ポイントの会計処理はどうなる?使用したとき・付与したときの仕訳をわかりやすく解説 - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

05075866768

  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 計上
  4. 計上のハウツー
  5. ポイントを使用したとき・付与したときの会計処理をわかりやすく解説

ポイントを使用したとき・付与したときの会計処理をわかりやすく解説

監修: 小田 正幸 税理士

クレジットカードやAmazonなどのECサイト、飛行機を使用した際などに貯まるマイルなど、いろんな場面で「ポイント」が貯まります。

こうして貯まったポイントを使って、商品の仕入れや備品の購入をしたときはきちんと会計処理を行う必要があります。また、ポイントを付与した側も同様です。

この記事では、ポイントを使って仕入れや販売をした際の会計処理と2021年からの新収益認識基準について解説します。

目次

【買手側】ポイントを使用したときの会計処理

ポイントについて個別の会計処理の方法は定められていません。そのため、会社それぞれのルールと、一般的に使用されている方法に沿って会計処理することになります。

ポイントを使用した場合は、購入代金が減額されることからポイント使用分についての会計処理も必要になります。

会計処理は、ポイントの性格をどう見るかにより、下記いずれかの方法で行います。どちらの方法を選択しても、最終的な利益や納める税額には影響しません。

以下よりそれぞれの会計処理について、「事務所に設置するテレビを5万円で購入する」という例をもとに解説いたします。便宜上、消費税は考慮しないものとします。

「収入」とみる場合

ポイントの性格を「収入」と捉え、ポイントを使用したときは「雑収入」として処理します。

ちなみに4万円分を現金ではなくクレジットカードや後払いで購入した場合、勘定科目は「現金」の代わりに「未払金」を使用します。

【商品代金5万円のうち1万円をポイントで支払った】
借方貸方
消耗品費50,000円現金40,000円
  雑収入10,000円

金額のすべてをポイントで支払った場合は、ポイントの全額を「雑収入」とします。

【商品代金5万円のうち全額をポイントで支払った】
借方貸方
消耗品費50,000円雑収入50,000円

「値引き」とみる場合

ポイントの性格を「値引き」と捉え、ポイントを使用したときは購入代金を減額する処理をします。

【商品代金5万円のうち1万円をポイントで支払った】
借方貸方
消耗品費40,000円現金40,000円

テレビが事務所用ではなく、仕入れだった場合は以下のようになります。

【仕入れ代金5万円のうち1万円をポイントで支払った】
借方貸方
仕入高50,000円買掛金40,000円
  仕入値引10,000円

ポイントを購入してから品物を買ったとき

これまでの説明では、ポイントを元々保有しているものとしていました。これは、毎回の買い物に応じて、ポイントが自動的に貯まっていた、というような場合です。

一方で、先にポイントを購入してから商品を買う、というような場合には、購入したポイントはひとまず資産として計上します。

【5万円分のポイントを購入した】
借方貸方
仮払金50,000円現金50,000円

このときポイントは「仮払金」として、借方に計上します。そして後に買い物などでポイントを使用したとき、「仮払金」として貸方に計上します。

先ほどのテレビを購入する例を基に考えると、ポイント使用時の仕訳は、以下のとおりです。「ポイントという資産が減少する」とみて貸方に「仮払金」を計上します。

【事前に購入した5万円分のポイントを使った】
借方貸方
消耗品費50,000円仮払金50,000円

会社のポイントを個人で使用したとき

会社の経費を支払う際に付与されたポイントは、会社のものです。会社側が「経費支払時には、会社名義のポイントカードを用いる」などの特定のルールを定めている場合、経費支払時に個人のポイントカードを用いるべきではありません。

よって、ポイントを使うのがたとえ社長であったとしても、会社のルールに反すれば懲戒処分刑事罰(業務上横領罪等)の対象となる可能性があります。

ただし実務上は、ほとんどの会社において、会社経費を立替払いした個人が取得したマイルやポイントの使用に関与していないのではないでしょうか。

また、違法性が生じない状況であっても、税務上はリスクがある点には注意が必要です。会社経費を立替払いした個人が取得したマイルやポイントは、会社からの現物給付として「給与所得」とみなされる可能性があるからです。

給与所得とみなされる可能性のある例

例えば、週に1回の頻度で博多へ出張に行く必要があり、その都度交通費を立替え、マイルは自分のものにしているとします。(法人ではマイレージ契約を行うことができないので、個人のマイレージに貯まることになります。)

これを1年間にわたって行うとします。羽田〜福岡間の移動だとすると、ある航空会社で貯まるマイルは、1回あたり800マイル程度です。

すると、1年間で貯まるマイルは「800マイル × 2(往復) × 4(月に4回) × 12(1年間) = 76800マイル」にも及びます。これはハイシーズンの北米に、エコノミークラスで行ける換算になります

通常ハイシーズンにロサンゼルスなどに行こうとすれば、航空券代だけで10万円程度はかかってしまいます。これほどの金額のメリットを受けていれば、10万円程度を会社から「現物給付」されたとみなされる可能性が充分にあります。

ただし、これはあくまで会計上・税務上の原則論であり、余程の金額でない限り、会社経費を立替払いした個人が取得したマイルやポイントを現物給付として税務署から指摘されることはあまりないのが現状です。

個人のポイントを会社で使用したとき

個人のポイントを用いて会社の消耗品や備品を購入した場合は、通常の「立替え」と同じ考え方をします。つまり、一般的な経費精算と同様の処理になるということです。当然、立替えたことの証拠として、レシートや領収証等を保管しておく必要があります。

また、所属する会社のルールによっては、立替えを行えないこともあるので、事前に確認しましょう。

「キャッシュバック」の場合

ポイント付与に似たサービスに、「キャッシュバック」があります。購入時に、購入代金の大きさに応じて、返金や値引きを受けるというサービスです。

会社としては、このキャッシュバックの会計処理は、通常「雑収入」として計上します。

借方貸方
現金XX円雑収入XX円

なお、仕入れに対して行われた値引きやキャッシュバックは、「割引・割戻・値引」のいずれかの処理になるので、混同しないように注意しましょう。

また、個人としては、キャッシュバックで返ってきたお金は、「一時所得」または「雑所得」のいずれかになり、それぞれの所得に応じた控除額を超えた金額が課税対象になります。事業用の支出に伴って受けるキャッシュバックは、事業所得とみなされます。

【売手側】ポイントが使用されたときの会計処理

ポイントが使用された場合は販売代金が減額されることから、ポイント使用分を費用として処理します。

会計処理は、ポイントの性格をどう見るかにより、下記いずれかの方法で行います。どちらの方法を選択しても、最終的な利益や納める税額には影響しません。

以下よりそれぞれの会計処理について、5万円の商品を販売するときに1万円分のポイント使用があった場合を例として解説していきます。なお、消費税は考慮しないものとします。

「売上値引き」とみる場合

ポイントを値引きと考えた場合は、ポイント使用分を「売上値引」として計上します。

【ポイント利用1万円分を値引きとした場合】
借方貸方
現金40,000円売上50,000円
売上値引10,000円  

「販売促進費」とみる場合

ポイントの付与は、将来の販売促進と同様の効果を持つと考え、ポイントが使用された時は、「販売促進費」として処理します。

【ポイント利用1万円分を販売促進費とした場合】
借方貸方
現金40,000円売上50,000円
販売促進費10,000円  

決算時には引当金を計上する

ポイントは、商品の販売という事実に起因して発生し、将来使用されたときに費用が発生するため、決算時にはポイント引当金として負債計上することになります。 

すなわち、顧客へ付与したポイントのうち未使用分について、以下の要件にすべて当てはまる場合にポイント引当金として計上します。引当金とは、将来の支出や損失に備えて事前に準備しておく見積もりの金額のことです。

  • 将来の特定の費用または損失である
  • その発生が当期以前の事象に起因している
  • 発生の可能性が高い
  • その金額を合理的に見積もることができる

ポイント引当金は、付与したポイントの使用見込率を、過去のポイント使用実績率などから算定します。

そのため、算定の際にはポイントの使用実績率などの基礎データを整備しておくことが必要です。ポイントに有効期限がある場合は、その点も加味して算定しましょう。会社が採用しているポイント制度によって算定方法に違いがありますが、一般的には以下の式で算定することができます。

ポイント引当金 = ポイント未使用残高 × (1 – 失効率) × 1ポイントあたりの単価(※)
※1ポイントあたりの単価は、販売価格ベースで算出する方法と、原価ベースで算出する方法があります。

会計処理は、ポイントの使用見込分だけを引当金として計上するため、仕訳は以下のようになります。

【例:未使用の100ポイント(1P=1円)のうち、使用見込率は80%であった】
借方貸方
ポイント引当金繰入額80ポイント引当金80

なお、税法では債務確定主義を採用しているため、損金として認められるにはその債務が確定していなければなりません

ポイントは、付与しても全てが使用されるかが不明であること、有効期限があることなどの観点から、債務が確定しているとは言い切れません。そのため、会計上では上記のように処理しますが、税務上ではポイントを付与した時点での損金算入ができないのです。

新収益認識基準での考え方

2021年4月1日から、収益認識に関する会計基準(以下、新収益認識基準)が適用されます。

従来の会計処理では、付与したポイントの未使用分をポイント引当金として処理をしていましたが、新収益認識基準ではポイントを「契約負債」として繰り延べる処理となるため、引当金の処理は行いません。

新収益認識基準では、売上を以下の5つのステップで計上する必要があります。

  1. 契約の識別
  2. 履行義務の識別
  3. 取引価格の算定
  4. 履行義務への取引価格の配分
  5. 履行義務の充足による収益の認識

以下の具体例を基に、それぞれのステップでどのようなことを行うのかを、詳しく解説していきます。

【具体例:1万円の商品に対して100ポイント(1P=1円)を付与する場合】

ステップ1.契約の識別

まずは、どのようなサービスや商品を売買するのかを確認します。

ステップ2.履行義務の識別

その契約の中で、どのようなサービスや商品がいくつ購入者へ提供されるのかを確認します。ポイントの付与も履行義務の識別が必要になるため、具体例の場合は、履行義務が「商品の販売」「付与したポイントを使用した際の値引き等の提供」の2つになります。

ポイント付与の履行義務は「ポイントを付与すること」ではないため注意しましょう。

ステップ3.取引価格の算定

その契約をいくらで販売するのかを算定します。売買契約書等に明記してある金額を確認しましょう。具体例の場合は、販売価格の1万円が取引価格となります。

ステップ4.履行義務への取引価格の配分

ステップ3で決定した取引価格を、ステップ2で識別した履行義務ごとに、それぞれの独立販売価格の比率に基づき配分します。

具体例ではポイントを付与しているので、取引価格である1万円を、商品の価値とポイントの価値に按分する必要があります。計算式は以下のとおりです。

商品:1万円 × 1万円 ÷ (1万円 + 100円) = 9901円
ポイント:1万円 × 100円 ÷ (1万円 + 100円) = 99円

この時点で適切な配分が行われていないと、正確な仕訳ができなくなるので注意しましょう。

ステップ5.履行義務の充足による収益の認識

ステップ2で識別した履行義務が充足されたときに、収益を認識します。

具体例だと、「商品の販売」という履行義務のみが充足されているため、商品の価値である9901円の収益を認識します。ポイントは顧客が使用してはじめて履行義務が充足されるため、商品の販売時点では収益の認識は行いません。

つまり、商品は1万円で販売しましたが、収益として認識されるのは商品に配分された9901円だけということになります。

新収益認識基準による会計処理方法

これまでの5つのステップを踏まえて、具体例を基にした会計処理は以下のようになります。

【商品が購入されたとき】
借方貸方
現金10,000円売上9,901円
  契約負債99円

商品に配分された9901円は売上高として計上し、収益として認識しないポイントの部分は、将来使用される見込みがあるため「契約負債」として計上します。

ポイントが使用された際には履行義務が充足されるので収益として認識し、以下のように使用された分を売上高として計上します。

【付与した100ポイントをすべて使用した場合】
借方貸方
契約負債99円売上99円

また、ポイントに使用期限が設けてある場合は、ポイントが期限内に使用されずに失効することもあります。その場合は契約負債が消滅し、その時点で「収益の認識」が行われるので、失効したポイントも使用時の会計処理と同様「売上」で処理しましょう。

【付与したポイントがすべて失効した場合】
借方貸方
契約負債99売上99円

「キャッシュバック」の場合

キャッシュバックを行った場合は、ポイントが使用されたときと同様に「売上値引」または「販売促進費」で処理します。

【例:5万円の商品の販売時に、500円のキャッシュバックを行った】
借方貸方
現金49,500円売上50,000円
売上値引
または
販売促進費
500円  

おわりに

近年、決済時にポイントが付与されるというサービスが増えてきているため、付与されたポイントを使用して消耗品や備品などを購入するというケースも増えていることでしょう。

今回解説したポイントの会計処理の方法だけでなく、会社ごとにポイント使用時のルールをきちんと定めておくことが重要です。

もし会計処理に迷うものがある際は、無料で税務相談できる「みんなの税務相談」をご活用ください。

計上に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

計上に関する税務相談Q&Aをみる

  • 昨年度に売れた商品が返品された場合についての仕訳

    個人事業主の専従者として経理をやっています。 昨年8/9に税込(8%)21600円の商品が売れましたが、今年になって返品したいとの相談を受けました。仕入先業者が...
    税理士回答数:  2
    2020年04月06日 投稿
  • 年末年始、収入計上

    確定申告初心者で、申し訳ございません。 年末年始をまたぐ期間で、10日ほど仕事をした際に、まとめて請求書を出して、お支払いもまとめてして頂いたのですが、その場...
    税理士回答数:  1
    2020年04月06日 投稿
  • 経費について

    銀行手数料は、どのような場合には経費にできるのでしょうか? 給料を預入したときの時間外手数料、税理士さんに報酬を振り込むときにかかった手数料などが経費に該当する...
    税理士回答数:  2
    2020年04月05日 投稿
  • 経費について

    以下の場合の料金は、経費に計上することは可能でしょうか? ・e-taxに使うためのICカードリーダー ・確定申告についての本 ・白色簡易帳簿 ・コピー用紙→...
    税理士回答数:  1
    2020年04月05日 投稿
  • 通信費について

    私はLINEモバイルを使っています。LINEモバイルの料金の請求内容は、以下のようになっています。 プラン料金→ 前月 のご利用分です。 オプション料金→ 前...
    税理士回答数:  2
    2020年04月05日 投稿

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応