領収書がないと経費にできないはデマ!?領収書の代わりになる5つの証明書類とは - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士を無料紹介!

  • 24時間
  • 年中無休
  • 秘密厳守
  • 全国対応

通話無料 0120537024

  1. 領収書がないと経費にできないはデマ!?領収書の代わりになる5つの証明書類とは

領収書がないと経費にできないはデマ!?領収書の代わりになる5つの証明書類とは

はじめに

領収書をうっかりもらい忘れてしまったり、紛失してしまったせいで泣く泣く自腹を切って費用の埋め合わせをした・・・このようなことを経験しているフリーランスやサラリーマンの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかしながら、実は領収書の代わりに使える証明書があります。あっと驚く意外なもので領収書の代わりになるものもあります。今回はそんな領収書の代わりになる証明書についてまとめました。特にフリーランスの方は必見です。ぜひご覧ください。

目次

領収書の役割

領収書とは、金銭の受け渡しを証明するために金銭の受け手(お店など)が発行する証明書のことを意味します。金銭の支払い手は、金銭を実際に支払ったという証拠として、収入を得るためにかかった費用などを把握・証明するために領収書が必要になります。

フリーランスの方の場合、領収書をもらい忘れたり、紛失してしまうと経費計上ができず、余計に税金が発生することになることもあるでしょう。

サラリーマンの方の場合も、領収書がないと、出張費用や接待費用を経費として申請できずに、自己負担することもあるでしょう。

いずれの場合でも、損をしないために領収書の受領・管理が大切です。

領収書の代わりに利用できるもの

領収書以外のものでも、以下の情報が記載されているものでならば、領収書の代用とすることができます。

  • 支払い先
  • 日付
  • 支払い金額
  • 支払い内容

これらの情報が記載されていれば、領収書の代わりとして利用できる主なものは以下の5つです。

1.レシート

レシートは領収書の代わりになります。購入したものの金額が大きくない場合、例えばホームセンターやドラッグストアで購入した商品を経費としたい場合は、レシートでも問題ないと言えるでしょう。ただ、感熱紙に印字されているタイプのレシートである場合、印字が消えてしまう可能性もあるので、保管には注意が必要です。

2.クレジットカードの利用明細

クレジットカードの利用明細も、レシートと同様に領収書の代わりとして利用することができます。クレジットカードの請求書でも代用できますが、請求書の発行元はカード会社であり、実際金銭を渡したお店ではないので、場合によっては領収書の代わりとみなされない可能性もあります。請求書ではなく、利用明細を保管するようしておくとよいでしょう。

3.出金伝票

バスや電車などの交通費をはじめ、領収書が発行されない出費の場合は、出金伝票を領収書の代わりにしましょう。出金伝票は、なんらかの理由により領収書が発行されない場合に支払いを証明するための用紙です。文具店などで購入することができます。また、excelで作成したものを使用することもできます。出金伝票を利用する場合は、支払い先、日付、支払い金額、支払い内容という4つのポイントをもらさず用紙に記入しましょう。

4.パーティなどの招待状

取引先とのパーティなどでは領収書がもらえないケースが多いでしょう。そんなときは招待状を領収書の代わりにできます。祝金の表書きのコピーなど、金銭のやり取りを証明できるものも併せて保管しておくとよいでしょう。

5.ネット通販の確認メール

ネット通販で備品を購入することもあるかと思います。販売元が個人である場合、領収書の発行を受け付けていないこともあります。そんなときは購入の確認メールのコピーを取っておけば、領収書の代わりに利用することができます。

領収書でないと難しいケース

領収書の代わりにできる5つの例をご紹介しましたが、それでも万全を期して領収書をもらった方がよいケースもあります。

金額の大きい支払いは、当然税務署のチェックも厳しくなります。このような場合は領収書をもらっておいたほうがよいでしょう。また購入したものが特殊なものである場合も同様です。領収書をもらうときは、宛名や但し書きをしっかりと書いてもらうようにしましょう。

なお、サラリーマンの方の場合、会社の規定に沿う必要があるので、経理の方に事前に確認を取りましょう。会社がレシートなどを領収書の代わりにすることを認めていないこともあるでしょう。

おわりに

様々なものが領収書の代わりになることがお分かりいただけたでしょうか。領収書がないからと泣き寝入りすることなく、他のものを証明書類として利用できることもありますので、あきらめずに、一度証明できるものを探してみると良いでしょう。

→税理士をお探しの方はこちら

計上に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

計上に関する税務相談Q&Aをみる

決算月に立った売上、請求が1ヶ月後の場合の売上高への算入方法は?

2014年06月16日 投稿 前略、決算月の仕事をしても請求が1ヶ月後の場合どのように売り上げを決算にのせたらよいか教えてください。

税理士回答数 :  1

社員の学費を経費として処理ができるか

2014年06月16日 投稿 ご担当者様 お世話になります。 この度、社員の学費を経費として処理できるかお尋ねしたく書き込み致します。 私はインターネット広告を扱った会社の代表を務めて...

税理士回答数 :  1

家賃を会社から出した場合の手続きについて

2014年06月16日 投稿 今は自分一人で株式会社を経営しております。 来月から家賃の半分を社宅として会社から出すようにしようと考えております。 今は個人名義で不動産屋と契約しアパートで...

税理士回答数 :  1

下水道工事の経費

2014年06月18日 投稿 個人事業主として自営業をやっています。今年4月より始めました。 水道光熱費などは按分で半分を経費として計上しています。自宅を事務所として兼用していますが、今回...

税理士回答数 :  1

副業で賃貸不動産事業を始めたところです。車両は費用計上できますか?

2014年06月24日 投稿 副業で賃貸不動産事業を始めましたが、自動車取得費用は計上できますか? 本業の所得が高く(会社員です)、年間500万円以上の所得を支払っています。 そのた...

税理士回答数 :  1

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
通話無料 0120537024
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応