確定申告(・丸投げ)の税理士費用の相場 - 税理士ドットコム

税理士を無料紹介!

  • 24時間
  • 年中無休
  • 秘密厳守
  • 全国対応

通話無料 0120537024

  1. 確定申告の税理士費用の相場・丸投げ
確定申告の税理士費用の相場・丸投げ

確定申告(・丸投げ)の税理士費用の相場

「確定申告を税理士にお願いしたいけれど、どのくらいの費用がかかるのかを知りたい」「税理士に丸投げするのとある程度自分で準備するのでは確定申告の料金はちがうのか」「現在契約中の税理士の確定申告料が適正かどうかを比較したい」このようなお悩みを持つ方に、確定申告にかかる費用の例やその相場などをご紹介します。

確定申告の税理士報酬の相場

確定申告の税理士報酬は、納税者の所得の種類によって変わります。サラリーマンの確定申告(医療費控除など)であればだいたい3万円、個人事業主(事業所得)の白色申告であれば5万円~10万円くらいが相場といえます。また、青色申告の場合は白色申告の2倍程度が目安となります。これらはあくまで相場なので、売上規模や業種によって変動します。

青色申告の税理士報酬の相場

参考までに、個人事業主が青色申告の確定申告を税理士に依頼する時の、税理士の報酬相場をご紹介いたします。「売上規模」「記帳代行(会計ソフトへの入力業務)の有無」によって変動することが多く、まとめると以下の表のようになります。

年間売上報酬相場
記帳は自分で行う場合記帳代行も依頼する場合
500万円未満 5万円 10万円
500万円以上1000万円未満 7万円 15万円
1000万円以上3000万円未満 10万円 20万円
3000万円以上5000万円未満 15万円 25万円
5000万円以上 応相談 応相談

確定申告を税理士に依頼するメリット

手間を省ける

確定申告では、1年分の領収書や請求書などの資料を取りまとめて帳簿を作成し、申告書を作成する必要があります。経理担当者や慣れている個人事業主であれば、それほど手間もかけずに行うことができ、1年間のうちに少しずつ進めていくこともできるでしょう。

ところが初めて確定申告を行う人や多忙で時間を作ることができない人には全く手が付けられないという場合もあります。結局、申告期限のギリギリになってしまったり、申告期限を過ぎても確定申告ができていない状態になってしまい、その場合は余計に税金が発生してしまうなどのデメリットもあります。

税理士はこれらの作業を代行することができるため、かかる手間を大幅に省くことができます。その分、税理士への報酬が発生しますが、他に時間を割くことができたり、申告漏れによるデメリットを回避できるメリットもあります。依頼するかしないかに関わらず、自分で行うか税理士に依頼をするかを一度比較検討してみることもおすすめします。

正確さと申告後のフォロー

確定申告の代行は税理士だけが行うことができます。このため、税理士は年間数十件、数百件と確定申告を行っています。確定申告のプロとして、数字にモレが無いか、税金の計算に間違いが無いかを厳密にチェックし申告をします。

初めて確定申告をする人や大雑把な計算で確定申告をしてきた方にとって、税理士に依頼することは大きな安心につながるでしょう。また、税務調査が来ることになった場合に、税務署とのやり取りや申告内容の説明などのフォローも期待できます。

節税対策

納税者(特に利益が大きくなっている個人事業主など)は節税(税負担の軽減)を望んでいる方がほとんどです。どうしたら節税ができるのか、自分の行おうとしていることが税法上では問題がないかということは、ご自身ではなかなかわかりません。

こういった節税対策やアドバイスも税理士の専門分野となります。しかしながら、決算直前で行える節税対策は限られるため、利益がある程度出ている場合には、適正な節税アドバイスを受けたり、定期的に相談ができるように税理士と顧問契約を結んでおくことも有効な方法のひとつです。

自分に合う税理士がわからない!

そんな方は無料紹介サービスへ!
税理士選び〜契約までをサポート

通話料無料 0120537024

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 秘密厳守

お問い合わせする

確定申告に関する税務相談

海外法人に対する役務の提供の場合の消費税確定申告記載方法

こんにちは。 海外法人(日本に支店なし)に対するコンサルティング業を行っている個人です。 海外法人(日本に支店なし)のコンサルティングの場合には、 輸出取引...

税理士回答数 :  1 2017年03月01日 投稿

マイナンバーを持たない非居住者の日本国内不動産所得について

海外赴任のため、非居住者となりマイナンバーをもっていません。 日本国内には不動産所得があり毎年青色申告で行っていました。 今年から確定申告にマイナンバーの記載が...

税理士回答数 :  1 2017年03月01日 投稿

所得税の延納について

今期不動産所得が大きく利益が出てしまいました。 しかし必要な諸経費や、家の物入りで納税資金が厳しく 延納をしたいと考えています。 延納をするには最初に半額を納...

税理士回答数 :  1 2017年03月01日 投稿

特定口座の確定申告について

特定口座の源泉徴収ありを複数証券会社にて作っていますが 一部書類がないところがありまして、一部の口座だけ申告して 紛失したところは申告しないという形でも問題ない...

税理士回答数 :  1 2017年03月01日 投稿

控除申請書について

アルバイトを掛け持ちしている場合の控除申請書の甲乙は、必ず多い方が甲でなくてはいけないのですか?数日前にどちらのバイト先で確認したら甲乙が逆になっていました

税理士回答数 :  1 2017年03月01日 投稿

確定申告の税務相談をもっと見る

確定申告の税理士費用の相場・丸投げの関連カテゴリ

税理士の無料紹介

税理士選び〜契約までサポート

  • 24時間
  • 年中無休
  • 秘密厳守
  • 全国対応

通話無料 0120537024

税理士紹介サービスの詳細はこちら

登録税理士数
2,150
相談件数
23,286

「税理士ドットコム」を騙る業者にご注意ください!

税理士ドットコム トピックス

  • 新着記事
  • ランキング

「税理士に頼むべき?」という質問でも構いません

お客さまのケースに合わせて、最適な税理士をピックアップ

税理士無料紹介の24時間受付相談窓口

通話料無料 0120537024