経理アウトソーシングの税理士費用相場・メリット - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

05075864173

  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 経理の税理士費用の相場
経理の税理士費用の相場

経理をアウトソーシングするメリットと税理士費用の相場

経理とは、会社の金銭の出納や財産に関する処理や管理のことで、簡単に言うと、会社の日々のお金の流れ(動き)を数値化し、管理・報告することをいいます。

会社を経営する中では非常に重要な役割ではありますが、会社の事情によっては経理の担当者を設けることができない場合もあります。

そのような場合、記帳代行や経理関連業を、税理士に依頼(アウトソース)しようと考える方もいるでしょう。

  • 経理をアウトソースするメリットは?
  • 税理士が代行できる業務の範囲って?
  • 経理をアウトソースしたときの報酬相場は?
  • 今契約している税理士の報酬が適正か知りたい

このような疑問を持つ方のために、経理を税理士に依頼するとどのようなメリットがあるのか、その場合の費用はどれくらいなのかについてご説明致します。

目次

税理士に依頼できる業務とは

税理士の役割(業務)は税理士法第二条に定義されており、次のような業務を行うことができます。

税務代理

税務代理とは、法人や個人の税金に関わる申告、申請、請求などの業務を本人に代わって行うことで、有名な業務は確定申告です。

その他に、青色申告の承認申請や税務調査の立ち合い、税務署の決定に対する不服申し立ても行うことができます。

税務書類の作成

税務書類の作成は、税務代理に関わる申告書などの書類作成のことです。

確定申告書の作成や相続税申告書の作成、その他に税務署に提出する書類作成業務などがあります。

税務相談

税務相談は、言葉の通り、税務に関わる相談のことです。

税理士として税理士業務を行うためには、その業務が有償・無償かを問わず、日本税理士会連合会の税理士名簿に登録を行わなければなりません(税理士法第十八条)。

なお、このような業務のみならず、「会計指導・記帳代行・起業支援・資金調達・税金対策(節税アドバイス)・給与計算・相続税申告・事業承継」など、経営にまつわるありとあらゆる内容についても対応することができます。

経理を税理士に依頼するメリット

次に、経理に関わる業務を税理士に依頼することのメリットについてご紹介いたします。

時間やコストの最適化

経理担当者の平均年収は300万円~500万円程度と言われており、1人採用するとなると年間数百万円の費用が発生します。

税理士に業務をアウトソースをすることで、新たな人材を採用する必要が無くなり、さらに採用活動、引き継ぎ業務などに時間を費やす必要も無くなります。

よって、経理担当者を採用するよりも手間をかけずコストも抑えられるということにつながります。

また、税理士に必要な業務だけを切り分けてアウトソースをすれば、効率よくコストをカットすることができます。

専門家のアドバイスが受けられる

具体的な経理の仕事とは、貸借対照表(B/S)や損益計算書(P/L)、キャッシュ・フロー計算書(C/S)など試算表や決算書などの書類の作成や、法人税などの税金の申告などまで行うこともあります。

経理担当者が退職などした場合は、急遽経理が未経験の人が経理をやるということになったり、経理担当者がいない。という場合もあるでしょう。

また、すでに経理担当者がいる場合でも、経理の業務についてアドバイスを受けたい。というケースもあるかと思います。

そんなとき税理士との契約があれば、困った時に電話やメール、チャットなどでいつでも質問や相談をすることができます。

経理業務をアウトソースしていれば、記帳業務から一元して税理士事務所で作業を行うことになるため、会計情報は税理士がいち早く知ることになります。

そこで出てきた情報をもとに、財務状況や節税のアドバイスを行えたりと、専門的な知識を持っている税理士側から積極的に指摘を行うことが可能となります。

経理を税理士に依頼したときの報酬相場

税理士に依頼する内容としては、記帳代行や給与計算代行などお願いする場合や、顧問契約もお願いする場合などがあります。

以下に、経理関連業務ごとの報酬相場をまとめたので、参考にしてみてください。こちらは顧問契約がない場合の相場となります。

  報酬相場
税務相談のみ 1時間5千〜1万円
税務書類作成 2万円〜5万円
記帳代行 5000円〜5万円(1仕訳あたり50~100円)
仕訳数により異なる
給与計算代行 数万円〜数百万円
従業員数により異なる
初期設定費用:社員1名あたり1千〜2千円
月額費用:社員1名あたり1千〜2千円

あくまで相場ですので、「このくらいの料金にしてほしい。」という希望があればその旨を税理士に伝え、その料金で提供できるサービスを提案してもらうという方法もあります。

「まずは自分の場合の料金を知りたい。」という質問や見積もりもできますので、お悩みの方は、税理士ドットコムにお気軽にご相談ください。

顧問契約の報酬相場については、以下のページを御覧ください。

税理士ドットコムでは、「記帳代行も合わせて顧問契約をしたい」、「経理業務のサポートを依頼したい」というお問合せなどを多数いただいております。急ぎの対応や信頼できる税理士探しのお役に立てるようにコーディネーターがご案内致しますので、まずはお気軽にご連絡をください。

経理・決算に関する税務相談

  • 会議費と交際費の違い

    2019年1月に設立した資本金100万円の会社です。 昨年は取引先との飲食代でトータルで100万円程度発生しました。 殆どが一人5,000円未満の飲食費となりま...
    税理士回答数:  1
    2020年01月28日 投稿
  • 譲渡された事業用車両について

    2019年10月26日に開業するにあたり、それまで主人の父の会社名義で使用していた事業用車両をそのまま譲り受けました。 譲り受けた時点でローンは支払済で、かかっ...
    税理士回答数:  1
    2020年01月28日 投稿
  • 開業費の仕分けについて

    こんにちは。 初めて相談させていただきます。 全く無知なもので簿記、会計を勉強しながら帳簿付けをしています。 よろしくお願い致します。 2019年の10月26日...
    税理士回答数:  1
    2020年01月28日 投稿
  • フリーランスの事業用口座と個人口座

    今年1月からフリーランスの仕事を始めました 現在3つの普通預金口座を持っています。 a銀行と専用のデビットカード(ネットバンク) ・売上入金 ・デビットカー...
    税理士回答数:  1
    2020年01月28日 投稿
  • 不動産投資における空室時の家賃保証について

    空室時に家賃保証として管理会社が支払ってくれた賃料は損益計算書の費目として「賃貸料」として計上して良いのか
    税理士回答数:  1
    2020年01月28日 投稿
経理・決算の税務相談をもっと見る

経理の税理士費用の相場の関連カテゴリ