鎌田浩司税理士事務所 | 札幌市中央区 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税理士検索
  3. 北海道
  4. 札幌市
  5. 中央区
  6. 西15丁目駅
  7. 鎌田浩司税理士事務所

鎌田浩司税理士事務所

北海道札幌市/西15丁目駅

お客様第一主義で、節税・適正申告を目指します。

北海道札幌市中央区 南4条西12丁目1293番地35FKヒルズ南4条203号
地図
地下鉄「西11丁目」駅から、徒歩約8分
得意分野
  • 節税
  • 相続税
得意業種
  • IT・インターネット
  • その他
料金・事例
  • 個人の相談も受付可
  • 国税庁OB税理士在籍
  • 料金・事例あり

「鎌田浩司税理士事務所」へのお問い合わせ

050-5355-4879

※お問い合わせの際は「"税理士ドットコム"をみた」とお伝えいただくとスムーズです。

お客様第一主義で、節税・適正申告を目指します。

当事務所の得意分野は、
相続税(節税)、贈与税、財産評価、譲渡所得 です。

平成27年からの増税で、相続税が注目されています。
そこで、これまでの経験を活かして「相続税の節税」と適正申告に取り組みます。

また、税理士探しのブログを書いています。
6つのポイントで税理士を探すというもの。
「目次・税理士関連ブログを検索しやすく。選び方、報酬引下げetc. 」をご覧ください。

所属税理士

鎌田 浩司 税理士 65歳/ 男性

私は、相続税や贈与税など、資産税の経験が豊富です。
永年、国税局・税務署で資産税の仕事に従事してきました。

特に、現在は、相続税の節税対策に取り組んでいます。
合法的に、賢く節税しましょう。
皆様からのご連絡をお待ちしています。

お気軽にお問い合わせください。 

鎌田浩司税理士事務所の詳細情報

事務所プロフィール
事務所名
鎌田浩司税理士事務所
所在地
北海道札幌市中央区 南4条西12丁目1293番地35FKヒルズ南4条203号
地図
アクセス
地下鉄「西11丁目」駅から、徒歩約8分
所属税理士数
1名
代表税理士
名前
鎌田 浩司
所属税理士会
北海道税理士会 
税理士登録年
2016年
得意分野・取り扱い分野
得意分野
  • 節税
  • 相続税
取り扱い分野
  • 節税
  • 確定申告
  • 相続税
得意業種・取り扱い業種
得意業種
  • IT・インターネット
  • その他
取り扱い業種
  • IT・インターネット
  • その他
取扱い会計ソフト
  • JDL

相続税の料金・事例

事例

お客様第一主義で、節税と適正申告をサポートします。

相続税は、「初めての方」が当たり前です。
 ◎ 相続税の節税申告・適正申告
 ◎ 相続税の節税対策
 ◎ 贈与税に関すること
まずは、お気軽にご相談ください。
モットーは、「分かりやすさ・丁寧さ」です。

料金

◎相続税の申告書作成
 A 基本報酬
      【遺産総額】       【基本報酬】
     6,000万円未満    250,000円(税込)
     8,000万円未満    350,000円(税込)
        1 億円未満    500,000円(税込)
   1億5,000万円未満    700,000円(税込)
        2 億円未満  1,000,000円(税込)
        2 億円以上     別途見積
   (注)
    戸籍関係、金融機関の残高証明の取得は、お客様にお願いしています。

 B 個別加算報酬
   土地の評価1か所につき     50,000円(税込)
   非上場株式の評価1社につき  150,000円(税込)

◎相続税の節税対策 
 個別性が強いため、別途見積りします。 

事務所名
鎌田浩司税理士事務所
所在地
北海道札幌市中央区 南4条西12丁目1293番地35FKヒルズ南4条203号 
アクセス
地下鉄「西11丁目」駅から、徒歩約8分

回答したみんなの税務相談

  • 親の医療費等の医療費控除について

    同居する親にかかる医療費、訪問看護、訪問リハビリ等の費用について長男である私の医療費控除に算入したいと考えています。生計は同一です。訪問看護...

    2022年05月14日 投稿

    鎌田 浩司 税理士の回答
    鎌田 浩司

    医療費控除は支払った人が受けられます。 したがって、質問者の口座からの引き落としにしましょう。

    この回答を詳しく見る
  • 相続税申告時の添付資料

    相続税申告時の添付資料には法令上提出しなければならないものと、「提出をお願いしている書類」の2パターンあります。後者はどのレベルで提出しなけ...

    2022年05月14日 投稿

    鎌田 浩司 税理士の回答
    鎌田 浩司

    相続税法などで、提出義務のあるものだけで問題ありません。 配偶者の相続税額の軽減や小規模宅地等の特例を受ける際の遺産分割協議書の写しと各人の印鑑証明書、相続人が確認できる戸籍謄本。 マイナンバー関係...

    この回答を詳しく見る
  • 海外からの送金と日本での不動産購入について

    私達夫婦は米国で結婚し、結婚24年になります。・夫(米国籍、現在長年勤務していた会社を定年退職)・私(日本国籍/米国永住権、専業主婦、在米歴...

    2022年05月11日 投稿

    鎌田 浩司 税理士の回答
    鎌田 浩司

    日本ではジョイントアカウントという考え方にはなりません。 夫婦間に贈与の意思が無ければ、全額がご主人の預金になります。 ご主人の預金から奥様の口座に送金しても、それ自体は贈与と考えません。 やむを...

    この回答を詳しく見る
  • 父親からの高額現金受け取りの際の相続税・贈与税について

    相続について質問があります。父親がマンションを売却し、売却金がすべて口座に入金されました。そのお金を私(息子)の口座に入金する場合には、相続...

    2022年05月09日 投稿

    鎌田 浩司 税理士の回答
    鎌田 浩司

    質問者が住宅の取得に充てる場合、省エネ・耐震・バリアフリーのいずれかであれば1,000万円までの非課税、教育資金の一括贈与で1,500万円まで非課税、相続時精算課税を利用すると2,500万円まで贈与税が...

    この回答を詳しく見る
  • 住民税非課税世帯の医療費負担

    昨年、世帯全員が住民税非課税です。夫婦共に40代です。その場合、今年の医療費負担の減額はあるのでしょうか?また、昨年は特に申請などしなかった...

    2022年05月06日 投稿

    鎌田 浩司 税理士の回答
    鎌田 浩司

    医療費控除は、納めた税金が戻ってくる又は納める税金が安くなる制度です。 これとは別に、医療費の一部が戻ってくるものとして、高額療養費制度があります。

    この回答を詳しく見る

監修したハウツー記事

  • 住宅資金の贈与はいくらまで非課税?「住宅取得等資金贈与の特例」について解説

    住宅取得等資金贈与の特例(住宅取得等資金に係る贈与税の非課税措置)とは、直系尊属である父母や祖父母か...

    2021年04月05日

    このハウツー記事を見る

「鎌田浩司税理士事務所」へのお問い合わせ

050-5355-4879

※お問い合わせの際は「"税理士ドットコム"をみた」とお伝えいただくとスムーズです。