寺田曜一税理士事務所(神戸市東灘区)(寺田曜一税理士) | 兵庫県神戸市 | アイランドセンター駅 - 65,000件を超える税理士事務所の登録税理士や地図情報なら - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税理士検索
  3. 兵庫県
  4. 神戸市
  5. 東灘区
  6. アイランドセンター駅
  7. 寺田曜一税理士事務所(神戸市東灘区)

寺田曜一税理士事務所(神戸市東灘区)

兵庫県神戸市/アイランドセンター駅

税務の仕事に長年携わってきました

所在地
兵庫県神戸市東灘区 向洋町中6丁目9番地神戸ファッションマート4Nー01ー3
地図
アクセス
神戸新交通 六甲ライナー アイランドセンター駅直結
得意分野
  • 顧問税理士
  • 確定申告
  • 税務調査
得意業種
  • 飲食
  • 流通・小売
  • 建設・建築
  • 運輸・物流
  • 製造
料金・事例
  • 個人の相談も受付可
  • 国税庁OB税理士在籍
  • 料金・事例あり

「寺田曜一税理士事務所(神戸市東灘区)」へのお問い合わせ

050-5450-8147

※お問い合わせの際は「"税理士ドットコム"をみた」とお伝えいただくとスムーズです。

税務の仕事に長年携わってきました

当事務所は、兵庫、大阪、京都での勤務経験のある国税OBが所長税理士でございます。
国税経験を踏まえ、お客様ひとりひとりに合うアドバイスに心がけております。
法人様に限らず、個人様の確定申告にも対応しております
また不服申し立てや税務訴訟のスキルもございます
複数の税理士を含む士業の先生方や会計センターと連携しておりますので、幅広い問題が解決可能です

所属税理士

寺田 曜一 税理士 男性

大阪府出身
令和元年7月大阪国税局生野税務署退職
同年8月税理士登録
同年9月事務所開設 

寺田曜一税理士事務所(神戸市東灘区)の詳細情報

事務所プロフィール
事務所名
寺田曜一税理士事務所(神戸市東灘区)
所在地
兵庫県神戸市東灘区 向洋町中6丁目9番地神戸ファッションマート4Nー01ー3
地図
アクセス
神戸新交通 六甲ライナー アイランドセンター駅直結
所属税理士数
1名
代表税理士
名前
寺田 曜一
所属税理士会
近畿税理士会 
税理士登録年
2019年
得意分野・取り扱い分野
得意分野
  • 顧問税理士
  • 確定申告
  • 税務調査
取り扱い分野
  • 顧問税理士
  • 確定申告
  • 相続税
  • 税務調査
  • 経理・決算
得意業種・取り扱い業種
得意業種
  • 飲食
  • 流通・小売
  • 建設・建築
  • 運輸・物流
  • 製造
取り扱い業種
  • 飲食
  • 流通・小売
  • 建設・建築
  • 運輸・物流
  • 製造
  • アミューズメント・レジャー
取扱い会計ソフト
  • ソリマチ会計王
  • JDL

顧問税理士の料金・事例

事例

相談しやすい税理士事務所を目指しています

お客様からの質問や相談には、丁寧で分かりやすい対応を心がけております
決算申告のみのご依頼、税務調査に対するご依頼も可能です

料金

お気軽にご相談ください

事務所名
寺田曜一税理士事務所(神戸市東灘区)
所在地
兵庫県神戸市東灘区 向洋町中6丁目9番地神戸ファッションマート4Nー01ー3 
アクセス
神戸新交通 六甲ライナー アイランドセンター駅直結

回答したみんなの税務相談

  • 給与所得が複数ある場合の確定申告について

    本業(正社員)とは別に掛け持ちでアルバイトをして、給与所得を複数の会社から得ている状況です。この場合、副業の源泉徴収票を持って確定申告に行き...

    2020年01月28日 投稿

    寺田 曜一 税理士の回答
    寺田 曜一

    本業と副業、両方の源泉徴収票を持って確定申告に行き、合計を給与収入として申告をしてください 青色申告は、事業所得や不動産所得のある方なので、給与所得だけでしたら白色申告です

    この回答を詳しく見る
  • 妻が公務員である私のアカウントで商売をしていた場合、私の所得とみなされてしまうのでしょうか?

    公務員の私の名義でセラーアカウントを作っていたのですが、公務員では無い妻がそのアカウントを使用して商品の売買を行っていました。①ここで出た売...

    2020年01月28日 投稿

    寺田 曜一 税理士の回答
    寺田 曜一

    事業の実態が奥さまが行っているということでしたら、奥さまが申告されるべきです 公務員は兼業禁止ですし、あなたの名義で行っていることや、口座を利用していることは好ましくはないかと思いますが、実態と異なっ...

    この回答を詳しく見る
  • 贈与税を指摘されるタイミングは?

    家の建て替え時に下記条件で資金を用意しました。もし、夫から妻への贈与に当たる場合、それを指摘されるのはどのタイミングでしょうか。これから確定...

    2020年01月28日 投稿

    寺田 曜一 税理士の回答
    寺田 曜一

    婚姻期間20年以上の夫婦間での自宅(居住用不動産)またはご自宅を購入するための金銭を贈与した場合には、2000万円までの控除が受けられるという特例がありますので、それを検討されたらいかがですか 要件は...

    この回答を詳しく見る
  • 会社員+家賃収入で妻が個人事業(100万以下)で確定申告した場合

    昨年までは、会社員の夫(私)の給与所得と不動産の家賃収入があり確定申告をしていました。申告の際には、妻は無収入なので妻の所得は0円でした。昨...

    2020年01月27日 投稿

    寺田 曜一 税理士の回答
    寺田 曜一

    > 昨年から、妻が学習塾(100万円以下)の経営者になりました。 と書かれていますが、100万円は収入でしょうか、それとも経費を引いた所得でしょうか? 所得が38万円を超えているのでしたら配偶者控除...

    この回答を詳しく見る
  • どの口座に移せばいいのか

    病院に入院している父が、危ない状況になっています。葬式をはじめ、相続税などを考えて、JAの定期の口座から、一部を父の普通預金に移しました。こ...

    2020年01月27日 投稿

    寺田 曜一 税理士の回答
    寺田 曜一

    家族名義の口座に移すことはできますが、相続発生から遡って3年間の移動については、相続発生時に相続財産として加算して相続税の計算をすることになりますので、注意願います

    この回答を詳しく見る

監修したハウツー記事

監修した記事はありません。

「寺田曜一税理士事務所(神戸市東灘区)」へのお問い合わせ

050-5450-8147

※お問い合わせの際は「"税理士ドットコム"をみた」とお伝えいただくとスムーズです。