鎌田浩司税理士事務所の料金・事例 | 札幌市中央区 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税理士検索
  3. 北海道
  4. 札幌市
  5. 中央区
  6. 西15丁目駅
  7. 鎌田浩司税理士事務所

鎌田浩司税理士事務所

北海道札幌市/西15丁目駅

お客様第一主義で、節税・適正申告を目指します。

北海道札幌市中央区 南4条西12丁目1293番地35FKヒルズ南4条203号
地図
地下鉄「西11丁目」駅から、徒歩約8分
得意分野
  • 節税
  • 相続税
得意業種
  • IT・インターネット
  • その他
料金・事例
  • 個人の相談も受付可
  • 国税庁OB税理士在籍
  • 料金・事例あり

「鎌田浩司税理士事務所」へのお問い合わせ

050-5355-4879

※お問い合わせの際は「"税理士ドットコム"をみた」とお伝えいただくとスムーズです。

お客様第一主義で、節税・適正申告を目指します。

当事務所の得意分野は、
相続税(節税)、贈与税、財産評価、譲渡所得 です。

平成27年からの増税で、相続税が注目されています。
そこで、これまでの経験を活かして「相続税の節税」と適正申告に取り組みます。

また、税理士探しのブログを書いています。
6つのポイントで税理士を探すというもの。
「目次・税理士関連ブログを検索しやすく。選び方、報酬引下げetc. 」をご覧ください。

所属税理士

鎌田 浩司 税理士 64歳/ 男性

私は、相続税や贈与税など、資産税の経験が豊富です。
永年、国税局・税務署で資産税の仕事に従事してきました。

特に、現在は、相続税の節税対策に取り組んでいます。
合法的に、賢く節税しましょう。
皆様からのご連絡をお待ちしています。

お気軽にお問い合わせください。 

鎌田浩司税理士事務所の詳細情報

事務所プロフィール
事務所名
鎌田浩司税理士事務所
所在地
北海道札幌市中央区 南4条西12丁目1293番地35FKヒルズ南4条203号
地図
アクセス
地下鉄「西11丁目」駅から、徒歩約8分
所属税理士数
1名
代表税理士
名前
鎌田 浩司
所属税理士会
北海道税理士会 
税理士登録年
2016年
得意分野・取り扱い分野
得意分野
  • 節税
  • 相続税
取り扱い分野
  • 節税
  • 確定申告
  • 相続税
得意業種・取り扱い業種
得意業種
  • IT・インターネット
  • その他
取り扱い業種
  • IT・インターネット
  • その他
取扱い会計ソフト
  • JDL

相続税の料金・事例

事例

お客様第一主義で、節税と適正申告をサポートします。

相続税は、「初めての方」が当たり前です。
 ◎ 相続税の節税申告・適正申告
 ◎ 相続税の節税対策
 ◎ 贈与税に関すること
まずは、お気軽にご相談ください。
モットーは、「分かりやすさ・丁寧さ」です。

料金

◎相続税の申告書作成
 A 基本報酬
      【遺産総額】       【基本報酬】
     6,000万円未満    250,000円(税込)
     8,000万円未満    350,000円(税込)
        1 億円未満    500,000円(税込)
   1億5,000万円未満    700,000円(税込)
        2 億円未満  1,000,000円(税込)
        2 億円以上     別途見積
   (注)
    戸籍関係、金融機関の残高証明の取得は、お客様にお願いしています。

 B 個別加算報酬
   土地の評価1か所につき     50,000円(税込)
   非上場株式の評価1社につき  150,000円(税込)

◎相続税の節税対策 
 個別性が強いため、別途見積りします。 

事務所名
鎌田浩司税理士事務所
所在地
北海道札幌市中央区 南4条西12丁目1293番地35FKヒルズ南4条203号 
アクセス
地下鉄「西11丁目」駅から、徒歩約8分

回答したみんなの税務相談

  • 住宅購入時の手付金を親からの贈与金で支払った場合について

    過去の相談内容に自分と同じケースが無かったので質問させていただきます。・中古マンション築30年【2000万円】・リフォーム費用【1200万円...

    2021年05月18日 投稿

    鎌田 浩司 税理士の回答
    鎌田 浩司

    200万円は、申告すれば非課税になります。 残り100万円は、基礎控除以内で問題ありません。

    この回答を詳しく見る
  • 不動産 解体費用 贈与税

    自分所有の土地の上に、弟が所有し、賃貸業を行なっている建物があります。この度、弟が賃貸業をやめることになりまして、私が引き継ぐことになりまし...

    2021年05月12日 投稿

    鎌田 浩司 税理士の回答
    鎌田 浩司

    兄弟間で土地は使用貸借だと思います。 弟さんには、現状回復義務があり、取り壊し費用を負担すべきなので、その分贈与になります。

    この回答を詳しく見る
  • 住宅取得に関わる親からの資金援助の贈与税について

    住宅取得に関わる贈与税について教えてください。新築マンション購入予定2021年5月手付金現金200万円2022年6月諸経費200万現金+物件...

    2021年05月10日 投稿

    鎌田 浩司 税理士の回答
    鎌田 浩司

    現在の制度は、令和3年中の贈与で、令和4年3月15日までに引き渡しを受ける住宅が対象です。 ご質問のとおり、制度が延長される可能性はありますが、それを見込んでの契約は避ける方が賢明だと思います。

    この回答を詳しく見る
  • 確定申告 ”マイホームを買い換えた場合に譲渡損失が生じたとき”に関して

    2018年・11月に新居をローンで購入し、以前住居(28年住)を2020年3月に売却。譲渡損失が出たので、2021年本年の確定申告で還付申請...

    2021年05月07日 投稿

    鎌田 浩司 税理士の回答
    鎌田 浩司

    買換えの場合の損益通算・繰越控除の特例ですが、新しく買換える住まいには、買換える時期の制限があります。 具体的には、前年の1月1日から翌年末までの期間に取得する必要があります。 2018年に新居を購...

    この回答を詳しく見る
  • 譲渡所得の建物の取得費について

    近々、昭和54年築の賃貸アパート(木造)を売却予定です。建物の取得費の計算を教えて下さい。【詳細】数年前に土地建物を相続し、白色申告していま...

    2021年05月06日 投稿

    鎌田 浩司 税理士の回答
    鎌田 浩司

    取得費は、5%の90万円と相続登記費用のいずれか大きい方になります。

    この回答を詳しく見る

監修したハウツー記事

  • 住宅資金の贈与はいくらまで非課税?「住宅取得等資金贈与の特例」について解説

    住宅取得等資金贈与の特例(住宅取得等資金に係る贈与税の非課税措置)とは、直系尊属である父母や祖父母か...

    • 11

    2021年04月05日

    このハウツー記事を見る

「鎌田浩司税理士事務所」へのお問い合わせ

050-5355-4879

※お問い合わせの際は「"税理士ドットコム"をみた」とお伝えいただくとスムーズです。