てづか税理士事務所(手塚誠税理士) | 東京都台東区 | 浅草橋駅 - 65,000件を超える税理士事務所の登録税理士や地図情報なら - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税理士検索
  3. 東京都
  4. 台東区
  5. 浅草橋駅
  6. てづか税理士事務所

てづか税理士事務所

東京都台東区/浅草橋駅

税務顧問から相続までトータルでご相談頂けます。

所在地
東京都台東区浅草橋2丁目29番11号 マルケービル9階
地図
アクセス
浅草橋駅
得意分野
  • 顧問税理士
  • 節税
  • 相続税
得意業種
  • 不動産
  • 金融
  • 流通・小売
  • ファンド
料金・事例
  • 個人の相談も受付可
  • 料金・事例あり

「てづか税理士事務所」へのお問い合わせ

050-5289-2752

※お問い合わせの際は「"税理士ドットコム"をみた」とお伝えいただくとスムーズです。

税務顧問から相続までトータルでご相談頂けます。

先々代から60年以上、浅草橋で税理士業務を行っております。代表税理士の手塚は前任の義理の父である渡邊俊司税理士事務所を引き継ぎ、H29年10月より開業しております。手塚は、都内の公認会計士事務所・綜合会計事務所で学び、個人事業者様から大規模案件まで様々な業務を経験し、義理の父である渡邊俊司氏より業務を引き継いでおります。個人の事業や法人の税務顧問のみならず、相続までトータルにご相談頂ける環境が整っております。是非、お気軽にご相談頂ければと存じます。また、H30.7.20より新事務所に移転しております。広さも以前の2.5倍になりましたので、皆様のご来社を
お待ちしております。

所属税理士

手塚 誠 税理士 45歳/ 男性

代表 
手塚 誠(てづか まこと)
平成19年に税理士登録済み。

略歴 
大学を卒業後、上場信販会社に勤務。
税理士を目指すため退職。2年間勉強に専念し、
まず都内の公認会計士事務所に勤務。1年半ほど勤務し、
その後、綜合会計事務所へ転職。同会計事務所にて11年間
勤務し、様々な業務を経験。
平成29年10月に独立して、現在、てづか税理士事務所代表税理士。

学歴 
明治大学商学部商学科 卒業
明治大学大学院政治経済学研究科経済学専攻 修了 

てづか税理士事務所の詳細情報

事務所プロフィール
事務所名
てづか税理士事務所
所在地
東京都台東区浅草橋2丁目29番11号 マルケービル9階
地図
アクセス
浅草橋駅
所属税理士数
4名
代表税理士
名前
手塚 誠
所属税理士会
東京税理士会 
税理士登録年
2007年
得意分野・取り扱い分野
得意分野
  • 顧問税理士
  • 節税
  • 相続税
取り扱い分野
  • 顧問税理士
  • 資金調達
  • 節税
  • 会社設立
  • 確定申告
  • 相続税
  • 税務調査
  • 経理・決算
  • 税金・お金
得意業種・取り扱い業種
得意業種
  • 不動産
  • 金融
  • 流通・小売
  • ファンド
取り扱い業種
  • 不動産
  • 金融
  • 飲食
  • 流通・小売
  • IT・インターネット
  • 美容
  • 運輸・物流
  • 製造
  • 教育
  • 旅行・ホテル
  • アミューズメント・レジャー
  • ファンド
  • 一般社団法人
  • その他
取扱い会計ソフト
  • 弥生会計
  • PCA会計
  • JDL

顧問税理士の料金・事例

事例

税務顧問から相続事業承継まで

・売上3千万円、月次顧問報酬2万円、決算報酬6万円、訪問なし。
・売上5億円、月次顧問報酬5万円、決算報酬月次報酬の6か月分、毎月訪問、事業承継のご相談あり。

料金

税務顧問毎月1万円~、決算月次報酬の3か月分~
お客様の状況に合わせまして、適正価格をご提示致します。
なお、お客様の同意を得ない報酬の請求はございません。

項目 費用・内容説明
税務相談料 初回相談は無料です。
お気軽にご相談ください。
通常は1時間5,000円(税抜)
となります。
事務所名
てづか税理士事務所
所在地
東京都台東区浅草橋2丁目29番11号 マルケービル9階 
アクセス
浅草橋駅

回答したみんなの税務相談

  • 不動産の相続に関する節税対策について

    はじめまして、土地の相続について、お願い致します。父(現在79歳、宅地建物取引業者)の2つの土地を相続するにあたり、娘である私が会社を(不動...

    2017年11月14日 投稿

    手塚 誠 税理士の回答
    手塚 誠

    お世話になります。  最初の土地の売却の件ですが、確かに土地を売却することにより現金化することはメリットとしてあるかと思います。一方で、現金化したのちに、仮にすぐ相続が発生した場合には、その保有する現金...

    この回答を詳しく見る
  • 消費税について

    個人事業をしており平成30年より課税事業者になります。このため、12月20日頃に法人を設立し、個人事業で使用している車両を法人へ売却しようと...

    2017年11月10日 投稿

    手塚 誠 税理士の回答
    手塚 誠

    ご指摘のとおり、個人事業者として平成30年から課税事業者になるということであれば、平成29年度については消費税については免税事業者であり、消費税の納税義務はなく、消費税を納める必要はないかと思います。な...

    この回答を詳しく見る

監修したハウツー記事

  • 認定支援機関(経営革新等支援機関)とは?利用するメリットや検索方法を解説

    「経営革新等支援機関(認定支援機関)」とは、経済産業省よって専門知識、実務経験が一定レベル以上あると...

    • 13

    2019年08月19日

    このハウツー記事を見る
  • 役員賞与の損金算入が認められる条件とは?「事前確定届出給与」で節税

    役員賞与とは、ボーナスはもちろん、債務の免除や低金利での貸付などを含めた「経済的な利益」のことをいい...

    • 24

    2019年03月26日

    このハウツー記事を見る
  • 相続税における“配偶者控除”とは?「配偶者の税額軽減」の計算方法を解説

    「配偶者の税額軽減」とは、配偶者が遺産分割や遺贈により実際に取得した正味の遺産額が、「1億6000万...

    • 12

    2018年12月19日

    このハウツー記事を見る
  • eスポーツにまつわる税金!プロゲーマーの獲得賞金は課税される?

    eスポーツとは、「エレクトロニック・スポーツ」の略です。わかりやすく言うと、コンピューターゲームやビ...

    • 58

    2018年10月29日

    このハウツー記事を見る
  • 会社設立後の役員報酬はどうやって決める?【議事録のテンプレ付き】

    役員報酬とは、取締役や監査役などの役員に支払われる給与です。役員報酬の金額は、会社設立後3か月以内に...

    • 12

    2018年08月30日

    このハウツー記事を見る

「てづか税理士事務所」へのお問い合わせ

050-5289-2752

※お問い合わせの際は「"税理士ドットコム"をみた」とお伝えいただくとスムーズです。