初心者でもスグ理解!損益計算書・貸借対照表とは何か? - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

05075863695

  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 決算申告
  4. 決算申告のハウツー
  5. 初心者でもスグ理解!損益計算書・貸借対照表とは何か?

初心者でもスグ理解!損益計算書・貸借対照表とは何か?

「損益計算書・貸借対照表って何のためにあるの?どうやって作るの?」そんな声にお答えして、会計初心者向けに損益計算書・貸借対照表とは何か、その作り方の大まかな流れをご説明いたします。

目次

財務諸表とは

企業は、ステークホルダーに対して経営成績や財務状況を明らかにする必要がありますが、そのために作られる書類を「財務諸表」と呼びます。損益計算書と貸借対照表はこの財務諸表に含まれます。

日本の会計基準では、主な財務諸表は以下の4つです。

  • 貸借対照表:ある時点での財務状況を表すもの
  • 損益計算書:一定期間における経営成績を表すもの
  • キャッシュ・フロー計算書:一定期間における資金の増減を表すもの
  • 株主資本等変動計算書:純資産の変動状況を表すもの

損益計算書とは

損益計算書は「P/L」(Profit and Loss Statement)とも呼ばれ、「一定期間における経営成績(収益から費用を引いた利益)」を表します。

子どもの頃につけた「お小遣い帳」のような書類ですのでイメージしやすいと思います。「月1,000円のお小遣いを貰った」というのは、収益です。「お菓子に200円使った」というのは費用で、「1年間色々あった挙句、最終的にはプラスマイナスゼロだった」というのが利益です。

貸借対照表とは

貸借対照表は「B/S」(Balance Sheet)とも呼ばれ、「ある時点における財務(資産、負債、純資産)状況」を表します。

「お小遣い帳」のような私生活で例えれば、「自己資金ゼロの人がローンで1,000万円の家を買う」ことを想像してください。その人は家という1,000万円の資産を持っていますが、ローンなのでその1,000万円は丸々負債であり、自己資金ゼロなので純資産も0円です。

なお、損益計算書と貸借対照表は、複式簿記という方法で同時に作成されます。

損益計算書と貸借対照表の作り方

損益計算書をつくるためには、以下のステップを経る必要があります。

  1. 取引
  2. 仕訳
  3. 勘定
  4. 試算表
  5. 損益計算書・貸借対照表

それぞれのステップごとにみていきましょう。

取引

まずは、「会社のお金が動くイベント」が起こります。例えば、取引先を接待して、現金で20,000円を支払ったとします(以後、「ケースA」と呼びます)。

仕訳

どのようにお金が動いたかを、勘定科目と金額で表現します。ケースAを仕訳する場合、「『交際接待費』という経費が2万円増えて、『現金』という資産が2万円減った」と表します。

勘定

勘定科目ごとに取引をまとめます。ケースAを含めて、勘定科目に交際接待費が含まれる取引を集めます。

試算表

勘定を集計します。ケースAと同様の取引が年間に10回あれば、交際接待費は20万円となります。

損益計算書・貸借対照表

集計した数値を損益計算書のフォーマットに転記します。以下の損益計算書例をみていただくと、交際接待費は、「販売および一般管理費」の中の「一般管理費」の中の一分野であることが分かります。

損益計算書(P/L)のイメージ

なお「現金」は「資産」の中の一分野ですが、上記損益計算書には「資産」の文字がありません。「資産」は貸借対照表にかくからです。

「収益と費用は損益計算書に転記し、資産と負債と純資産は貸借対照表に転記する」と覚えてください。

貸借対照表の例は以下の通りです。

賃借対照表(B/S)のイメージ

おわりに

損益計算書・貸借対照表の意義、作り方をお分かりいただけたでしょうか。

なお、会計ソフトを使用して記帳すれば、損益計算書・貸借対照表はかんたんに作成することができます。もちろん「仕訳もしたくない」という人は税理士にお任せすることも可能です。

税理士をお探しの方は税理士紹介サービスをご利用ください。

決算申告に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

決算申告に関する税務相談Q&Aをみる

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応