経理・決算に強い税理士の無料紹介・相談 - 税理士ドットコム

税理士を無料紹介!

  • 24時間
  • 年中無休
  • 秘密厳守
  • 全国対応

通話無料 0120537024

  1. 経理・決算
経理や決算は、法人や個人が事業活動を行っていくうえで欠かせない業務です。日々の経理業務をしっかりと行うことが、きちんと決算を行うことにつながります。

また、経理や決算を行うことで、経営や財産状況を明らかにすることができ、事業のさらなる成長にもつながるでしょう。さらに、節税を行うためには、経理や会計業務が普段からしっかりと行われていることが前提にもなります。

このページでは、経理や決算とはどういうもので、具体的にどのような業務なのかという基礎知識から、減価償却・勘定科目・給与計算・貸倒引当金などの経理や決算に関するよくあるお悩みや、さらには、経理業務の効率化をするにはどうすればよいのかなど、役立つコンテンツをご用意しています。

経理や決算についてのお悩みや疑問がある方は、ご自身の状況にあったコンテンツをご覧頂き、必要な知識や対策を学びましょう。

経理・決算の業務に最適な税理士をご紹介します

通話無料 0120537024
  • 24時間
  • 年中無休
  • 秘密厳守
  • 全国対応

 

よくある経理のお悩み

よくある経理のお悩み

減価償却や年末調整などをどうやるのかという実務的なものから、記帳や給与計算のアウトソーシングなどで経理業務を効率化したいというものまで経理に関するお悩みは様々でしょう。基礎知識を理解して最適な解決方法をご検討ください。

よくある決算のお悩み

よくある決算のお悩み

決算申告書とはどのようなものかという基礎知識から税理士に依頼するときのポイントやその費用相場までをご説明いたします。決算についての理解を深めて、最適な経営や納税につなげましょう。

経理とは

経理とは、会社や事業者の会計や給与などのお金に関わる業務を意味します。経理担当者はお金に関わる業務を幅広く担当し、具体的には、現金や預金の管理から帳簿作成、決算業務などを行い、その業務を行うために簿記の知識が必要になることもあります。

また、収める時期毎に必要な税金を支払う税務申告業務、債権などの資産管理、資金繰りや資産運用なども経理業務に含まれ、多岐にわたります。

経理の重要性

経理は事業での利益や財産状況を管理し、また、経理業務を通じて、企業の利益や経営状態を明らかにするため、経営に関わるとても重要な役割を担っています。事業の成長を目指す上で適正な経理処理を行うことは必須と言えます。

このため、中規模以上の企業では数名~数十名の経理担当者を必要とします。個人事業主や設立間もない会社では、取引の数や管理する資産もまだ多くないため、事業主や社長が自ら経理業務を行うこともできるでしょう。

最適な経理を行うメリット

会社や事業が大きくなるのに合わせて経理業務の重要性は増していきます。財務状況を正しく把握することで資金繰りや新たな設備投資などの性格な経営判断につながります。また、お金や商品の管理が不十分だと、魔が差した従業員の不正にもつながりかねません。

会社や事業の規模に合わせて、最適な経理業務の体制を整えることも経営者の重要な役割のひとつといえます。

決算とは

決算とは、会社や事業者の一定期間における収入や支出を計算して、利益や損益を明らかにすることを意味します。具体的には、経理業務を通じて、損益計算書と貸借対照表などの財務諸表を作成します。納税をするために1年に1回決算を行い、決算申告をすることが一般的ですが、より短い期間で企業の状況を理解するために月次決算、日次決算を行うケースもあります。

それぞれの企業で決算を行う適した期間はありますが、経理業務を日々行うことがきちんとした決算につながるため、経理業務を怠らないことが重要です。

決算の重要性

決算を行うことで、損益を計算し事業年度における税金を計算するという目的もありますが、その他にも重要な役割があります。未回収の売掛金が明らかにされたり、また、複数の事業や営業所がある場合には、それぞれの損益を把握することになり、最適化をすることで会社全体の成長につなげることにもなるでしょう。

経理と会計の違い

取り扱う資料や大きく分類した組織内での役割は似ているものの、「会計」と「経理」は言い表す範囲が少し異なり、「会計」の方が広義な意味でお金を管理することを意味します。

会計とは

お金の出入りを帳簿などに記録・計算・管理することを会計と言います。会計には簿記の知識が用いられ、経営主体の経営活動を、決められたルールに沿って会計帳簿に記録・計算していく手続きを行います。財務諸表はこの会計帳簿に基づいて作成されます。

会計は以下の3パターンに分類することができます。

1.企業会計と官庁会計

企業が活動内容や事業の成果を報告する手段としての会計である企業会計(私会計)、国及び公共団体で行われる会計を指す官庁会計(公会計)に分類する方法。

2. 財務会計と管理会計

財務諸表等を用いて企業の財務状況を明らかにする財務会計と、企業経営者が企業自身の財務状態を把握し、経営の意思決定に役立てるための資料提供を目的とする管理会計に分類する方法。

3.制度会計と非制度会計

法によって規制を受ける制度会計と自発的な意思のみから公開される非制度会計に分類する方法。

経理業務を効率化する方法

経理業務を効率化には、一部の業務をアウトソーシングする以外にも、様々な方法があります。帳簿を手作業で作成しているならば会計ソフトを導入することや、預金口座が複数あるならばそれをまとめたり、固定資産が多ければリースを活用したりすることが挙げられます。

いずれにしても経理や会計と税務は切っても切れない関係のため、その専門家である税理士の知恵を借りることはとても有効です。経理や会計の業務についてのお悩みがある場合には、税理士の無料相談などを活用すると良いでしょう。

自分に合う税理士がわからない!

そんな方は無料紹介サービスへ!
税理士選び〜契約までをサポート

通話料無料 0120537024

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 秘密厳守

お問い合わせする

経理・決算に関する税務相談

免税事業者か課税事業者か

新設法人(資本金900万円)で、設立から6ヶ月の売上(もしくは給与支払額)が1000万円未満であれば設立1期目は免税事業者との理解で正しいでしょうか?不正会計無...

税理士回答数 :  1 2017年08月19日 投稿

株式会社です。申告期限に間に合わないと赤字の繰越控除を受けられなくなりますか?

弊社の決算月は6月で、税理士によると税務署への申告期限は決算付きの2ヶ月後だと教わりました。したがって、申告期限は8月末日です。 ところが、弊社のやむを得ない...

税理士回答数 :  2 2017年08月19日 投稿

仮払金について

前期で車を購入した時に、頭金の現金1万円を払った仕訳を仮払金にしそのまま確定申告してしまい、今も仮払金として残ってしまってます。 どのように処理したらよろしいで...

税理士回答数 :  1 2017年08月18日 投稿

領収書の日付について

営業側より日付のない領収書が提出されました。 日付のない領収書(別途精算書を提出してもらっているので日付自体は把握している)に経理側で日付を入れることは筆跡等で...

税理士回答数 :  1 2017年08月18日 投稿

個人契約の住居兼事業所で法人を運営する場合の経費処理について

現在、個人事業主としてコンサルタントをやっています。「住居兼事業所」の賃貸契約で事務所(自宅は別にある)を借りています。 近々、新たに法人を設立し、この「住居兼...

税理士回答数 :  3 2017年08月17日 投稿

経理・決算の中から絞り込んで解決策を探す

税理士の無料紹介

税理士選び〜契約までサポート

  • 24時間
  • 年中無休
  • 秘密厳守
  • 全国対応

通話無料 0120537024

税理士紹介サービスの詳細はこちら

登録税理士数
2,252
相談件数
26,748

「税理士ドットコム」を騙る業者にご注意ください!

税理士ドットコム ハウツー

税理士報酬払いすぎていませんか?

71.4%報酬引き下げ成功 税理士ドットコムの紹介実績 ( 2014年11月〜2015年10月実績 )

税理士報酬の見直し以外にも様々なニーズにお答えできます。

  • 税理士を変更したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
  • 初めての税理士を探したい

コーディネーターがお電話でもご相談承ります!

税理士選び〜契約までをサポート

通話料無料
0120537024
  • 24時間
  • 年中無休
  • 秘密厳守
  • 全国対応