相続税に強い税理士の無料紹介・相談 - 税理士ドットコム

税理士を無料紹介!

  • 24時間
  • 年中無休
  • 秘密厳守
  • 全国対応

通話無料 0120537024

  1. 相続税
誰かが亡くなった際にその被相続人が所有していた財産を配偶者や子供などの相続人が承継すること相続といいます。その相続財産に課せられ、被相続人が自ら申告して納税する必要があるものが相続税です。

相続税を正しく申告するには、相続や相続税について理解をして、遺産分割や相続税の計算をしっかりと行う必要があります。また、相続税申告には10か月という期限があるため、この間に行うことも必要です。また、財産をしっかりと残したい、相続税をできるだけ抑えるには、計画的に生前贈与などを行うことも必要です。

生前対策や贈与税、事業承継など相続に関連する知識や、相続の流れ・相続税の基礎控除や計算に関する基礎知識を学び、ご自身に必要な対策を行いましょう。

相続税の業務に最適な税理士をご紹介します

通話無料 0120537024
  • 24時間
  • 年中無休
  • 秘密厳守
  • 全国対応

 

生前対策

生前対策

計画的に生前贈与などを行なっていくことで、遺産分割のトラブルを防いだり、相続税を節税することにつながります。

贈与税

贈与税

1年間の間に譲り受けた財産の合計額が110万円を超えた場合には贈与税が発生し、申告・納税をする必要があります。

相続税の還付

相続税の還付

過去5年間に申告・納税した相続税を払いすぎていた場合、正しく計算して申告すればお金が還ってくることがあります。

事業承継

事業承継

会社や事業を後継者に引き継ぐことが事業承継です。相続税対策や事業の悪化を防ぐために早目に着手して計画的に進めることが重要です。

相続・相続税申告の流れ

被相続人の死亡時を基準として相続が開始されます。相続の大まかな流れは以下の通りです。相続では、相続放棄や相続税の申告・納税などのには期限内に行わなければならない手続きがあります。また、遺言書の開封など、してはいけないこともあるので、ご注意ください。

遺言書や相続財産の調査
step 1

遺言書や相続財産の調査

遺言書の有無やその内容によって、遺産分割に大きく影響するため、まず遺言があるかを確認しましょう。遺言書は勝手に開けないように注意しましょう。また、借金も含めてどのような相続財産があるのか漏らさず調査してリストアップしましょう。

遺産分割などの意思決定
step 2

遺産分割などの意思決定

相続財産を相続人の間でどのように相続するのか、話し合いによる協議を行います。なお、借金が多い場合には、相続の開始から3か月以内に、相続放棄などの手続きをとるかどうか判断しましょう。それまでに相続財産の一部を使ったりしないように注意しましょう。

相続税の申告・納税
step 3

相続税の申告・納税

相続した財産が一定額を超える場合には、相続の開始から10か月以内に相続税の申告・納税が必要です。相続税はこの期間に金銭で支払うことが原則ですが、この期間内に手続きをとって、延納や物納することもできます。

相続税の計算

相続税を正しく計算するためには、気を付けるべきポイントがいくつもあります。間違って少なく払ってしまうと、延滞税や過少申告税などのペナルティが課されます。逆に多く払いすぎて損をすることもあるでしょう。また、法定相続分や遺留分についての理解が足らないと、後でトラブルになってしまうこともありえます。相続財産を漏れなく正しく評価し、相続税の申告・納税が不要な相続税の基礎控除について正しく理解することが必要です。

法定相続

法定相続

法定相続とは法律で定められた相続財産の配分です。遺言や遺産分割で合意した内容は法定相続に優先します。ただし、最低限の財産を相続できる遺留分には注意が必要です。

詳しくはこちら
相続財産

相続財産

相続財産とされるものは、預金・不動産などだけでなく生命保険や借金など様々なものがあります。また、それをいくらと評価するかは財産ごとに定められています。

詳しくはこちら
基礎控除

相続税の基礎控除

相続する財産が一定の金額を超えない場合には相続税が非課税となり、申告・納税が必要ありません。これを相続税の基礎控除といいます。

詳しくはこちら

相続税申告の注意点

2015年1月から相続税の基礎控除が引き下げられたことで、これまでは相続税申告が不要だった多くの方が対象になりました。

身近になった相続ですが、遺産分割をするならば遺族間での話し合いが長期化する可能性もありますが、10か月という期限内に相続税申告をする必要があります。また、相続税を節税する相続対策は、長期に渡って計画的に行わなければ、あまり効果も見込めません。

被相続人の悲しみが増えることを防ぐためにも、事前に、または相続が発生すると分かった段階で早めに税理士に相談してみると良いでしょう。

このページでは、相続に関する基礎知識から相続税の節税対策までの解説記事やまとめ記事などもご紹介しているので、参考にしていただけると幸いです。

相続に関する基礎知識

相続は被相続人の死亡によって開始されます。相続では、誰がどのような割合で遺産を相続するのかということは法律で定められています。一般的にはそのルールによって相続をするのですが、遺言書によってそれを変更することもできます。また、遺言書がない場合でも相続人によっては、定められた以上の割合を相続することもできたり、相続人となることができないこともあります。

相続した財産が基礎控除額と呼ばれる基準以上の場合には、被相続人の死亡から10ヶ月以内に税務署へ相続税申告と納税が必要となります。

以下の記事では、このような相続に関する基礎知識から、相続税申告書の記入例や作成手順までをまとめています。

相続税の節税対策

相続税の納税義務が発生するケースでは、不動産などの財産が含まれることが多く、その納税額が高額となるケースも少なくありません。

しかしながら、相続によって残された財産は遺族の今後の生活基盤となるものです。そのため、相続に関しては、控除や節税につながる仕組みが用意されています。

相続が発生した後にできる節税には限りがありますが、相続が発生する以前から相続税対策を行うことで、大きく節税することもできます。

自分に合う税理士がわからない!

そんな方は無料紹介サービスへ!
税理士選び〜契約までをサポート

通話料無料 0120537024

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 秘密厳守

お問い合わせする

相続税に関する税務相談

相続税の申告について(3年以内の生前贈与の意味合い)

母の相続に関して相続税の申告でわからないことがあります。母の死去する1年半前に母から私名義の口座に200万の入金がありました。当時母はすでに寝たきりとなっており...

税理士回答数 :  1 2017年03月01日 投稿

同族会社の株式譲渡における適正な譲渡金額について

同族会社の非上場株式を親族間で譲渡しようとしています。 父が代表取締役、母が取締役を務めており、主に不動産賃貸業を行っております。 両親から、高齢になってきた...

税理士回答数 :  1 2017年02月28日 投稿

夫婦間と親子間の相続についてご相談します。

家族は母、私(長女)、弟、弟の妻、弟の子の五人です。 母と私は自宅で同居、弟夫婦らは独立して別居しています。 自宅は父の名義ですが、その父は3年前に亡くなりまし...

税理士回答数 :  1 2017年02月27日 投稿

遺産分割協議書についてご教示お願いいたします。

遺産分割協議書についてご教示ください。 記載内容が多く、A4一枚に収まらず2ページになりました。 各人の実印は住所氏名の記載箇所(2ページ目に記載)に押すだけ...

税理士回答数 :  1 2017年02月25日 投稿

同族企業への建物売却と地代の設定について

同族企業へ収益物件(アパートと貸家)の建物部分のみを売却する方法で相続財産の増加を抑えようと思っています。(借地権無償返還届) 以下ご教授ください。 1.建物の...

税理士回答数 :  2 2017年02月24日 投稿

相続税の中から絞り込んで解決策を探す

税理士の無料紹介

税理士選び〜契約までサポート

  • 24時間
  • 年中無休
  • 秘密厳守
  • 全国対応

通話無料 0120537024

税理士紹介サービスの詳細はこちら

登録税理士数
2,150
相談件数
23,286

「税理士ドットコム」を騙る業者にご注意ください!

税理士ドットコム トピックス

  • 新着記事
  • ランキング

「税理士に頼むべき?」という質問でも構いません

お客さまのケースに合わせて、最適な税理士をピックアップ

税理士無料紹介の24時間受付相談窓口

通話料無料 0120537024