税務調査に強い税理士の選び方 - 税理士ドットコム

税理士を無料紹介!

  • 24時間
  • 年中無休
  • 秘密厳守
  • 全国対応

通話無料 0120537024

  1. 税務調査に強い税理士の選び方
税務調査に強い税理士の選び方

税務調査に強い税理士の選び方

「税務調査をすることになったが、今の税理士では対応に不安がある」「顧問税理士が税務調査で税務署の言いなりになっていたが他の税理士も同じなのか」「税務調査に強い税理士はどんな税理士か」このような疑問やお悩みを持つ方に、税務調査に強い税理士の選び方をご説明いたします。

顧客の立場で税務署とやり取りができる税理士

顧問税理士がいる場合は税務調査に税理士も立ち会うことになりますが、対応の仕方は税理士によって全く異なります。大きく分かれることとしては、税務署と顧客のどちらに寄った対応をするかということです。

本来は顧客の立場になって意見や理由を述べるべきなのに、税務職員の指摘に一切反論することなく受け入れる場合と、税務職員の指摘に対してきちんと理由を説明し、反論をする場合があります。

もちろん誤った内容を指摘されて反論をすることや、税理士が会社の状況全てを把握しておくことはできませんが、税理士自身が目を通して判を押した申告書に対して指摘を受けたとすれば、今後も信頼をして任せることは難しいでしょう。顧客の側に立ってきちんと意見を述べてくれることが税務調査に強い税理士の第一条件といえるでしょう。

税務署OBの税理士は税務調査に強いか?

税理士になるには、税理士試験に合格する以外にも、税務署で一定期間勤務することで税理士になる方法もあります。税務署での勤務経験から、税務署出身の税理士が税務調査に強いといわれることも多いようです。しかし一方で、税務署出身の税務署OB税理士はよくないという評判も一部にあるようです。

税務署OBの税理士は元々税務署で働いていたこともあり、税務署が企業に対してどのような対応をするのかがよく分かります。そのため、税務署の審査が入った場合にスムーズに行動できるような資料作りや事前準備を行うことができることがあります。

試験合格の税理士や試験免除の税理士は、ある程度経験を積んでからでないとスムーズに税務署の審査に慣れません。税務調査の観点から見れば、税務署OBの税理士は他よりも優れていると考えることができます。

税務署OBが敬遠されている理由

しかしながら、税務署OBと呼ばれる税理士は、税理士試験の勉強をせずに税理士として登録することが出来てしまいます。税理士試験はその税理士試験科目合格の難易度が非常に高く、毎年合格するパーセンテージが10%前後に調整されている試験です。

そんな非常に難易度の高い税理士試験を受験することなく税理士となることが出来るため、試験合格の税理士からしてみれば試験を受けていないと悪い捉え方をされてしまうようです。また、一定の年数税務署で働くことで登録が出来るため、税務署からの天下りと見られるのではないかという考え方もあるようです。

すべてが悪い税務署OB税理士ではない

税務署出身の税理士だからといってすべてが税務署OBであるわけではありません。実際に税理士試験を受験し、科目合格しつつ科目免除として税理士登録する税理士もいます。

また、税務署OBの方も試験合格をしてないからといって全く勉強をしていないわけではありません。中には試験合格者よりも実務において様々な経験を積みより深い知識を持っている税務署OBの税理士も居ます。

試験合格してから全く勉強をしなくなってしまう試験合格の税理士も一定数居るように、税務署OB税理士の中にも一定数勉強をしていない税理士がいます。すべての税務署OBが悪いと決め付けることはできません。

自分に合う税理士がわからない!

そんな方は無料紹介サービスへ!
税理士選び〜契約までをサポート

通話料無料 0120537024

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 秘密厳守

お問い合わせする

税務調査に関する税務相談

後輩に事業もしくは株式を無償で譲渡したいが、その場合の税金はどのようになるか?

調べてみると、事業や株式など価値のあるものを誰かに譲渡する場合、税金は時価を元に計算する原則があると書いてありました。 時価について、権利を譲渡したいと考えて...

税理士回答数 :  1 2017年09月16日 投稿

税務調査での不要な実地調査の拒否権について

現在、税務調査が入っており、既に2回、実地での調査が行われました。漏れのあった部分についての関連書類や資料も出せるものは全て提出しており、物品販売なども行ってお...

税理士回答数 :  1 2017年09月13日 投稿

商品券など金券の受領書は必要か

取引先にお中元やお歳暮として商品券を配った時に受領書は必須ですか? 場合によっては貰えないケースもあるのですがその場合はリストに残して保存する形で問題無いでしょ...

税理士回答数 :  1 2017年09月10日 投稿

売上に対する適正な交際費の割合

個人事業主として業務委託で契約した会社の商品を顧客に代行販売して業務委託手数料収入として年間1500〜2000万円売上げる予定です。 顧客別の売上に対して商品券...

税理士回答数 :  1 2017年09月08日 投稿

法人ビジネスカードを持っているのに個人カードを使用することについて

法人ビジネスカードについて 法人ビジネスカード持っていますが、法人カードを使用せず、 役員個人のクレジットカードばかり使用するのは税務調査上問題ありますか? ...

税理士回答数 :  1 2017年09月07日 投稿

税務調査の税務相談をもっと見る

税務調査に強い税理士の選び方の関連カテゴリ

よくある相談

税理士の無料紹介

税理士選び〜契約までサポート

  • 24時間
  • 年中無休
  • 秘密厳守
  • 全国対応

通話無料 0120537024

税理士紹介サービスの詳細はこちら

登録税理士数
2,264
相談件数
27,374

「税理士ドットコム」を騙る業者にご注意ください!

税理士ドットコム ハウツー

  • 新着記事
  • ランキング

税理士報酬払いすぎていませんか?

71.4%報酬引き下げ成功 税理士ドットコムの紹介実績 ( 2014年11月〜2015年10月実績 )

税理士報酬の見直し以外にも様々なニーズにお答えできます。

  • 税理士を変更したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
  • 初めての税理士を探したい

コーディネーターがお電話でもご相談承ります!

税理士選び〜契約までをサポート

通話料無料
0120537024
  • 24時間
  • 年中無休
  • 秘密厳守
  • 全国対応