記帳代行の報酬相場やメリット - 税理士の無料紹介・相談 - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

通話無料 0120537024

  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 記帳代行
記帳代行

記帳代行の費用相場や利用するメリットとは?

記帳代行とは、帳簿作成業務を外部の業者や税理士が代行するサービスをいいます。事業を行なっていると領収書の整理や会計ソフトへの仕訳を打ち込むといった単純作業が日々発生しますが、こうした作業を自社内で行うのが難しい場合、記帳代行サービスの利用は有効な手段です。

  • 記帳代行を頼むべき人とは?依頼するメリットは?
  • 記帳代行の費用相場は?
  • 税理士に頼むべき?それとも代行業者に頼むべき?
  • 記帳代行を依頼するときに注意すべき点は?

このページでは、上記のようなお悩みをお持ちの方に、記帳代行のメリット、費用の相場、そして記帳代行業者と税理士のサービスの違いを解説いたします。

目次

記帳の重要性

記帳は決算申告の礎となる帳簿作成の上で必要な作業です。しかし、決算期が迫り、慌てて作業を行うと取引の計上漏れや誤りが生じやすくなるでしょう。そうすると税務調査が入った際に、申告ミスを理由に追加で税金が課されることもあります。加えて、記帳をこまめに行なっていれば経営の状況を随時数値として見ることができるため、今後の経営方針や施策を考える上でも重要な判断材料となります。

こんな場合は記帳代行の依頼を検討しよう

記帳の重要性を理解はしていても、実際のところ記帳が追いついていない方も多いのではないでしょうか?以下のような悩みを抱えている方は、記帳代行を検討してみてもいいかもしれません。

  • 記帳業務をする時間がない
  • 記帳業務をするため、肝心な主要業務が煩わされている
  • 経理担当者が辞職した際に、経理をできるものがいなくなってしまう
  • 人件費を減らしたい
  • 簿記に関する知識が不安なので、専門家に任せたい

記帳代行を依頼する5つのメリット

それでは、記帳代行を依頼する5つのメリットについて解説いたします。

本業に専念することができる

記帳作業は単調な割に知識と時間が必要な作業です。今まで記帳に割いていた時間を本業に回すことができるようになり、売上のアップが見込めます。

手続きが簡単

領収書や通帳のコピー、請求書、入金記録などを代行者に送るだけで資料作成を行なってもらえます。記帳代行サービスの利用における手続きの際に、煩雑な作業を必要としません。

記帳以外の効果も見込める

税理士や代行業者によっては、単なる記帳代行に限らず、派生して財務コンサルティングを行なってくれるところもあります。現在の会社の財務状況から事業計画や財務戦略の作成、経営・財務体質の改善の提案など様々なサービスを展開しているところも多いです。

コストカットを実現できる

外部に安価で記帳代行を依頼することで、今までバックオフィスにかけていた人件費の一部をカットすることが可能です。

簡単に依頼先の変更ができる

対応が悪い、連絡が遅いといった理由で依頼先を変更したい場合、それほど手間なく依頼先を変更することができます。記帳は原則1ヶ月単位で行うものなので、途中で契約を終了して依頼し直すことは難しいことではありません。

ただし、契約内容によっては、最低契約期間などが定められている場合もあるのでご注意ください。

記帳代行の費用相場

記帳代行の料金は仕訳数(領収書や伝票の枚数)によって増減をすることが一般的といえます。

税理士事務所での記帳代行の料金設定は、月額基本料を設定し、ある一定の仕訳数を超えたときに段階的に料金が増えていく場合と、1仕訳あたりいくらという料金設定で正確な仕訳数をもとに算出する場合の2パターンが代表的です。

また、税理士に領収書を渡す際にどの程度までまとめておくかということも料金に左右する場合があります。日付や用途がバラバラの領収書を輪ゴムで括っただけだったり、封筒にまとめて入れた状態で税理士事務所に渡す場合は、まずその領収書の整理から作業を行う必要があるため、税理士事務所の作業時間が大幅にかかり料金が高くなることがあります。

一方で領収書を日付や用途別に紙に貼り付けて渡すことで税理士事務所側での整理にかかる作業時間を短縮することができるため料金が安くなることがあります。

月額基本料金+従量の場合の記帳代行の料金相場

月間の仕訳数 月額料金
100仕訳以内 1万円
101~200仕訳 1万5000円
201~300仕訳 2万円
301~400仕訳 2万5000円
401仕訳以上 3万円~

従量のみの場合の記帳代行の料金相場

1仕訳あたり50~100円

あくまで相場なのでお客様の業種や状況、ニーズによって料金は変動します。「このくらいの料金にしてほしい」という希望があればその旨を税理士に伝え、その料金で提供できるサービスを提案してもらうという方法もあります。「まずは自社の場合の料金を知りたい」というご質問でもかまいませんので気軽に相談してみましょう。

記帳代行業者に依頼を行う場合、一般的に税理士に依頼を行うより、安価な場合が多いです。ただし、税理士事務所、業者によって値段は異なります。税理士でも業者と同じくらいの金額で行なってくれるところもあります。

税理士と記帳代行業者のそれぞれのメリット

記帳の代行は、税理士資格を有していなくても行うことができます。例えば、行政書士の業務として会計記帳の業務があります。無資格でも記帳代行を行えます。

では、記帳代行業者に依頼をしたほうがいいのか。それとも税理士に依頼をしたほうがいいのか。両者のメリットについてそれぞれ見ていきましょう。

税理士に依頼するメリット

決算申告や節税まで一貫して依頼することもできる

決算申告は税理士法によって、納税者本人か税理士しかできないと定められています。この点、記帳代行と決算申告とをセットで行なってくれる税理士がほとんどですので新たに決算報告をしてくれる税理士を探すという手間が省けます。

また、記帳代行と決算申告は密接な関係にあるため、一貫して業務を行うことで講じられる節税対策も多くなる税理士への依頼は十分にメリットといえます。

記帳代行業者に依頼するメリット

相場が安い

税理士と比べて、記帳代行業者の方が相場が安いケースがあります。記帳代行を単体で頼みたいという場合は料金の面だけで見ると、業者に頼んだ方がお得かもしれません。

ただし、後述する違法業者には注意しましょう。

記帳代行を依頼するときの注意点

違法業者に注意!

決算申告を行うことができるのは、「納税者本人」か「税理士」のみと法律で定められています。

業者の中には「決算申告も代行」を謳い文句にしている場合があります。

この点、税理士資格を持った業者であれば、何も問題はありませんが、税理士資格を持っていない業者が税務申告書類を作成した場合、法律違反になります。

また依頼者本人の署名捺印があったとしても税理士資格のないものが作成した書類での申告は違法です。

また、税理士の署名捺印があったとしても実情がただの名義貸しで、書類作成者が税理士資格のない業者の場合、これも違法行為になりますので、ご注意ください。

価格設定に注意!

例えば「月額3,980円〜」と表示されている場合に、本当に3,980円を支払えばサービスが受けられるかといえばそうではありません。前述の通り、仕訳数やオプションの付与により値段は変動するので料金設定の条件の確認が必要です。自社の希望を伝えて依頼先に一度見積もりを出してもらうようにしましょう。

契約内容に注意!

「記帳代行業者に依頼するメリット」でも述べましたが、税理士や業者によっては契約期間が定められていることがあり、途中で解約できない場合があります。また、税理士は法律で守秘義務が定められているのに対して、業者は義務が法律上明記されていません。

記帳代行によって預ける資料のほとんが機密事項にあたりますので、契約時に秘密保持義務を明記することをオススメします。他にも、業者が預かっていた領収書を紛失するといったトラブルがあった際の対処法を事前に確認しておくことも大切です。

記帳代行のメリット、料金相場、そして業者と税理士への依頼での違いをご解説いたしました。記帳は税務申告にも繋がるとても大事な作業です。円滑な経営を行うためにも有効な手段です。記帳代行の依頼を行うかどうか判断に迷うときは、一度専門家に相談してみると良いでしょう。

自分に合う税理士がわからない!

そんな方は無料紹介サービスへ!
税理士選び〜契約までをサポート

通話料無料 0120537024

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 秘密厳守

お問い合わせする

経理・決算に関する税務相談

  • 休眠と決算

    私は法人の1人代表ですが、29年度の法人活動がゼロのため休眠手続きと決算を行いたいと考えております。 簡潔に済ませたいのですが、手続きは何が必要となりますでしょ...
    税理士回答数:  2
    2018年05月22日 投稿
  • クレジット ポイントによる値引

    仕入時にクレジットカードを利用しており、今回そのポイントを利用し値引きが入りました。 値引きの額が高額なため、複数の仕入れした分が全額値引きになっている状態です...
    税理士回答数:  2
    2018年05月22日 投稿
  • 従業員の保険について

    よろしくお願いいたします。個人事業主で従業員は二人で社会保険には入らず建設労働保険に入ってます。 この度新しい従業員が入るのですが、半額ぐらい負担してあげたいの...
    税理士回答数:  2
    2018年05月22日 投稿
  • 業務委託契約で採用教育費の適用の可否と経理上の処理方法

    中小零細企業で働いております。経理に不慣れなめご意見をお聞きしたいのですが、 ①当社の渉外活動等をしてもらうために個人と業務委託契約を結び、その個人に教育を施す...
    税理士回答数:  8
    2018年05月22日 投稿
  • 青色申告 人を雇う場合

    現在青色申告65万円控除の 申請をしていて人を雇う場合 途中から雇って給与を 経費にすることはできますでしょうか? 職種は漁業で月七万円ほどの 給与を考えていま...
    税理士回答数:  2
    2018年05月21日 投稿
経理・決算の税務相談をもっと見る

記帳代行の関連カテゴリ

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

通話無料 0120537024

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付

税理士紹介サービスの詳細を見る

登録税理士数
2,515
相談件数
40,369

「税理士ドットコム」を騙る業者にご注意ください!

税理士報酬払いすぎていませんか?

71.4%報酬引き下げ成功 税理士ドットコムの紹介実績 ( 2014年11月〜2015年10月実績 )

税理士報酬の見直し以外にも様々なニーズにお答えできます。

  • 税理士を変更したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
  • 初めての税理士を探したい

コーディネーターがお電話でもご相談承ります!

税理士選び〜契約までをサポート

通話料無料
0120537024
  • 24時間
  • 年中無休
  • 秘密厳守
  • 全国対応