経営者が見るべき決算書の3つのチェックポイント - 税理士ドットコムハウツー

税理士を無料紹介!

  • 24時間
  • 年中無休
  • 秘密厳守
  • 全国対応

通話無料 0120537024

  1. 経営者が見るべき決算書の3つのチェックポイント

経営者が見るべき決算書の3つのチェックポイント

はじめに

会社の経営者は常に経営判断を迫られる立場にあります。適切な経営判断ができなければ、業績を上げることができず会社の存続にも影響が出るでしょう。適切な経営判断をするために必要な情報はいくつかありますが、重要なものの1つとして決算書があります。今回は、経営者が注意してみるべき3つの決算書のポイントを解説します。

目次

貸借対照表の見るべきポイント

経営者が注意してみるべき決算書の1つが「貸借対照表」です。

貸借対照表は、決算日現在の財政状態を示すものです。会社が持っている財産の内訳である資産、会社が将来支払わなければならない負債、そしてその差額で、会社に返済義務のない純資産がわかります。

貸借対照表で知っておきたいポイントの1つは、会社が持っている財産のうち、会社に返済義務のない純資産がどれくらい占めるかというバランスです。

持っている財産が、将来返済する必要のない純資産で賄われている割合が高い方がより安全と考えられます。資産に対しての純資産の比率を自己資本比率と言います。

自己資本比率(%)=純資産÷資産×100

一般的にはこの数値が50%を超えていると超優良水準、逆に10%を下回っていると危険水準とされています。

貸借対照表で知っておきたいポイントの2つ目は、短期的に資金化できる資産と、同じく短期的に支払うべき債務のバランスです。

短期的な資産は流動資産と呼ばれ、現預金、売掛金、1年以内に返済期限がくる貸付金などが該当します。短期的な負債は流動負債といい、買掛金や1年以内に返済期限が到来する借入金などが該当します。流動資産が流動負債よりも多い状態を保つようにすることがポイントです。流動負債に対しての流動資産の比率を流動比率といいます。

流動比率(%) = 流動資産 ÷ 流動負債 × 100

この数値が100%を下回っていると、流動負債が上回っているので要注意です。一般的には、120%以上が適切といえるひとつの目安となります。

損益計算書の見るべきポイント

経営者が知っておくべき決算書の2つ目は「損益計算書」です。

損益計算書とは、会社の売上などの収益や人件費や仕入原価などの費用、そしてその差額である利益、つまりその事業年度にどれほどの利益が獲得したのかがわかる決算書です。

損益計算書を見るときのポイントとしては、損益計算書の利益には複数の種類があるため、その目的によってチェックすべき利益が異なる、ということが挙げられます。

売上から仕入れコストなどの売上原価を引いたものが「売上総利益」ですが、この利益を見ることで商品力がわかります。

売上総利益から営業コストや管理コストを引いたものを「営業利益」といいます。この利益を見ることで本業の力を判断できます。

さらに、金利の受取りや支払いなどの財務収益と費用まで考慮した利益は「経常利益」と呼ばれ、会社の実力を表すといわれています。

損益計算書の分析をする場合は、利益の種類と性格の違いを理解しておくことが重要です。

キャッシュフロー計算書のポイント

経営者が知っておきたい3つ目の決算書は「キャッシュフロー計算書」です。

キャッシュフロー計算書は事業期間のお金の流れを示すものです。たとえ売上があったとしても、実際に使えるお金がなければ、会社は潰れてしまいます。会社にキャッシュがいくらあるかを知ることができる計算書です。

キャッシュフロー計算書のポイントは、その入出金が営業と投資と財務の3つに区分されていることです。

最重要なキャッシュフローは「営業キャッシュフロー」になります。文字通り営業活動により資金がどれだけ生み出されているかを表すものです。通常、この数値はプラスになることがほとんどです。なお、営利利益と比べたときに大きく下回っている場合には問題があります。在庫、売掛金、買掛金などを調べてみましょう。

設備投資をした場合は、「投資キャッシュフロー」に区分されます。そのため、多くの場合、資金が出ていくことを表すマイナスの数値になります。

最後は「財務キャッシュフロー」です。資金調達や返済、配当金支払いなどがここに含まれます。マイナスであることが多いですが、融資を受けたり、増資をした場合には、プラスになります。

経営者は、資金の流れをこの3つの区分で常に把握するように心がけることが重要です。

おわりに

「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」の見るべきポイントを簡単にご紹介しました。それぞれの決算書の詳しい読み方・チェックポイントは関連記事のページも参考にしてみてください。

決算申告に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

決算申告に関する税務相談Q&Aをみる

子会社の判定について

2014年06月16日 投稿 財務諸表等規則上の子会社判定の中に ●議決権の40%超50%未満を直接所有していて、 さらに会社を支配していると認められるような特別な関係がある場合 ...

税理士回答数 :  1

有限会社の任意整理、滞納している個人の源泉徴収税はどうなる?

2014年06月16日 投稿 有限会社を任意整理( 会社解散) した場合、それまで滞納していた源泉徴収税は個人としては支払わなくてよいのでしょうか?支払うとしたら分納( 分割)はできますか?...

税理士回答数 :  1

受取利息の源泉税及び利子割について

2014年06月16日 投稿 会社の経理の者です。 法人の決算処理で税額についてですが 繰越し欠損金があるので当期は課税所得はゼロなのですが 受取利息が500円ありまして そ...

税理士回答数 :  1

決算申告の遅れ

2014年06月16日 投稿 諸事情があり決算申告の書類を期限までに出すことが難しい状況です。 その場合おさめる税金の延滞税がかかることと思います。 今回の決算は赤字でしたので赤字を繰り越し...

税理士回答数 :  1

法人税に関しての質問

2014年06月16日 投稿 前期まで赤字で繰越欠損金が3,000万円あります。 当期は1,000万円の黒字になりそうなのですが、来期は更に黒字になる予定です。 そこで、当期の決算では繰越欠...

税理士回答数 :  1

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
通話無料 0120537024
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応