ギャンブルで得たお金と税金…事業所得?雑所得?それとも一時所得? - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

通話無料 0120537024

  1. ギャンブルで得たお金と税金…事業所得?雑所得?それとも一時所得?

ギャンブルで得たお金と税金…事業所得?雑所得?それとも一時所得?

はじめに

競馬、競艇、オートレースなど、日本では法律で認められたギャンブルがいくつかあります。こうしたギャンブルで儲けが出たら、ジャンボ宝くじなど当せん金付証票法で非課税とされているもの以外は、もちろん課税対象になります。

ただし、このようなギャンブルによる所得は、その内容によって、事業所得・雑所得・一時所得などに区別されます。そこで、ここではギャンブルで得たお金と税金の関係をご説明いたします。

目次

ギャンブルには合法と違法のものがある

ギャンブルには法で認められたものと、そうでないものがあります。いずれの方法でも儲けが出れば課税対象です。合法ギャンブルと違法ギャンブルについて確認しておきましょう。

公営ギャンブルや民営ギャンブルは合法

合法として認められているギャンブルには公営ギャンブルや民営ギャンブルがあります。

公営ギャンブルには競馬や競輪などの公営競技が該当します。そのほか、宝くじやサッカーくじなども公営ギャンブルとして認められています。

民営ギャンブルにはパチンコやパチスロがあります。風俗営業法によって一般に認められているギャンブルです。

合法と認められないギャンブルは違法

法律によって合法と認められているギャンブルを除けば、一般的には全てが違法ギャンブルです。賭け麻雀や、野球賭博などには根拠法がなく、違法賭博として刑法により禁止されます。

なお、仮に違法賭博で収益を得た場合にも、税務の観点から言うと確定申告は必要です。違法賭博を勧めるつもりはありませんが、万が一違法賭博から収益を得た場合でも確定申告しなければなりません。

ギャンブルと所得の関係について

合法のギャンブルによって得た収益は、その性格によって3つの所得に分類できます。

事業として得ていたら「事業所得」

まれな例だとは思いますが、公営ギャンブルや民営ギャンブルで生計を立てているのであれば、これは事業所得として扱われる可能性があります。ただし、副業としてギャンブル収入がある場合は「雑所得」とも判断されかねません。あらかじめ税務署で確認を取っておくことが大事です。

事業でも一時でもないなら「雑所得」

事業所得でも、一時所得でもないギャンブル収入であれば、雑所得として扱われる可能性があります。継続的に収益こそ出ているものの、あくまで趣味・副業の範囲であれば雑所得として申告する必要があるでしょう。

ギャンブル収入の多くは「一時所得」

ギャンブルで収益を得た人のほとんどは、一時所得として申告することになります。なお、「営利目的ではないこと」、「継続的に収益を得ていないこと」が条件になります。税務当局もギャンブル収入は一時所得として扱うことが多いです。

ギャンブル収入が「事業所得」に該当する場合

ギャンブル収入が事業所得に該当するのであれば、税金との関係は次の通りになります。

事業所得は「収入額-経費」で算出する

事業所得は総収入金額から必要経費を差し引いた金額になります。ギャンブルの場合は、収入額には「配当金(払戻金)」が当てはまり、経費には「購入金(賭け金)」が該当します。

最大で65万円の控除も受けられる

事業所得であれば青色申告が可能です。青色申告決算書として提出すれば、最大で65万円の控除を受けられます。これにより所得金額を抑えることもできます。

事業所得にすると「損益通算」ができる

もしギャンブル収入が事業所得に当てはまるなら、「損益通算」を使えます。これはギャンブルが副業である場合に、給与所得と合算した所得から損失分を差し引ける手続きのことです。これによって損失が出た際に所得税を抑えられます。

ギャンブル収入が「雑所得」に該当する場合

ギャンブル収入が雑所得に該当する場合の税金は、下記の通りになっています。

雑所得は「収入額-経費」で計算する

雑所得も、事業所得と同様で総収入金額から必要経費を差し引いて算出します。ギャンブルなので配当金から、購入金を引いた金額が雑所得として扱われます。

雑所得には控除も損益通算もない

雑所得には控除制度がありません。また、損益通算もないように決まっています。副業でギャンブル収入がある場合には、雑所得に対してそのまま所得税が課されます。

ギャンブル収入が「一時所得」に該当する場合

ギャンブル収入の多くは一時所得として扱われることが多いようです。なお、一時所得と税金の関係は下記の通りです。

一時所得は「収入額-経費-50万」で算出する

一時所得も他の所得と同様で、総収入金額から必要経費を引いて計算します。一時所得と他の所得の違いは、一時所得であれば最高で50万円の特別控除額が設けられている点です。これにより50万円までは非課税として扱われます。

ただし、一時所得における「必要経費」とは、その収入を得るために支出した金額とされている点は注意が必要です。つまり、経費にできるのは、「その収入を生じた行為をするため、又は、その収入を生じた原因の発生に伴い、直接要した金額」に限るとされており、例えば、競馬であれば、当たり馬券の購入代金のみが経費となり、はずれ馬券の購入代金は経費となりません。

年間収支がマイナスでも確定申告は必要?

ギャンブル収入の年間収支がマイナスでも、確定申告が必要になるケースもあります。具体的に言うと、一時所得額が50万円超の場合です。必要経費はあくまで「勝券」に限られます。そのため、負け越しても、一時所得が50万円を超えれば確定申告は必要になるのです。

おわりに

ギャンブル収入はその性格により、事業所得、雑所得、一時所得のいずれかで扱われることになります。特別な場合を除いては一時所得となり、最高で50万円までは特別控除額が設けられていることを覚えておくといいでしょう。

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

確定申告に関する税務相談Q&Aをみる

確定申告の申告遅れ

2014年06月16日 投稿 確定申告は毎年3月15日が期限だと思いますが、 仮に、申告期限が遅れた場合のペナルティーはどんなものがあるのでしょうか? 高い延滞利息が付いたり、税務調査が入...

税理士回答数 :  2

【震災関連】家財に対する雑損控除について

2014年06月16日 投稿 今回の震災により家屋及び家財が被災しました。 家屋については自治体より「一部損壊」の認定を受け罹災証明を保有しております。家財については一部食器類の破損、冷蔵庫...

税理士回答数 :  1

土地の売却、購入による確定申告の必要性

2014年06月16日 投稿 約30年前に3000万円で土地付一軒家をAが2/3名義で、娘Bが1/3名義にて購入しました。(実質は100%A所有) 昨年3500万円で売却、そこで、500万の...

税理士回答数 :  2

確定申告で繰越控除をする場合の配当金の扱いについて

2014年06月16日 投稿 確定申告についての質問です。 昨年は株の譲渡損が50万円あり、確定申告で繰越控除をしました。 今年は、株の取引はなく、上場会社の配当金が20万円あります。 確...

税理士回答数 :  1

不動産購入のために行った確定申告の修正申告

2014年06月16日 投稿 一昨年、昨年の修正申告の事で伺います。今年の2月に不動産購入を考え、不動産屋に妻400万以上を二期分つくるように言われ、専業主婦ですが、言われるままに申告しまし...

税理士回答数 :  1

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
通話無料 0120537024
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応