中島俊輔税理士事務所(中島俊輔税理士) | 東京都港区 | 表参道駅 - 65,000件を超える税理士事務所の登録税理士や地図情報なら - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税理士検索
  3. 東京都
  4. 港区
  5. 表参道駅
  6. 中島俊輔税理士事務所

中島俊輔税理士事務所

東京都港区/表参道駅

不動産鑑定士が不動産を適切に評価し、弁護士が適切な遺産分割案を提示いたします

所在地
東京都港区南青山4-17-33-301号 グランカーサ南青山
地図
アクセス
表参道駅から徒歩8分
得意分野
  • 相続税
得意業種
  • 不動産
  • 金融
  • 建設・建築
  • 運輸・物流
料金・事例
  • 個人の相談も受付可
  • 料金・事例あり

中島俊輔税理士事務所 を紹介してほしい方はこちら

税理士ドットコム「税理士紹介サービス」

不動産鑑定士が不動産を適切に評価し、弁護士が適切な遺産分割案を提示いたします

1 相続税は、不動産の評価いかんに左右されます。
  減価するべき不動産を過大に評価すると相続税を余計に納付することになってしまいます。
  不動産鑑定士の資格も有する税理士が、不動産を適切に評価し、適切な納付額をご提示します。
2 相続の目的は、相続人間で円満に遺産を適切に分割することです。 
  相続においてはまず、誰が何を相続するべきかが最初に検討するべきことであると考えます。
  節税を重視しすぎた遺産分割案が、その後のトラブルの原因にもなります。
  弁護士の資格も有する税理士が、法律的な観点から適切な遺産分割案をご提示いたします。 

所属税理士

中島 俊輔 税理士 男性
弁護士・不動産鑑定士

税理士、不動産鑑定士、弁護士の3つの立場から、相続・事業承継に関するご相談を受け、ご依頼者の疑問等を税務・法務面から総合的に解消することを目指しております。 

中島俊輔税理士事務所の詳細情報

事務所プロフィール
事務所名
中島俊輔税理士事務所
所在地
東京都港区南青山4-17-33-301号 グランカーサ南青山
地図
アクセス
表参道駅から徒歩8分
所属税理士数
1名
代表税理士
名前
中島 俊輔
所属税理士会
東京税理士会 
税理士登録年
2016年
得意分野・取り扱い分野
得意分野
  • 相続税
取り扱い分野
  • 相続税
得意業種・取り扱い業種
得意業種
  • 不動産
  • 金融
  • 建設・建築
  • 運輸・物流
取り扱い業種
  • 不動産
  • 金融
  • 建設・建築
  • 運輸・物流
取扱い会計ソフト
  • 弥生会計

相続税の料金・事例

事例

判断の難しい不動産に関する分割・評価を、不動産鑑定士の資格も有する税理士が対応いたします。

・被相続人が、預貯金のほかに不動産を多数保有している。
・被相続人が事業をされており、筆頭株主である。
・遺産の分割案と相続税の申告をお願いしたい。

料金

1 基本報酬
 基本報酬額100,000円に、次の基準による報酬額を加算します。
(遺産の総額)  
 5,000万円未満    200,000円
 7,000万円 〃    350,000円
     1億円 〃    600,000円
     3億円 〃    850,000円
     5億円 〃  1,100,000円
     7億円 〃  1,350,000円
    10億円 〃  1,700,000円
    10億円以上  1,800,000円
  1億円増すごとに  10万円を加算
2 加算報酬
 上記を基準に、土地(1利用単位ごと)や非上場会社の株式等の評価がある場合、その他調査を要する場合は業務量に応じて加算いたします。
 なお総額でいくら程度かかるかを事前に見積もりをいたします。そのうえで、依頼されるかをお決めいただくことになりますのでご安心ください。

項目 費用・内容説明
相談料 初回相談料は、32,400円(税込)になります(料金を気にせずゆっくりとお話をお聞きしたいため、相談に何時間要しても総額でこの相談料のみを頂戴いたしております。)。
初回相談時に、今後のスケジュールや手続きの流れ、そして費用の概算をお伝えいたします。相談時にご持参いただきたいものは事前にご連絡いたします。
なお正式にご依頼の場合は、相談料は報酬に充当いたします。
事務所名
中島俊輔税理士事務所
所在地
東京都港区南青山4-17-33-301号 グランカーサ南青山 
アクセス
表参道駅から徒歩8分

回答したみんなの税務相談

  • 名義預金の対応について

    生前父が子供分の名前で名義預金をしていたようです。持参していたのが父であったのですが 急死したことで同居している兄から外に結婚などで出てしま...

    2018年10月10日 投稿

    中島 俊輔 税理士の回答
    中島 俊輔

    子供名義の預金は特別受益に該当する可能性があり、その場合相続財産に持ち戻させた上遺産分割協議を行うことになります。そもそも兄弟間で取り扱いをことにすることに合理的理由があるかどうかが問題になります。税務...

    この回答を詳しく見る
  • 分割協議書に不満な場合

    知り合いに頼まれての質問です。割協議書に不満な場合、それを訴えるのに時効はありますか?それと、訴えたいって思ってるのは相続人じゃなくて、その...

    2018年10月08日 投稿

    中島 俊輔 税理士の回答
    中島 俊輔

    ご質問の趣旨からして遺産分割協議書が成立した場合のケースであると思いますが、この場合相続人全員の同意が得られれば、第三者の権利を害しない限り合意解除を行うことができます(最判平成2年9月27日民集44巻...

    この回答を詳しく見る
  • 借地権が発生している土地は物納できないか?

    父は高いエリアに大きな土地があり、敷地内で駐車場をしています。そこから月に100万円位の収入があり、この土地の固定資産税は年に350万円位だ...

    2018年10月05日 投稿

    中島 俊輔 税理士の回答
    中島 俊輔

    ご質問ですが、まず前提として、相続税の納付方法は金銭一括納付が原則であり、特例として延納による金銭納付が認められており、延納によっても金銭で納付することが困難な場合はその困難な金額を限度として一定の要件...

    この回答を詳しく見る
  • 借地権名義と建物名義が違う場合

    妻の実家は土地が国の持ち物、建物は妻の母親名義でした。妻の母親が3年前に他界し、その時に借地権を妻の姉が引き継ぎました。妻は辞退をしておりま...

    2018年10月03日 投稿

    中島 俊輔 税理士の回答
    中島 俊輔

    ご質問に借地権について奥様はご辞退されたとありますが、まず奥様のお母様の遺産分割協議書を確認する必要があります。 さらに借地上の建物を奥様に名義変更されたとのことですが、この時点で借地権の無断譲渡にな...

    この回答を詳しく見る
  • 嫁には土地を取られたくない

    弟夫婦と同居状態の母から相談があり,夫婦は土地を目当てにしているけれども,嫁からは大切にされず,冷たい扱いしか受けておらず,嫁にだけは取られ...

    2018年10月03日 投稿

    中島 俊輔 税理士の回答
    中島 俊輔

    推定相続人である弟(お母さまから見て子供)以外の方に対し、公正証書遺言で当該土地を相続させる(あるいは遺贈)旨記載するか、生前贈与をする必要があるかと思います。ただし、遺言の場合遺言執行者の選任も検討す...

    この回答を詳しく見る

監修したハウツー記事

監修した記事はありません。

中島俊輔税理士事務所
を紹介してほしい方はこちら

はじめての税理士探し・税理士の変更は税理士ドットコムにお任せください。

税理士ドットコム「税理士紹介サービス」
コーディネーターが税理士探しを無料でサポートします

お電話でのお問い合わせ

05075864077

メールでお問い合わせ

お問い合わせはこちら