融資に詳しい税理士の無料紹介・融資相談 - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

05075864283

  1. 税理士ドットコム
  2. 資金調達
  3. 融資
融資

融資の種類から必要書類まで、融資で資金調達するための基礎知識

融資とは、金融機関などから法人や個人が資金を調達することです。目的には、住宅購入や自動車購入など様々なものがありますが、このページでは、事業のための融資についてご説明いたします。

融資は無条件に資金をもらうわけでなく、審査を経て資金を借り入れます。そのため、審査では、しっかりと返済ができるかどうか事業計画書など様々な資料などをもとに、厳しく行われます。

融資を行う機関や融資の種類、必要な書類やポイントなど、融資で資金調達するための基礎知識を学びましょう。

融資を行う機関

事業を行う法人や個人向けの融資を行う金融機関には、銀行のほかにも、民間の金融機関である信用金庫・信用組合、政府系の金融機関である国民生活金融公庫・中小企業金融公庫があります。また、都道府県各など自治体も融資を行っています。

融資の種類

ひとことで融資といっても、資金使途や借入・返済方法によって、証書貸付・手形貸付・プロパー融資・ビジネスローン・信用保証協会付融資など、様々な形態や種類に分けられます。

融資の必要書類

受ける融資によって違いはありますが、用意する必要のある書類には、事業計画書・決算書・資金繰り表・試算表・返済計画表などがあります。

決算書で見られる勘定科目

決算書については、3期分が必要になることが多いようです。たとえば銀行で融資を受ける場合には、最初の受付段階で担当者が決算書をチェックし、そこで、決算書を預かってもらえるかが最初の関門になることがあるようです。このときには、売上・税引き後利益・借入金・固定資産・資本金の勘定科目を主にチェックし、「売上が足りなくて赤字が続いているにも関わらず解決策が見えない場合」「売上・利益に対する借入金額が大きく、返済に不安がある場合」にはその場で断られることもあります。そのため、普段から売上アップだけでなく、利益率アップ・借入圧縮を心がけておくと良いでしょう。

資金繰り表を提出すると好印象

資金繰り表とは、収入と支払いの状況をまとめた資料で、月単位でまとめたものが求められることが多いようです。この資金繰り表は必須でないことも多いのですが、提出することで、資金に対する意識が高くしっかり管理されている裏付けにもなるため印象が良くなります。

融資を成功させるための注意点

自己資本

融資を成功させるのに自己資本がどれくらいあるか、自己資本比率は重視されるポイントです。これから起業することを考えているときには、コツコツ働いて貯金をするなど、ある程度の自己資本ができてから事業を始めると良いでしょう。

資金使途

また、融資で必ず確認されるのが、借り入れたお金を何に使うのかという資金用途についてです。大きく分けて設備投資と運転資金に区分できます。運転資金という場合、実際には赤字の補填や他行の借入の返済資金などが含まれることも多く、悪いイメージを持たれる可能性もあるため、できる限り具体的に説明できるようにしておきましょう。

前向き資金のために融資を申し込みましょう

資金使途の内容を前向き資金と後向き資金に区別して呼ぶことがあります。売上の増加または生産性を向上させるために必要となる資金が「前向き資金」、売上の減少や不良債権の発生によって資金繰りのために必要になった資金が「後向き資金」です。この後向き資金を目的として融資の場合には、審査を通ることが難しくなります。

【記事協力者】神尾 えいじ 「資金繰り110番」代表取締役 株式会社インペリアル・サポート(http://www.sales-110.jp/)

税理士選びでお悩みの方へ

「どんな税理士がいいの?」「もっと親身な税理士に変更したい」など税理士選びでお困りの方は、税理士ドットコムの<税理士紹介サービス>までお問い合わせください。経験・実績豊富なコーディネーターがご要望に合う税理士をご提案します。

また、予算が気になる場合は<税理士の費用・料金相場>を参考に、おおよその料金を把握しておくとよいでしょう。

税理士ドットコムの「税理士紹介サービス」

ご希望のご予算に合わせた最適な税理士をコーディネーターが無料でご紹介します。
下記よりお気軽にご相談ください。

  1. 入力
  2. 確認
  3. 完了

下記のフォームに必要事項をご入力の上、送信してください。
後ほど担当者よりご連絡いたします。

このサイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信を使用しています。

利用規約プライバシーの考え方に同意の上、「同意して確認画面に進む」ボタンを押してください。

資金調達に関する税務相談

  • 金融機関が求めるもの

    中小企業です。現在のメインバンクは都市銀行ですが今度地銀にシフトすることを考えています。当然、核となる問題がありそれをクリアしなければならないのですが、それとは...
    税理士回答数:  1
    2021年09月14日 投稿
  • 施設入所費用の捻出について

    透析治療をしている父が、歩行困難になり、施設に8月から入所しています。認知症を発症している母親が一人になった頃から、認知の症状が強くなり同じ施設に入所が決まりま...
    税理士回答数:  1
    2021年09月05日 投稿
  • 専業主婦で資金調達をする方法について

    結婚後、今年の5月に会社を辞め、現在は専業主婦をしております。 在宅で何か始められたらと思い、海外輸入のネット販売におけるコンサルを受講し始めました。 まだ安...
    税理士回答数:  1
    2021年09月04日 投稿
  • 月次支援金の不給付について

    月次支援金が不給付になった場合 すべての支援金の返還が必要みたいに書かれてますが 一時支援金と月次支援金は分かりますが 持続化給付金の扱いはどうなるんでしょうか...
    税理士回答数:  1
    2021年08月31日 投稿
  • 確定申告と持続か給付金について

    2019年収入あり、 2020年、2021年収入なしの場合 今更になりますですが 2019年から2020年の分で持続化給付金の申請は出来るのでしょうか?? 2...
    税理士回答数:  1
    2021年08月28日 投稿
資金調達の税務相談をもっと見る

融資の中から絞り込んで解決策を探す

融資の関連カテゴリ