資金調達に強い税理士の選び方 - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

通話無料 0120537024

  1. 資金調達に強い税理士の選び方
資金調達に強い税理士の選び方

資金調達に強い税理士の選び方

起業を考えていたり、会社設立から間もない経営者で、資金調達について頭を悩ます方は多いのではないでしょうか。資金調達には融資・借入・補助金・助成金などがあり、その中から最適な資金調達方法を選択することが重要です。また、資金調達を行う際には、決算書や事業計画など必要な書類を用意し、審査をクリアする必要もあります。

税理士など資金調達に詳しい専門家であれば、書類作成のアドバイスや金融機関との面談への同行などの業務を依頼することができます。

  • 資金調達に強い税理士の条件は?
  • 資金調達に強い税理士はどうやって探すの?
  • 資金調達に強い税理士はどんなことをしてくれるの?

このページでは、このような悩みを持つ方向けに、資金調達に強い税理士の見分け方やサポート内容をご紹介します。

目次

資金調達に強い税理士とは

資金調達の実績や経験が豊富

資金調達を積極的に扱っているかどうか、また、実際に資金調達に携わった経験や資金調達に成功した実績が豊富な税理士かどうかが一番重要といえます。

日本政策金融公庫や銀行など、金融機関からの融資、助成金・補助金の受給のサポートについて、どのくらい受給申請が通過し、調達できたのかを具体的に確認するとよいでしょう。経験や実績が豊富なほど、当然に資金調達に関する知識やノウハウも豊富です。

資金調達を申請する際、決算書や事業計画といった書類を作成します。事業状況や返済計画のポイントを抑えて作成することが求められるため、税理士によるサポートの有無によって、資金調達できるかどうかの結果も異なってきます。

また、資金調達の経験が豊富な税理士であれば、事業計画などから今後利用できる可能性がある助成金やその他の資金調達についてのアドバイスも見込めるため、将来に渡って資金繰りの強い味方になってくれるでしょう。

資金調達先での勤務経験がある

資金調達に強い税理士の中には、銀行などの金融機関での勤務経験がある税理士もいます。資金調達を引き受ける側の実際の業務内容や審査方法を知っていることは資金調達をサポートする際、他の税理士にはない強みとなるでしょう。

もちろん、資金調達の経験が豊富な税理士であれば、勤務経験が無くても劣らない知識やノウハウを持っているでしょうから、必ずしも必要ではないですが、判断材料のひとつといえます。

「経営革新等支援機関」として認定されている税理士

中小企業に対して専門性の高い支援を行うことを目的に、中小企業庁が「経営革新等支援機関」として認定している税理士もいます。

経営革新等支援機関は、税務・金融・企業財務に関する専門的知識や支援に係る実務経験が一定レベル以上である税理士が認定されます。認定されるには、資金調達に関わる知識や経験も問われます。また、認定を維持するために継続的に学習を続ける必要があるため、資金調達の支援も含めて質の高い経営サポートが期待できます。

また、税理士が経営革新等支援機関として認められていると、金利が優遇されることがあります。中小企業が銀行から資金を借りる場合の相場は0.9〜3.5%だといわれている中、優遇を受けたことで金利が2.5%から0.95%へと減り、負担が軽くなったという企業もあります。

以上の理由から、「経営革新等支援機関」として中小企業庁から認定されている税理士であることも、資金調達に強い税理士かどうかの判断材料ひとつになります。

資金調達で税理士が行う主なサポート内容

必要書類の作成や添削

資金調達する際の審査は、多くの場合、書類での審査が主となります。資金調達の手段によって異なりますが、申込書など所定されたフォーマットの書類に加えて、決算書事業計画書が必要となります。

決算書は企業の財務状況を表すため、書類内容は資金調達を受けられるかを大きく左右します。決算書やその他の会計書類の作成には、記帳などの会計処理なども欠かせません。

事業計画書などはその他の専門家でも対応できますが、決算書の作成は税理士以外の専門家が作成することはできません。そのため、決算書の作成や記帳などを自身で行うことが難しい場合、プロである税理士は心強い味方となってくれるでしょう。

金融機関などとの交渉のサポート

税理士は通常業務の中で、日本政策金融公庫や地方銀行などの金融機関ともやりとりすることが多いため、担当者との面談の同行などを通じて、資金調達に必要な交渉のフォローも行ってくれます。

資金調達に強い税理士を探す方法

希望に沿った税理士見つけるには、「知人の紹介」「Web検索」「新聞・雑誌・電話帳等の媒体」「税理士会への問合せ」などの様々な方法があります。まずは自身が対応しやすい方法を用いて、複数の税理士に実際に会ってみるとよいでしょう。

実際に会った際には、上記でご紹介した資金調達に強い税理士かどうか、資金調達の経験や実績などを確認して見極めましょう。

また、ご自身で探す時間や負担を軽減したい場合は、ぜひとも税理士ドットコムの「税理士紹介サービス(無料)」をご利用ください。プロのコーディネーターが、ご希望に沿った資金調達に強い税理士を厳選してご紹介します。過去の紹介実績やご相談者様の評判なども踏まえて、ご希望に沿った税理士を厳選してご紹介いたします。

自分に合う税理士がわからない!

そんな方は無料紹介サービスへ!
税理士選び〜契約までをサポート

通話料無料 0120537024

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 秘密厳守

お問い合わせする

資金調達に関する税務相談

個人事業主が個人から支援金を受ける場合についてアドバイスお願いします。

夫は個人事業主ですが、現在資金繰りが厳しい状況です。 長年お付き合いいただいている個人のお客様にそのことを相談したところ、支援をしたいと申し出を受けました。 そ...

税理士回答数 :  1 2018年01月14日 投稿

軽減税率対策補助金について

個人事業主としてガラス工房を体験等を含む教室として営んでおります。 免税業者になります。 現在、タブレット型POSレジの導入を考えており、その際表題の件を目にし...

税理士回答数 :  1 2018年01月10日 投稿

債務放棄通知書って有りますか?

債権放棄通知書があるのは知っていますが、債務放棄通知書ってありますか?あるとすればそれらの違いとは何ですか?

税理士回答数 :  2 2017年12月03日 投稿

副業について

会社勤めのOLです。 一人暮らしを初め今のお給料では厳しく 今月からギャラ飲みを初めました。 ギャラ飲みとはとは携帯で登録すると メールで飲み会の案件送られきて...

税理士回答数 :  1 2017年11月20日 投稿

子会社に貸し付ける際の利息について

親会社から子会社に貸付を行おうと思っています。 理由は設備投資に必要な資金を手当てするためです。 子会社であっても原則利息を支払わないといけないという理解なので...

税理士回答数 :  2 2017年09月15日 投稿

資金調達の税務相談をもっと見る

資金調達に強い税理士の選び方の関連カテゴリ

よくある相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

通話無料 0120537024

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付

税理士紹介サービスの詳細を見る

登録税理士数
2,387
相談件数
32,759

「税理士ドットコム」を騙る業者にご注意ください!

税理士ドットコム ハウツー

  • 新着記事
  • ランキング

税理士報酬払いすぎていませんか?

71.4%報酬引き下げ成功 税理士ドットコムの紹介実績 ( 2014年11月〜2015年10月実績 )

税理士報酬の見直し以外にも様々なニーズにお答えできます。

  • 税理士を変更したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
  • 初めての税理士を探したい

コーディネーターがお電話でもご相談承ります!

税理士選び〜契約までをサポート

通話料無料
0120537024
  • 24時間
  • 年中無休
  • 秘密厳守
  • 全国対応