【仕訳の基礎知識】代表的な6つのパターンの記帳方法とは? - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

通話無料 0120537024

  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 勘定科目
  4. 勘定科目のハウツー
  5. 【仕訳の基礎知識】代表的な6つのパターンの記帳方法とは?

【仕訳の基礎知識】代表的な6つのパターンの記帳方法とは?

経理の仕事には簿記の知識がかかせません。簿記とは日々の経営活動を記録・計算・整理することで、その基礎には「仕訳」という作業があります。

この仕訳は一見難しそうに見えますが、基本をしっかりと押さえれば意外と簡単に処理できるものです。そこで、今回は、仕訳方法の基本を解説しつつ、代表的な仕訳パターンを紹介していきます。

目次

仕訳とは5つの要素を振り分けて記録すること

仕訳とは簡単に言えば、「一定のルールに則って取引内容を記録すること」です。まずはこのルールについて説明するので、しっかりとその基本を覚えておきましょう。

取引内容は「5つの要素」に分けることができる

事業では日々、様々な取引が行われて、その結果として現金が増減したり、売上や費用が発生したりしています。

簿記の世界ではこういった取引を「資産」「負債」「純資産」「収益」「費用」という5つの要素に分けて記録をしています。要するに、「資産が増えた」「負債が減った」などを記録することが仕訳だと言えるのです。

各要素には「勘定科目」が設けられている

しかし、資産や負債のままで記録をしても、具体的な取引内容が分からないという問題が生じてしまいます。

そこで「何の取引なのか」をわかるように、「勘定科目」と呼ばれるものを使うようにしています。その代表的な勘定科目が以下に挙げるようなものです。

  • 資産:現金、売掛金、普通預金、有価証券、備品、繰越商品など
  • 負債:買掛金、借入金、未払金など
  • 純資産:資本金など
  • 収益:売上、雑収入など
  • 費用:仕入、地代家賃、広告宣伝費、水道光熱費、通信費、交際費など

なお、ここではあくまでよく使う簡単な勘定科目だけを挙げています。実務では、もっとたくさんの勘定科目が出てくることも多いので、その都度、覚えていくとよいでしょう。

帳簿は「借方」と「貸方」に分けて記入する

取引内容を勘定科目に置き換えられたら、あとは実際に仕訳帳に書きこむだけです。なお、仕訳帳は左右に記入箇所が設けられており、要素ごとに場所が決められています。

基本的には借方(左側)には「資産の増加」と「費用の発生」について記入します。一方、貸方(右側)には「負債の増加」「純資産の増加」「収益の発生」について記入します。

ただし、取引によっては「資産や負債が減少する」という場合も考えられます。その時には、借方に「負債の減少」を書いたり、貸方に「資産の減少」を書いたりすることもあるので、あくまでも原則としてこの通りに書くものだと覚えておくようにしましょう。

代表的な6つの仕訳パターン

実際にどのような仕訳が行われるのか、その代表的なパターンを紹介します。また、そのパターンごとの具体的な仕訳内容も記載するので、記入方法も確認してみましょう。

「資産の増加/資産の減少」のパターン

これは簡単に言えば、「ある資産を違う資産へと交換している」ことを意味します。

たとえば、(1)売掛金を現金で回収した、(2)現金を銀行口座へ預け入れた、などです。この場合は借方に「増加した資産」を記入し、貸方に「減少した資産」を記入します。

(1)現金○○円/売掛金○○円  
(2)普通預金○○円/現金○○円

「資産の増加/負債の増加」のパターン

これは「負債を増やして、資産を増やしている」ことを表している場合です。

たとえば、(3)銀行から現金を借り入れた、(4)備品を後払いで購入した、などがあります。この場合は借方に「増加した資産」を書き入れ、貸方に「増加した負債」を書き入れます。

(3)現金○○円/借入金○○円  
(4)備品○○円/未払金○○円

「資産の増加/純資産の増加」のパターン

これは「純粋に資本金が増えている」ことを表しています。

具体的には、(5)起業にあたり、手持ちの現金を資本金とする、場合にあてはまります。この場合は借方に「増加した資産」を、貸方に「資本金」を書き入れます。なお、日常の取引ではあまり目にしません。

(5)現金○○円/資本金○○円

「資産の増加/収益の発生」のパターン

これは「売上が発生している」ことを意味します。

具体的には、(6)売上金を現金で受け取った、(7)売上金をツケておいた、などがあります。基本的には貸方に「売上」が当てはまりますが、どのような取引をしたかで借方の勘定科目が変わってきます。

(6)現金○○円/売上○○円  
(7)売掛金○○円/売上○○円

「負債の減少/資産の減少」のパターン

これは「負債を減らすために、資産を減らしている」ことを表している場合です。

たとえば、(8)銀行に現金で返済をした、(9)未払金を普通預金から支払った、などがあてはまります。記帳方法は「資産の増加/負債の増加」と逆にすれば大丈夫です。

(8)借入金○○円/現金○○円  
(9)未払金○○円/普通預金○○円

「費用の発生/資産の減少」のパターン

これは「資産を減らして、費用を支払っている」ことを意味しています。

このなかには(10)ツケで仕入れした、(11)水道光熱費を現金で支払った、(12)家賃が口座から引き落とされた、などが該当します。日常的によく見る取引なので、仕訳する回数も多いパターンだと言えるでしょう。

(10)仕入○○円/買掛金○○円  
(11)水道光熱費○○円/現金○○円  
(12)地代家賃○○円/普通口座○○円

おわりに

初めて仕訳帳を見ると「難しそう」と思うかもしれませんが、基本を押さえればあとはルールに則って処理を行うだけです。ただし、実務では複雑な取引があったり、仕訳内容から決算書を作成したりする必要がります。まずは基本を押さえて、さらにステップアップしていきましょう。

勘定科目に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

勘定科目に関する税務相談Q&Aをみる

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
通話無料 0120537024
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応