確定申告を代行できる専門家は誰?依頼時のポイントやメリット・デメリット

税理士の無料紹介サービス24時間受付

05075866955

  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 確定申告のハウツー
  4. 確定申告を代行できる専門家は誰?依頼時のポイントやメリット・デメリット

確定申告を代行できる専門家は誰?依頼時のポイントやメリット・デメリット

監修: 那須野 勇気 税理士

確定申告を正確に手続きするには、専門知識と十分な作業時間が必要なことは言うまでもありません。けれども、本業が忙しい等の様々な事情も重なって、確定申告のことは後回しになりがちな方も多いのではないでしょうか。

そのような場合、期限ぎりぎりになって慌てて対応するよりも、「専門家に確定申告を代行してもらう」方が良いかもしれません。

目次

確定申告の代行ができるのは?

記帳代行サービスなど、税務関連の様々なサービスや専門家を目にすることもあるかもしれませんが、確定申告の代行を依頼できる専門家は限られています。

まずは誰に頼むことができるのかについて確認しましょう。

税務代行は「税理士」のみ

税務に関する業務を代行を依頼できる専門家は、報酬の有無に関わらず「税理士」に限られています

このことは税理士法によって「税理士または税理士法人以外は原則として税理士業務をしてはいけない」と規定されているためで、ここでいう税理士業務とは以下のことです。

  • 税務代理
  • 税務署類の作成
  • 税務相談

もちろん、確定申告も税理士業務に当てはまります。したがって、確定申告の代行を依頼する場合は「税理士」でなければならない点を覚えておきましょう。

税理士登録している「公認会計士」や「弁護士」も可能

税理士資格は税理士試験に合格した者以外にも、「公認会計士」や「弁護士」にも認められています。

したがって、これらの専門家が「税理士登録」している場合には、税理士としての業務もできるため、確定申告の代行をお願いすることもできます。

税務の代行を依頼するメリット・デメリット

次に、確定申告の代行を税理士に依頼するメリット・デメリットについて確認します。

メリット「正確に確定申告してもらえたり、本業に集中できる」

税理士は税務のスペシャリストであり、確定申告手続きにも精通しています。

そのため、税法に則った形で正しく確定申告を行えます。確定申告自体は申告者自身でもできることですが、もし申告内容に誤りがあれば「追徴課税」などのペナルティを受ける可能性もあります。

その点、税理士に依頼していればこうした心配をせずに確定申告が完了できます。

また、確定申告書の作成や必要書類の用意など、不慣れな場合な思っている以上に多くの時間を作業に費やさなければなりません。

その結果として本業がおろそかになってしまう可能性もあるでしょう。税理士に代行の依頼をしておけば、本業に注力することができます。

デメリット「依頼費用が発生したり、お金のやり取りに疎くなる」

税理士に依頼する場合は、いくらかの報酬を支払わなければなりません。

報酬額の相場については後述しますが、事業をはじめたばかりだったり小規模事業であれば、金額によっては負担になる場合もあるでしょう。

そのほかにも、専門家に税務業務を任せっきりになってしまうことで、自身の金銭感覚が疎くなる恐れもあります。日々の仕訳や確定申告書の作成をすれば、売上や費用を把握できますが、その機会がなくなってしまいます。

税理士に丸投げせず自分で記帳することを「自計化」といいますが、自計化したり任せきりでなく決算書を読めるようになったりすれば、この点は問題ではないでしょう。

確定申告の代行費用の相場

確定申告の代行を依頼する場合には、相場はどの程度なのでしょうか。

税理士報酬は「自由報酬」のため、税理士事務所によって差はありますが、目安としては以下のとおりになっています。

申告書作成のみなら「数万円程度から」

税理士に確定申告書の作成を依頼する場合は、数万円程度で作成してもらえます。また、費用の決まり方は「売上高」などによって異なっており、例えば下記のとおりとなっています。

  • 売上高500万円未満:5万円前後
  • 売上高1,000万円未満:7万円前後
  • 売上高3,000万円未満:10万円前後

こちらの相場価格は青色申告時の依頼費用となっています。白色申告であれば半額程度が目安となるでしょう。

記帳代行も依頼するなら「作成費用+月額料金」

もし税理士に確定申告書の作成だけでなく、記帳代行も依頼するのであればさらに別途費用が発生します。記帳代行の費用は仕訳数に応じて、大体以下のような相場です。

  • 100仕訳以内:1万円前後
  • 101~400仕訳以内:2万円前後
  • 400仕訳超:3万円以上

したがって、確定申告書の作成に加えて記帳代行も依頼する場合には「申告書作成費用」と別に、「記帳代行費用」も必要になります。

確定申告を依頼する際のポイント

確定申告を依頼するときに抑えておきたいポイントを解説します。

早めに税理士を探す

中には確定申告書の作成を後回しにしてしまう人もいるでしょう。

その結果、申告間際になってから税理士に慌てて依頼するような場合もあるかもしれません。しかし、申告間際になると受付を締め切っている可能性もありますので、なるべく早めに依頼するようにしましょう。

伝票の管理などを忘れないようにする

いくら税理士といえども、依頼主が伝票の管理をおろそかにしていては申告書などを作成することはできません。

もし、確定申告書だけを依頼するのであれば、伝票管理や帳簿作成は確実に行うようにしましょう。

依頼したいサービスを明確にする

税理士にどんなことを依頼したいのかについて明確にしておくことも大切です。

申告書の作成だけでいいのか、記帳もお願いしたいのか、それとも節税対策のアドバイスも受けたいのかなど、明確な目的をもって税理士に依頼するようにしましょう。

おわりに

税理士報酬は税理士事務所によって異なるため、複数人に見積もりをお願いして、サービスや価格を比較することをおすすめします。

税理士に税務相談したいときは

クラウド税務相談」では、税理士探しの手間をかけずに、低コストで税務相談が可能です。トークルームは非公開なので、具体的な所得金額などの書き込みもOK。24時間お好きなタイミングで相談を投稿いただけます。

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る
他の税務相談を探す
分野

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る