クレジットカードで経費を支払うときの仕訳の例や注意点 - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

05075863695

  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 計上
  4. 計上のハウツー
  5. クレジットカードで経費を支払うときの仕訳の例や注意点

クレジットカードで経費を支払うときの仕訳の例や注意点

会社の備品や消耗品をインターネットで購入するなどクレジットカードで経費を支払う機会が多くなっています。

今回は、クレジットカード決済した場合の会計処理はどうのようにすればよいかを解説します。

目次

会計処理はどうする?

クレジットカードで支払った経費の仕訳方法や会計処理はどうしたらよいでしょうか?

商品を購入した際には、通常購入した日付で経費として会計処理をします。 クレジットカードで決済する場合には、購入した日と異なり、実際に口座から代金が引き落とされるのは翌月や翌々月になります。

その場合の会計処理では「未払金」を使います。いったん「未払金」として仕訳し、銀行口座からカード利用分が引き落とされたときに、未払金を処理します。

以下の場合、具体的にはこのように仕訳を行います。

  • 10,000円の消耗品をクレジットカードで購入した。
  • 銀行口座より、10,000円が引落とされた。
日付借方勘定科目借方金額貸方勘定科目貸方金額
購入日消耗品費10,000円未払金10,000円
引落し日未払金10,000円普通預金10,000円

分割で支払う場合は、以下のようになります。

日付借方勘定科目借方金額貸方勘定科目貸方金額
購入日消耗品費10,000円未払金10,000円
1回目引き落し日未払金5,000円普通預金5,000円
2回目引き落し日未払金5,000円普通預金5,000円

また、分割払いの手数料が加算されている場合、その手数料も損金算入することができます。その場合は「支払手数料」もしくは「支払利息」の科目を利用します。

領収書はカード会社からの明細書があればいい?

クレジットカードで商品を購入したときに、店側が発行するレシートや利用伝票(利用控え)は、厳密には領収書ではありません。領収書はお金のやり取りが行われたときに発行されるものです。クレジットカードを利用する場合は、カード会社が代金を立て替えてくれるシステムですので、店側に領収書を発行する義務はありません。

カード会社からは、後日、利用したクレジットカードの明細書が届きます。では、この明細書が領収書になるのでしょうか。

この場合、カード会社の明細書だけでは経費として商品を購入したことを示す書類として認められないことがあります。なぜなら、この明細書だけではその商品を購入した相手が作成したものではないからです。

必要な書類は、店側が発行するレシートや利用伝票(利用控え)になります。 その際には、購入日、購入相手、金額、内容が記載されている必要があります。

原則はクレジット決済の場合でも領収書の収受は必要です。実務上は領収書の発行が困難な場合には、レシートやクレジットカードの利用明細をもって経費性の根拠だと主張します。クレジット決済の場合も領収書を発行してもらう習慣をつけるようにしてください。

個人用と事業用はどう分ければいい?

個人事業主やフリーランスの場合、個人のクレジットカードを事業用に使用することも多いのではないでしょうか。個人用の口座から事業経費を使うときには「事業主借」という科目で計上します。

以下の場合、具体的にはこのように仕訳を行います。

  • 10,000円の消耗品を個人のクレジットカードで購入した場合
日付借方勘定科目借方金額貸方勘定科目貸方金額
購入日消耗品費10,000円事業主借10,000円

ただし、個人利用のクレジットカードは、会社経費の支払いに使用することが利用規約で禁止されているものもあります。もし禁止されているのに利用している場合、利用停止や強制解約になってしまうこともあるため、事前に確認しておくとよいでしょう。

また、逆に、誤って事業用のクレジットカードで個人的な支払いをしてしまう事もあるでしょう。このような場合には、以下のように仕訳を行います。

  • 10,000円の自宅の食材を誤って事業用のクレジットカードで購入した場合
日付借方勘定科目借方金額貸方勘定科目貸方金額
購入日事業主貸10,000円未払金10,000円

おわりに

ビジネス専用として使うクレジットカードであれば年会費も経費として計上することができます。その場合の勘定科目は「諸会費」「支払手数料」となります。

最近では、クラウド会計など、クレジットカードでの支払い履歴を自動で取り込むサービスなどもありますので、経費などの支払いをクレジットカードに統一してみるのもよいかもしれません。

個人事業主・経営者におすすめのビジネスカードなら、

計上に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

計上に関する税務相談Q&Aをみる

  • 雇用タイミング

    妻をパートとして雇用しようと考えています。 給与の支払いは月末締め翌二十日払いです。現在は一人法人で、合同会社です。 19年の確定申告等公的手続きは面倒なので...
    税理士回答数:  1
    2019年11月16日 投稿
  • 長期借入金の計上について

    太陽光発電を始めます。 設備資金を信販会社から融資しますが、直接請負会社に振り込むと言われました。 この場合の仕分けはどうなりますか。
    税理士回答数:  2
    2019年11月14日 投稿
  • 資本金と創立費の仕訳について

    お教えください。。 2018年12月に会社を設立しました。 その際、法人口座ができていなかったので、資本金を個人事業主口座から一旦引き出し、そのまま預け入れする...
    税理士回答数:  3
    2019年11月14日 投稿
  • 役員退職金 継続勤務

    法人の代表に退職金を支給したいのですが、代表の技術力がまだ必要であり、代表に完全に法人から退いてもらうわけにはいきません。このような場合、代表を辞任して、一般の...
    税理士回答数:  1
    2019年11月13日 投稿
  • 貸借対照表の事業主貸について

    会計ソフトfreeeを使用して帳簿をつけています、今年から青色申告者で初めて貸借対照表を作成しています。プレビューで貸借対照表の、資産の部を確認すると登録してい...
    税理士回答数:  3
    2019年11月13日 投稿

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応