鎌田浩司税理士事務所 | 札幌市中央区 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税理士検索
  3. 北海道
  4. 札幌市
  5. 中央区
  6. 西15丁目駅
  7. 鎌田浩司税理士事務所

鎌田浩司税理士事務所

北海道札幌市/西15丁目駅

お客様第一主義で、節税・適正申告を目指します。

北海道札幌市中央区 南4条西12丁目1293番地35FKヒルズ南4条203号
地図
地下鉄「西11丁目」駅から、徒歩約8分
得意分野
  • 節税
  • 相続税
得意業種
  • IT・インターネット
  • その他
料金・事例
  • 個人の相談も受付可
  • 国税庁OB税理士在籍
  • 料金・事例あり

「鎌田浩司税理士事務所」へのお問い合わせ

050-5355-4879

※お問い合わせの際は「"税理士ドットコム"をみた」とお伝えいただくとスムーズです。

お客様第一主義で、節税・適正申告を目指します。

当事務所の得意分野は、
相続税(節税)、贈与税、財産評価、譲渡所得 です。

平成27年からの増税で、相続税が注目されています。
そこで、これまでの経験を活かして「相続税の節税」と適正申告に取り組みます。

また、税理士探しのブログを書いています。
6つのポイントで税理士を探すというもの。
「目次・税理士関連ブログを検索しやすく。選び方、報酬引下げetc. 」をご覧ください。

所属税理士

鎌田 浩司 税理士 65歳/ 男性

私は、相続税や贈与税など、資産税の経験が豊富です。
永年、国税局・税務署で資産税の仕事に従事してきました。

特に、現在は、相続税の節税対策に取り組んでいます。
合法的に、賢く節税しましょう。
皆様からのご連絡をお待ちしています。

お気軽にお問い合わせください。 

鎌田浩司税理士事務所の詳細情報

事務所プロフィール
事務所名
鎌田浩司税理士事務所
所在地
北海道札幌市中央区 南4条西12丁目1293番地35FKヒルズ南4条203号
地図
アクセス
地下鉄「西11丁目」駅から、徒歩約8分
所属税理士数
1名
代表税理士
名前
鎌田 浩司
所属税理士会
北海道税理士会 
税理士登録年
2016年
得意分野・取り扱い分野
得意分野
  • 節税
  • 相続税
取り扱い分野
  • 節税
  • 確定申告
  • 相続税
得意業種・取り扱い業種
得意業種
  • IT・インターネット
  • その他
取り扱い業種
  • IT・インターネット
  • その他
取扱い会計ソフト
  • JDL

相続税の料金・事例

事例

お客様第一主義で、節税と適正申告をサポートします。

相続税は、「初めての方」が当たり前です。
 ◎ 相続税の節税申告・適正申告
 ◎ 相続税の節税対策
 ◎ 贈与税に関すること
まずは、お気軽にご相談ください。
モットーは、「分かりやすさ・丁寧さ」です。

料金

◎相続税の申告書作成
 A 基本報酬
      【遺産総額】       【基本報酬】
     6,000万円未満    250,000円(税込)
     8,000万円未満    350,000円(税込)
        1 億円未満    500,000円(税込)
   1億5,000万円未満    700,000円(税込)
        2 億円未満  1,000,000円(税込)
        2 億円以上     別途見積
   (注)
    戸籍関係、金融機関の残高証明の取得は、お客様にお願いしています。

 B 個別加算報酬
   土地の評価1か所につき     50,000円(税込)
   非上場株式の評価1社につき  150,000円(税込)

◎相続税の節税対策 
 個別性が強いため、別途見積りします。 

事務所名
鎌田浩司税理士事務所
所在地
北海道札幌市中央区 南4条西12丁目1293番地35FKヒルズ南4条203号 
アクセス
地下鉄「西11丁目」駅から、徒歩約8分

回答したみんなの税務相談

  • ローン減税と3000万円特別控除の併用について

    2024年入居予定の新築マンションを購入しました。現在所有しているマンションに住んでおり、2021年中に現在のマンションを売却すれば、ローン...

    2021年10月25日 投稿

    鎌田 浩司 税理士の回答
    鎌田 浩司

    ローン減税は、住宅購入から6か月以内に居住した場合です。 譲渡は引渡しが原則ですが、契約日を選択できます。 ただし、契約の効力発生に条件がない場合です。

    この回答を詳しく見る
  • 死亡受取生命保険について

    死亡受取の生命保険について両親がお互いを受取人にした死亡受取金の生命保険に加入しています支払いは父ですこの保険の受取人を子である私に替えよう...

    2021年10月24日 投稿

    鎌田 浩司 税理士の回答
    鎌田 浩司

    保険料負担者であるお父様からの贈与になります。 受取人をお父様に変更しましょう。

    この回答を詳しく見る
  • 贈与税を出来るだけかからずにする方法

    父親みたいな存在ですが実際血縁関係がないので形的に他人からの贈与になると思うのですが、新築戸建てを購入するのに費用を出していただけることにな...

    2021年10月22日 投稿

    鎌田 浩司 税理士の回答
    鎌田 浩司

    親や祖父母からでなければ特例がありません。 贈与税の税率は累進なので、1人より2人でもらう方が安くなります。 その場合は、登記を共有にします。

    この回答を詳しく見る
  • 非課税世帯の医療費控除について

    現在、私の母親が一人世帯かつ難病による非課税世帯で、実際には指定介護老人福祉施設に入居(現住所は従来のまま)し、毎月費用の半分が医療費控除の...

    2021年10月21日 投稿

    鎌田 浩司 税理士の回答
    鎌田 浩司

    確定申告で還付されるものは、支払った税金の一部です。 又は、支払う税金が少なくなるというものです。 支払ったり源泉された税金がない場合には、戻ってきません。

    この回答を詳しく見る
  • 建て替えのローン残債について

    住宅の建て替えを予定しています。現在の住宅は夫が独身時代に購入した中古住宅でローン残債が920万円ほどあります。建て替えにあたり、私(妻)の...

    2021年10月18日 投稿

    鎌田 浩司 税理士の回答
    鎌田 浩司

    奥様がご主人のローンを返済することは、直ちに贈与ではなくて、借入とすることも考えられます。 しかし、その場合には、 ①奥様の親御さんからの借入と、 ②ご主人の奥様からの借入とが、 発生することに...

    この回答を詳しく見る

監修したハウツー記事

  • 住宅資金の贈与はいくらまで非課税?「住宅取得等資金贈与の特例」について解説

    住宅取得等資金贈与の特例(住宅取得等資金に係る贈与税の非課税措置)とは、直系尊属である父母や祖父母か...

    • 11

    2021年04月05日

    このハウツー記事を見る

「鎌田浩司税理士事務所」へのお問い合わせ

050-5355-4879

※お問い合わせの際は「"税理士ドットコム"をみた」とお伝えいただくとスムーズです。