務所

更新

親しみやすさを武器に「サービス業」のようにお役に立ちたい

ー 横山泰夫税理士事務所の特徴はどんなところですか?

横山泰夫 税理士

会社設立、開業支援のほか、節税、確定申告、法人決算の業務が主ですが、事業運営に関わる幅広い内容のご相談をお受けし、お客様からの依頼であればできることは対応するという姿勢でやってきています。

弊所のお客様は、小規模な企業や個人事業主の方が中心なので、専門家の顧問や相談相手は税理士だけという方が圧倒的に多く、わからないことがあったら、まず最初に相談する相手は私たちになるわけです。

私どもでわかることはお答えしますし、各専門家につなげることもできますので「こんなこと聞いてもいいかな」と思わずに、なんでも質問していただきたいです。

ー 親しみやすい関係を築くことにこだわっているのですね

横山泰夫 税理士

私の両親が商売をやっていたことが影響していますね。税理士というと堅いイメージを持たれがちですが、私は「サービス業」のような位置付けでお役に立てればと思っています。

“先生”なんて呼ばれるよりも、親しみやすい近所のおじさん、という距離感でやってきています。

三輪谷さくら税理士

横山税理士は自身も事務所を経営していますし、不動産投資の経験もあり、経営全体に関わるアドバイスを行うことができます。

経営者の立場も気持ちもわかりますし、経験に基づいた助言を行えるところは、弊所の特徴だと思います。

ー 横山泰夫税理士事務所にはどのようなお客様がいらっしゃいますか?

横山泰夫 税理士

不動産やNPO法人、工場、清掃業からサービス業まで様々ですね。さくら先生が入所してから新たなお客様も増えてきているので、担当業種はさらに広がっています。

三輪谷さくら税理士

私の方では建築・リフォーム関係や冠婚葬祭業のほか、PR関係やWEB関連なども担当しています。事務作業が苦手な方も多いので、会計や税務の初歩的なことをわかりやすく説明するようにして、しっかりコミュニケーションを取ることを意識しています。

ー コミュニケーションを取る際に気をつけていることはありますか?

三輪谷さくら税理士

素早い対応ですね。実際、税理士ドットコム経由でいらっしゃった方に弊所に決めた理由をお尋ねしたところ、「リアクションがいちばん早かったから」とおっしゃる方が多いです。レスポンスの速さと、お客様の立場に立って親身に対応することを常に心がけています。

2人体制で対応することにより隙なく顧客をサポート

ー レスポンスの速さを重要視される方は多いですよね

三輪谷さくら税理士

速さもですし、担当するお客様とは密に連絡を取るようにしています。法人の方は連絡を取り合う機会が多いのですが、個人の方ですと、コミュニケーションを取るのは確定申告の時期だけになりがちです。

そのため、特に用事がなくても「最近お仕事はどうですか?」なんてLINEのやりとりもしています。

ー LINEだとお客様も手軽に連絡ができますね

三輪谷さくら税理士

そうですね。迅速にレスポンスできることに加えて、資料のやりとりも手軽に行えるというメリットがあります。

たとえば行政から届いた資料の意味がわからないという場合にも、スマホのカメラで写真を撮り、LINEで送っていただければすぐにご説明できます。簡単にやり取りできるところが、若い経営者の方には合っていると思います。

ー 父娘の2人体制で対応することのメリットを教えてください

横山泰夫 税理士

最近では若いお客様が多いのですが、さくら先生のような若手税理士と一緒に面談すると「長くお付き合いしてもらえそうだ」と安心していただけます。女性ならではの細やかな対応もメリットですね。

私は税務やお客様へのサービスの知識や経験はあるので、お互いにサポートすることで相乗効果を発揮して、最終的な顧客利益につながっているんじゃないでしょうか。

三輪谷さくら税理士

2人で面談していると、どちらかが会話中のとき客観的に聞くことができるので、補足したり、プラスαの会話ができます。すると後日補足しなければならないことも少なく、その場で解決するという場面も多いです。

あとは、私はお客様への対応や依頼された資料作成に対してのアクションは早いですが、やはり横山先生のほうが経験に基づいたアドバイスを多くできるので、説得力があります。

なかには横山先生に言われたことがすごく心に残っていて、それを目標にされてるというお客様もいらっしゃいます。

ー 具体的にはどんなエピソードですか?

三輪谷さくら税理士

お客様の中で、平成生まれの葬儀屋さんがいるのですが、横山先生に「葬儀業のコンサルタントが向いている」と言われたことがあるそうなんです。その方はその言葉が心の中にあって、自分の目標にして取り組んでいるとおっしゃっていました。

また不動産の外交員をしている個人事業の方は、マイホームを購入して、住宅ローンを組もうかと相談したところ、「不動産業しているのにマイホーム?投資をしなさい」と言われ、まさにその通りだと、不動産投資を始めた方もいます。

横山先生の直感や経験値による発言だったのでしょうけれど、こういう人の心に残るようなことを言える、というのは私にはない部分です。お客様にとっても新しい視点だったと思います。

ー そのほかにお客様に喜んでいただいたエピソードはありますか?

三輪谷さくら税理士

ご主人が保有していた建物を相続した奥様がいらっしゃって、会社を設立して建物は会社所有とし、奥様はそこから役員報酬をもらうことにしたんです。

元はご主人の両親の建物だったので、会社名に義父母の名前を一文字ずつ付けたりと、奥様は会社の設立をとても喜んでいたんです。

司法書士さんとの間に立って設立のお手伝いする中で印鑑証明書を拝見したところ、奥様の誕生日があと2週間ほどでした。思い入れのある会社ですから、奥様の誕生日が会社の設立日だったらどんなに素敵だろうと。

代理で手続きを行っていた息子さんにご提案して、法務局への手続きを急いで行ってもらい、無事誕生日を会社設立日にすることができました。奥様も息子さんも、とても喜んでいましたね。

ー 三輪谷先生ご自身も子を持つ親だからこそ、親身に寄り添えることもあるのではないでしょうか

三輪谷さくら税理士

そうですね、経営者の方々にもご家族がおり、かわいいお子さまたちがいます。

おひとりで経営も経理業務もやられている場合、特に男性に多いのですが、どんぶり勘定なので売り上げはあっても常にお金がない状態になりがちです。散財していることを本人もわからずその危機に気づいておらず、軽い気持ちでキャッシングしているケースもあります。

それでも「なんでお金がないかわからない」と言います。彼らは、お金の管理の仕方がわからないのです。そういう経営者をみると放っておけなくなります。お子さまのことを考えると、お金の仕組み、使い方を知ってもらい、財務改善しなければと思ってしまうのです。

そういうところは自分でも余計なお世話だなと思うのですが、母親でもある私としては、どうにかしたくなります。

お客様の思いやメリットを優先に、新しいサービス提供を模索

ー 横山泰夫税理士事務所で力を入れていることを教えてください

三輪谷さくら税理士

お客様の中には、ヨガスタジオやトリマー、リラクサロンを経営されている女性経営者の方がいらっしゃいます。ご主人の扶養の範囲内でやられている方も結構いらっしゃって、事業の規模も小さいんです。

弊所で個人の確定申告を行うと、最低でも税理士報酬が8万円程度かかるので、費用の負担が大きくなってしまいます。そこで、「現金+現物支給」という形で税理士報酬をお支払いいただくサービスを取り入れています。

ー 現金+現物支給で税理士報酬を支払う。新しいサービスですね

三輪谷さくら税理士

たとえば現金でいくらかいただいて、差額分はサロンのチケットやサービスでお支払いいただきます。これなら今まで自身で申告してきた方も、少額の現金負担で税理士に頼むことができます。

そのなかで事業が成長した場合は、きちんと報酬をいただきます。開業当初からサポートすることができるので、これから力を入れていきたいサービスですね。

ー 女性税理士ならではのきめ細やかな対応ですね。ほかにはどのようなアドバイスを行っていますか?

三輪谷さくら税理士

たとえば、認可保育園にかかる保育料や児童手当は、世帯年収によって金額が変わります。児童手当に関しては所得制限があるので、収益が上がり役員報酬を増やした結果、手当を受けられなくなることもあります。

法人税や個人の所得税がどれだけ節税できるかだけでなく、私自身子どもが2人いることもあり、社会福祉などさまざまな観点から総合的にアドバイスしています。

ー お客様のために心がけていることを教えてください

三輪谷さくら税理士

会計事務所として事務的に処理をするのではなく、経営者の立場に立って対応することです。

お客様の会社を自分の会社だと思えば、多少手間はかかっても、少しでも節税につながるように作業します。経営者の立場に寄り添うという意識は常に持っています。

横山泰夫 税理士

税理士としてのサービスを一生懸命させていただくのはもちろんですが、それ以外のことも、お客様のメリットを優先して考えています。

たとえば、開業したばかりの経営者の方はコストにとても敏感です。顧問料に関してはできるだけご相談に応じてサービスを提供させていただきますし、それ以外の事務用品の購入や生命保険の加入等ささいなことでも、ぜひご相談してほしいと思っています。

というのも、事業に関連する費用についてはまだ慣れていないため、割高な金額で購入している方がけっこういらっしゃるからです。購入契約される前にひと言ご相談いただければ、相場がだいたいわかるので、少しでもコストを抑えられるようにアドバイスさせていただきます。

お客様がどれだけメリットが得られるかを考え、誠心誠意対応することをこれからも忘れずにいきたいと思います。

編集後記

父娘ならではの隙のない連携で、迅速かつ柔軟な対応が受けられる事務所だという印象を受けました。税務や経営など、さまざまなことを相談できる右腕を探している事業者の方におすすめの事務所です。

<事務所概要>
従業員数:5名(うち税理士2名) ※令和2年12月現在
所在地:
〒252-0344 神奈川県相模原市南区古淵6丁目6-16
ホームページ:
http://www.sagamihara.co.jp/index.html

横山泰夫(代表税理士) 横山泰夫税理士事務所

<プロフィール>
1984年に税理士登録。過去にはNPO税理士による公益活動サポートセンター、成年後見部研修委員、国際貢献を行うNPO法人シニアパワージャパンの事務局長を務めた。現在は特別養護老人ホームを経営する社会福祉法人理事をしている。20代のころに米国在住経験があり語学堪能のため、外国人起業者への英語対応が可能。



三輪谷さくら(税理士)横山泰夫税理士事務所

<プロフィール>
2012年に税理士登録。横山泰夫税理士の娘。ITツールを活用し、効率の良い経理を実現する。 主に法人税と個人の確定申告や、開業支援を得意とする。年子の女の子と男の子を育てる2児の母親。税理士業務のほか、相模原市立小学校租税教室講師、一般社団法人相模原青色申告会新設法人説明会講師、相模女子大学社会人キャリアアップ講座講師、東京地方税理士会相模原支部税務相談員も務める。経営革新等支援機関認定(ID:106514006501)。