鎌田浩司税理士事務所(鎌田浩司税理士) | 北海道札幌市 | 西15丁目駅 - 65,000件を超える税理士事務所の登録税理士や地図情報なら - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税理士検索
  3. 北海道
  4. 札幌市
  5. 中央区
  6. 西15丁目駅
  7. 鎌田浩司税理士事務所

鎌田浩司税理士事務所

北海道札幌市/西15丁目駅

お客様第一主義で、節税・適正申告を目指します。

所在地
北海道札幌市中央区 南4条西12丁目1293番地35FKヒルズ南4条203号
地図
アクセス
地下鉄「西11丁目」駅から、徒歩約8分
得意分野
  • 節税
  • 相続税
得意業種
  • IT・インターネット
  • その他
料金・事例
  • 個人の相談も受付可
  • 国税庁OB税理士在籍
  • 料金・事例あり

「鎌田浩司税理士事務所」へのお問い合わせ

050-5355-4879

※お問い合わせの際は「"税理士ドットコム"をみた」とお伝えいただくとスムーズです。

お客様第一主義で、節税・適正申告を目指します。

当事務所の得意分野は、
相続税(節税)、贈与税、財産評価、譲渡所得 です。

平成27年からの増税で、相続税が注目されています。
そこで、【相続税の節税対策】を重点的に説明するブログを作成して、公開中です。
このブログでは、【相続税の節税対策】、【相続税のこと】、【贈与税のこと】、さらには、【民法の相続のこと】まで取り上げて、分かりやすい説明に心がけていますので、どうぞご覧ください。
なお、ブログのタイトルは「必見、節税しないと損します。相続税の節税対策で9,150万円節税できます! 」です。

所属税理士

鎌田 浩司 税理士 63歳/ 男性

私は、相続税や贈与税など、資産税の経験が豊富です。
永年、国税局・税務署で資産税の仕事に従事してきました。

特に、現在は、相続税の節税対策に取り組んでいます。
合法的に、賢く節税しませんか。

皆様からのご連絡をお待ちしています。
お気軽にお問い合わせください。 

鎌田浩司税理士事務所の詳細情報

事務所プロフィール
事務所名
鎌田浩司税理士事務所
所在地
北海道札幌市中央区 南4条西12丁目1293番地35FKヒルズ南4条203号
地図
アクセス
地下鉄「西11丁目」駅から、徒歩約8分
所属税理士数
1名
代表税理士
名前
鎌田 浩司
所属税理士会
北海道税理士会 
税理士登録年
2016年
得意分野・取り扱い分野
得意分野
  • 節税
  • 相続税
取り扱い分野
  • 節税
  • 確定申告
  • 相続税
得意業種・取り扱い業種
得意業種
  • IT・インターネット
  • その他
取り扱い業種
  • IT・インターネット
  • その他
取扱い会計ソフト
  • JDL

相続税の料金・事例

事例

お客様第一主義で、節税と適正申告をサポートします。

相続税は、「初めての方」が当たり前です。
 ◎ 相続税の節税申告・適正申告
 ◎ 相続税の節税対策
 ◎ 贈与税に関すること
まずは、お気軽にご相談ください。
モットーは、「分かりやすさ・丁寧さ」です。

料金

◎相続税の申告書作成
 A 基本報酬
      【遺産総額】       【基本報酬】
     6,000万円未満    250,000円(税込)
     8,000万円未満    350,000円(税込)
        1 億円未満    500,000円(税込)
   1億5,000万円未満    700,000円(税込)
        2 億円未満  1,000,000円(税込)
        2 億円以上     別途見積
   (注)
    戸籍関係、金融機関の残高証明の取得は、お客様にお願いしています。

 B 個別加算報酬
   土地の評価1か所につき     50,000円(税込)
   非上場株式の評価1社につき  150,000円(税込)

◎相続税の節税対策 
 個別性が強いため、別途見積りします。 

事務所名
鎌田浩司税理士事務所
所在地
北海道札幌市中央区 南4条西12丁目1293番地35FKヒルズ南4条203号 
アクセス
地下鉄「西11丁目」駅から、徒歩約8分

回答したみんなの税務相談

  • 親の土地に家を建て、住宅購入資金の援助も受ける場合の贈与税について

    2020年に新築住宅を建てる計画を進めています。昨年2019年12月に契約(調印式)を交わし、2020年3月から着工予定なのですが、土地は親...

    2020年01月21日 投稿

    鎌田 浩司 税理士の回答
    鎌田 浩司

    両方の特例を適用することは可能です。

    この回答を詳しく見る
  • 住宅購入時の相続税について

    この度、新築で住宅建築を考えており、親から300万の援助をしてもらうことになりました。住宅取得等資金贈与の非課税制度を利用しようと思っており...

    2020年01月21日 投稿

    鎌田 浩司 税理士の回答
    鎌田 浩司

    今年の3月15日に上棟で、今年の年末までに完成居住でもOKです。 または、全額返金して、再度受贈すると、来年の3月が申告期限、居住期限です。

    この回答を詳しく見る
  • 相続税の申告の預貯金について

    相続税の申告の際には、残高証明書が必ず必要なのでしょうか。通帳ではだめでしょうか。預金計算書はあります。しかし、被相続人の通帳は古いものが無...

    2020年01月20日 投稿

    鎌田 浩司 税理士の回答
    鎌田 浩司

    残高証明書は必須ではありません。 申告書への添付も義務ではありません。

    この回答を詳しく見る
  • 医療費控除に関して

    自営のため国保です。現在、姉は同居していませんが、国保では姉の分も含めて納めています。この場合、姉の分の医療費を医療費控除に入れることは可能...

    2020年01月19日 投稿

    鎌田 浩司 税理士の回答
    鎌田 浩司

    残念ですが、生計一の親族でなければ合算できません。

    この回答を詳しく見る
  • 相続した土地の売却時の税金について

    親の離婚後、単独で暮らしていた父が7年~8年程前に亡くなり、去年、その家を解体して更地にしました。その時に土地の名義等を自分の名前に切替した...

    2020年01月17日 投稿

    鎌田 浩司 税理士の回答
    鎌田 浩司

    相続の場合、死亡日に遡って所有者になります。 解体費が譲渡費用になるかどうかですが、売却するためのものかどうかです。 登記費用は取得費になります。 売却額よりも、取得費+譲渡費用が多け...

    この回答を詳しく見る

監修したハウツー記事

監修した記事はありません。

「鎌田浩司税理士事務所」へのお問い合わせ

050-5355-4879

※お問い合わせの際は「"税理士ドットコム"をみた」とお伝えいただくとスムーズです。