制度融資とは?仕組み・手続きの流れ・制度融資案内ページまとめ - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

05075863695

  1. 税理士ドットコム
  2. 資金調達
  3. 資金調達のハウツー
  4. 制度融資とは?仕組み・手続きの流れ・制度融資案内ページまとめ

制度融資とは?仕組み・手続きの流れ・制度融資案内ページまとめ

制度融資の仕組み

制度融資とは、中小企業の資金調達などを支援するために、各地方自治体が信用保証協会、金融機関と連携して設けている制度です。

まず、企業から融資の申し込みを受けた地方自治体が、金融機関に対して制度融資のあっせんを行います。そこで信用保証協会が融資の保証人となり、さらに、地方自治体が預託金を金融機関に提供したり、保証料や金利の一部を負担したりします。

このような仕組みにより、金融機関が貸し倒れるリスクを減らすことで、起業したばかりの会社でも融資が受けやすくなっています。

制度融資の仕組み

信用保証協会とは

信用保証協会とは、保証協会法に基づき設置される、中小企業・小規模事業者の金融の円滑化を目的とした公的機関です。協会が設けている信用保証制度を通じて、事業者の資金調達をサポートしています。

制度融資のメリット

制度融資を利用するメリットとして、以下が挙げられます。

起業まもない事業者でも融資を受けやすい

起業まもない事業者にとっては、銀行融資の審査ハードルが高く、融資を受けるのが難しいケースが多くあります。

制度融資の場合は、先述のとおり、中小企業の支援を目的としており、返済が滞っても信用保証協会が立て替え返済を行うため、金融機関としては融資を実行するリスクが少なくすむということから、審査基準が比較的低く設定されている傾向にあります。

金利が低い

おおむね1.0~2.0%前後で設定されており、銀行からのプロパー融資やノンバンク系のビジネスローンと比較すると、制度融資の方が圧倒的に低金利となっています。

据置期間が長い

据置期間とは、元本を返済せずに金利だけを支払う期間です。

制度融資の場合、この据置期間が1年前後で設定されていることが多く、余裕を持った返済計画をたてることが可能です。

利子補給や保証料補助がある

自治体にもよっては、信用保証協会の保証料や金融機関の利息の一部を補助する制度が用意されていることがあります。

中小企業が活気づくことは地方自治体の街づくりや雇用、財政にとっても重要なことです。資金面の補助だけではなく、経営アドバイスや方針の相談など経営者の支えとなってくれる場合もあります。

制度融資のデメリット

一方、以下のようなデメリットもあります。

融資実行までに手間と時間がかかる

詳細は後述しますが、融資を受けるためには金融機関での手続きだけでなく、地方自治体の承諾や信用保証協会の審査などを経る必要があります。

それに付随する必要書類の種類が多いため、手間がかかるだけでなくプロセス自体も長くなり、相談開始から融資実行まで、2〜3か月程度かかるのが一般的です。資金繰りを考えると融資スピードの遅さは大きなデメリットになります。

自己資金要件の基準が比較的厳しい

融資メニューによっては、融資可能金額が自己資金額によって決められることがあります。自己資金が少ないと借入可能金額も少なくなり、希望通りの資金が調達できない可能性もあります。

制度融資の手続きの流れ

制度融資の流れ

まずは利用する制度融資の制度と、申込みをする金融機関を決めます。制度融資は、中小企業者であることを前提に、都道府県・市区町村で利用資格が細かく設定されています。

本ページ下部に各地方自治体の制度融資の紹介ページへのリンクをまとめたので参考にしてください。

地方自治体の窓口で申請

該当する地方自治体の窓口に行き、制度融資を利用したい旨を相談しましょう。自治体によっては、中小企業診断士による面談や創業計画書の指導が行われ、審査をクリアすると、地方自治体が紹介状発行やあっせん手配を行います。

金融機関へ融資の申し込み・必要書類の提出

該当する金融機関に対して、必要書類を揃え、融資の申し込みを行います。必要書類としては上記紹介状(あっせん状)に加えて、主に事業計画書・登記事項証明書・印鑑証明書・所定の申込書などを提出します。

信用保証協会へ保証の申し込み

金融機関に融資の申し込みをすると、信用保証協会への保証申し込みについて案内されるので、それに従って手続きを行いましょう。

信用保証協会の審査・面談の実施

信用保証協会で、提出された書類をもとに審査が行われます。面談や事業所訪問が行われたり、追加の資料提出を求められることがあります。

金融機関の最終審査

信用保証協会での審査をクリアすると、最後に金融機関によって審査が行われます。

融資の実行

金融機関の審査もクリアすれば融資が実行され、指定した口座に融資額が振り込まれます。3つの機関を対象に手続きを行うため、2〜3か月前後かかることをあらかじめ留意しておく必要があります。

制度融資の代表的な融資メニュー

制度融資の代表的な融資メニューの例として、東京都の「創業融資制度」と、大阪府の「開業サポート資金(開業資金)」があります。

東京都の「創業融資制度」

融資対象1か月以内に個人、または2か月以内に法人設立をして、 都内で新たに開業することを計画している人
融資限度額3500万円(ただし自己資金+2000万円が上限)
資金使途運転資金・設備資金
返済方法運転資金は7年以内、設備資金は10年以内の分割返済
融資利率
(融資期間7年超10年未満で固定金利の場合)
責任共有制度(信用保証協会が8割保証する契約)の対象となる場合:年2.5%以内
責任共有制度の対象外(信用保証協会が10割保証する契約)の場合:年2.0%以内
保証利率保証協会による
担保原則として不要
保証人原則として、個人は不要・法人は代表者が連帯保証人

日本政策金融公庫の「新創業融資制度」との比較

制度融資が設けている上記のような「創業融資」とよく比較されるものとして、日本政策金融公庫の「新創業融資制度」があります。日本政策金融公庫とは、国が100%出資する政府系金融機関です。

制度融資の場合、法人代表者が連帯保証人となりますが、新創業融資の場合は無保証・無担保など様々な優遇措置があります。

また、制度融資は中小企業でも融資を受けやすい傾向があるとはいえ、審査に通る保証があるわけではありません。一方で新創業融資の場合は、提携している税理士を経由して審査担当者を指定することで、対策できる可能性があります。

よって創業時の資金調達としては「新創業融資」でも借り入れも検討するとよいでしょう。

大阪府の「開業サポート資金(開業資金)」

融資対象事業を開始する、または、事業開始後5年未満の人
融資限度額3500万円(ただし事業開始時期と自己資金額に応じて変動)
資金使途運転資金・設備資金
返済方法7年以内の分割返済
融資利率年1.4%
保証利率年1.0%
担保原則として不要
保証人原則として、個人は不要・法人は代表者が連帯保証人

各自治体の制度融資ページ一覧

北海道・東北

北海道青森秋田岩手宮城山形福島

関東

東京神奈川千葉埼玉茨城栃木群馬

甲信越・北陸

新潟山梨長野富山石川福井

東海

愛知岐阜静岡三重

近畿

大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山

中国・四国

島根鳥取岡山広島山口徳島香川愛媛高知

九州・沖縄

福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

政令指定都市

大阪市名古屋市京都市横浜市神戸市北九州市札幌市川崎市福岡市広島市仙台市千葉市さいたま市静岡市堺市新潟市浜松市岡山市相模原市熊本市

おわりに

制度融資は低金利・長期間利用可能といった中小企業にとってのメリットが多い反面、条件・金額などの制限もあります。資金の使途や企業フェーズに合う融資メニューを正しく判断し、有効に活用できるかどうかがポイントとなります。

また、自治体の最新情報を確認する必要があり、申し込みに必要な書類も多く準備が煩雑になりがちです。

その融資制度が適切なのか、また、審査に不安があるといった場合には、起業支援や資金調達に強い税理士などの専門家に一度相談してみましょう。

資金調達に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

資金調達に関する税務相談Q&Aをみる

  • 住宅ローンの継続不可

    2018年7月に勤務先の取引金融機関の信用金庫を窓口として住宅ローンを申し込み融資実行を得て無事に物件は購入できました。しかし、勤務先の状況が変わり先月(201...
    税理士回答数:  1
    2019年07月17日 投稿
  • 自己破産者の役員登記について

    私は以前、会社経営をしていましたが、破産し、 自己破産もしました。法人、個人共に既に免責、管財事件終了済です。 こういう私が、妻が代表の会社で役員登記した場合...
    税理士回答数:  2
    2019年07月16日 投稿
  • 資金調達について教えて下さい。

    自社は、代表取締役の個人の不動産を事務所兼倉庫として賃借し,本社としています。 代表者の個人の債務で、その不動産が競売となり、その後取り下げられましたが,今後、...
    税理士回答数:  2
    2019年07月16日 投稿
  • 資金調達について

    VCから資金調達を先週行ったのですが、VCからの質問にキチンとした回答ができなかったので会計に詳しい方、教えて頂けると幸いです。 ①NPV(正味現在価値)②IR...
    税理士回答数:  2
    2019年07月11日 投稿
  • 第3者割当増資について

    会社役員が第3者割当増資として自社の通帳に1,000,000円を振り込んだ際の仕訳方法は下記で問題ないでしょうか。 借方 普通預金 1,000,000/貸方 資...
    税理士回答数:  2
    2019年06月28日 投稿

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応