鎌田浩司税理士事務所 | 札幌市中央区 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税理士検索
  3. 北海道
  4. 札幌市
  5. 中央区
  6. 西15丁目駅
  7. 鎌田浩司税理士事務所

鎌田浩司税理士事務所

北海道札幌市/西15丁目駅

お客様第一主義で、節税・適正申告を目指します。

北海道札幌市中央区 南4条西12丁目1293番地35FKヒルズ南4条203号
地図
地下鉄「西11丁目」駅から、徒歩約8分
得意分野
  • 節税
  • 相続税
得意業種
  • IT・インターネット
  • その他
料金・事例
  • 個人の相談も受付可
  • 国税庁OB税理士在籍
  • 料金・事例あり

「鎌田浩司税理士事務所」へのお問い合わせ

050-5355-4879

※お問い合わせの際は「"税理士ドットコム"をみた」とお伝えいただくとスムーズです。

お客様第一主義で、節税・適正申告を目指します。

当事務所の得意分野は、
相続税(節税)、贈与税、財産評価、譲渡所得 です。

平成27年からの増税で、相続税が注目されています。
そこで、これまでの経験を活かして「相続税の節税」と適正申告に取り組みます。

また、税理士探しのブログを書いています。
6つのポイントで税理士を探すというもの。
「目次・税理士関連ブログを検索しやすく。選び方、報酬引下げetc. 」をご覧ください。

所属税理士

鎌田 浩司 税理士 66歳/ 男性

私は、相続税や贈与税など、資産税の経験が豊富です。
永年、国税局・税務署で資産税の仕事に従事してきました。

特に、現在は、相続税の節税対策に取り組んでいます。
合法的に、賢く節税しましょう。
皆様からのご連絡をお待ちしています。

お気軽にお問い合わせください。 

鎌田浩司税理士事務所の詳細情報

事務所プロフィール
事務所名
鎌田浩司税理士事務所
所在地
北海道札幌市中央区 南4条西12丁目1293番地35FKヒルズ南4条203号
地図
アクセス
地下鉄「西11丁目」駅から、徒歩約8分
所属税理士数
1名
代表税理士
名前
鎌田 浩司
所属税理士会
北海道税理士会 
税理士登録年
2016年
得意分野・取り扱い分野
得意分野
  • 節税
  • 相続税
取り扱い分野
  • 節税
  • 確定申告
  • 相続税
得意業種・取り扱い業種
得意業種
  • IT・インターネット
  • その他
取り扱い業種
  • IT・インターネット
  • その他
取扱い会計ソフト
  • JDL

相続税の料金・事例

事例

お客様第一主義で、節税と適正申告をサポートします。

相続税は、「初めての方」が当たり前です。
 ◎ 相続税の節税申告・適正申告
 ◎ 相続税の節税対策
 ◎ 贈与税に関すること
まずは、お気軽にご相談ください。
モットーは、「分かりやすさ・丁寧さ」です。

料金

◎相続税の申告書作成
 A 基本報酬
      【遺産総額】       【基本報酬】
     6,000万円未満    250,000円(税込)
     8,000万円未満    350,000円(税込)
        1 億円未満    500,000円(税込)
   1億5,000万円未満    700,000円(税込)
        2 億円未満  1,000,000円(税込)
        2 億円以上     別途見積
   (注)
    戸籍関係、金融機関の残高証明の取得は、お客様にお願いしています。

 B 個別加算報酬
   土地の評価1か所につき     50,000円(税込)
   非上場株式の評価1社につき  150,000円(税込)

◎相続税の節税対策 
 個別性が強いため、別途見積りします。 

事務所名
鎌田浩司税理士事務所
所在地
北海道札幌市中央区 南4条西12丁目1293番地35FKヒルズ南4条203号 
アクセス
地下鉄「西11丁目」駅から、徒歩約8分

回答したみんなの税務相談

  • 親の建物のリフォームに関して

    親の建物をリフォームして2世帯住宅にする予定です。リフォーム代金2000万円は私が負担する予定です。現在100%母の建物も持分となっています...

    2022年09月23日 投稿

    鎌田 浩司 税理士の回答
    鎌田 浩司

    リフォーム後の持分を、質問者2,000/2,600、お母様600/2,600とすれば、贈与が亡くなります。 約すと、20/26は、10/13。3/13。

    この回答を詳しく見る
  • 相続時精算課税制度、本人死亡後の届出について

    相続時精算課税制度を利用しています。親と絶縁状態になり、死亡後の葬儀等、親戚にやらせるようです。現時点で200万くらい預金があるのは、絶縁前...

    2022年09月22日 投稿

    鎌田 浩司 税理士の回答
    鎌田 浩司

    相続税の基礎控除は4,200万円です。 お父様の財産と相続時精算課税の贈与額を足して、基礎控除以内なら何らの手続きは不要です。

    この回答を詳しく見る
  • 空き家の3,000万円特別控除の適用の可否について

    両親が亡くなり、相続した不動産を2,900万で売却の予定です。この際に空き家特別控除は使えますか、その他、節税はありますでしょうか。1度相談...

    2022年09月20日 投稿

    鎌田 浩司 税理士の回答
    鎌田 浩司

    補足します。 空家特例は、昭和56年5月31日以前に建築確認がなされた旧耐震建物が前提です。 このため、平成13年の建物は該当しません。 次に自己の居住用の3,000万円について。 お父様の...

    この回答を詳しく見る
  • プレミアム価格のついた車の売却利益

    車の売却で困っているのでお助けください。※金額は実際とは異なります通勤用の車を500万で買いましたしかしプレミアがついてしまい、売却すると7...

    2022年09月20日 投稿

    鎌田 浩司 税理士の回答
    鎌田 浩司

    認識のとおり非課税で問題ないと思います。

    この回答を詳しく見る
  • 障害のある孫への贈与

    重度障害者の孫30歳に税のかからない範囲で贈与したいと思っています。孫本人が手当を受け取っている口座に振込みますが、実際にオムツや衣類など生...

    2022年09月17日 投稿

    鎌田 浩司 税理士の回答
    鎌田 浩司

    贈与税がかからない制度として、特定贈与信託というものがあります。 限度額は、特別障害者6,000万円、一般障害者3,000万円。 手続きは、①信託銀行で契約して現金預貯金を預けます。 この際に...

    この回答を詳しく見る

監修したハウツー記事

  • 住宅資金の贈与はいくらまで非課税?「住宅取得等資金贈与の特例」について解説

    住宅取得等資金贈与の特例(住宅取得等資金に係る贈与税の非課税措置)とは、直系尊属である父母や祖父母か...

    2021年04月05日

    このハウツー記事を見る

「鎌田浩司税理士事務所」へのお問い合わせ

050-5355-4879

※お問い合わせの際は「"税理士ドットコム"をみた」とお伝えいただくとスムーズです。