青色申告と白色申告を徹底比較!タイプ別にオススメを聞きました - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

通話無料 0120537024

  1. 青色申告と白色申告を徹底比較!タイプ別にオススメを聞きました

青色申告と白色申告を徹底比較!タイプ別にオススメを聞きました

はじめに

フリーランスにとって悩ましい確定申告。記帳や申告書の作成に手間がかかる、ということ以外にも、青色申告と白色申告のどちらにするかで毎年悩む人も多いのではないでしょうか。このページでは、そういった人やフリーランスになったばかりで初めての確定申告をする人に向けて、青色申告と白色申告の違いや、どちらを選んだ方が良いのかをご説明いたします。

目次

確定申告の種類

事業を行っている人の義務になっている確定申告は、大きく分けると「白色申告」と「青色申告」の2種類があります。青色申告をすると、税金が免除される特別控除枠が用意されているのですが、この特別控除が10万円と65万円の2種類に分けられます。つまり以下のように3種類に分かれます。

  1. 白色申告-特別控除0円
  2. 青色申告-特別控除10万円
  3. 青色申告-特別控除65万円

白色申告・青色申告の違い

白色申告と青色申告にはどのような違いがあるのか、以下に一覧表と解説をまとめました。簡単に言うと、白色申告は簡易に記帳を行って申告できます。一方の青色申告は、白色申告よりもしっかりと記帳を行って申告をする代わりに、節税できるメリットが用意されています。

 白色申告青色申告
事前の届出 不要 必要
記帳方法 簡易簿記 簡易簿記 複式簿記
貸借対照表 不要 必要
損益計算書 不要 必要
特別控除額 0円 10万円 65万円
赤字の繰越 不可 最長3年まで可
減価償却の一括計上 10万円未満なら可 30万円未満なら可
専従者給与の経費計上

配偶者は86万円、

その他家族は50万円

まで可

制限なし

事前の届出

青色申告をするには、その年の3月15日までに事前に届出を行い、税務署の承認を得る必要があります。確定申告をする直前になってから青色申告をしようと思っても間に合いませんので、しっかりと理解して計画的に進めましょう。その年の1月16日以後、新たに事業を開始したり不動産の貸付けをした場合には、その事業開始等の日から2月以内に届出が必要です。

記帳方法

白色申告の記帳については、以前は不要で済むケースもあったのですが、平成26年以降は改正されて一律義務化されました。青色申告の特別控除65万円では、複式簿記という方法での記帳が必要です。

複式簿記は、簡易簿記に比べると記帳の手間は増えます。しかし、最近は会計ソフトを利用することでその手間も大きく軽減されています。

貸借対照表・損益計算書

青色申告では、確定申告をするときに決算を行い、貸借対照表・損益計算書を作成して提出する必要があります。白色申告では、簡易な収支内訳書の作成で足ります。

様々な節税のメリット

青色申告を行うと、10万円または65万円の特別控除以外にも様々な節税メリットを得ることができます。パソコンなどの減価償却資産を30万円まで一括経費に計上したり、家族に手伝ってもらって支払った給与を無制限に経費計上することで、節税につなげられます。

青色申告をすると赤字を繰り越すこともできる

さらに、赤字になった場合にその赤字分を3年間繰り越すことができるメリットもあります。例えば、起業した直後などはどうしても赤字になるケースも多いでしょう。

起業1年目に100万円の赤字が出て、2年目に100万円の黒字になった場合でも1年目の赤字100万円と相殺することができるので、所得金額は0円となり事業所得には税金がかからないことになります。この赤字の繰越によって「赤字は資産」とも言われます。

どちらを選択すべきか?

それでは、実際に白色申告と青色申告のどちらを行うのが良いのでしょうか?結論から言うと、青色申告を利用することをおすすめします。

特別控除額の有無、赤字の繰越、節税の幅が広いなど青色申告には様々メリットがあります。

白色申告でも記帳が義務化されたことで手間の差が小さくなったこと、会計ソフトを利用することで記帳や申告の手間だけでなく難易度も下がったためです。ちょっと副業をしていたり、年度の途中から事業を始めたなどで、売上や経費があまり多くない、今後も大きく伸びる予定がない人を除けば、頑張って青色申告をした方がメリットが大きいと言えるでしょう。

迷ったら青色申告の事前申請をしておく

しかしながら、実際にやってみないとどれくらい手間がかかるのか分からない、と決心がつかない人も多いのではないでしょうか。そのような場合には、青色申告の事前申請をしてしまうことをおすすめします。青色申告の事前申請をした上で白色申告をすることもできます。手続きやペナルティもありません。事業を今後成長させることを考えている方は、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

→税理士をお探しの方はこちら

青色申告に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

青色申告に関する税務相談Q&Aをみる

青色申告の申請期限について

2014年06月16日 投稿 現在、フリーターの者です。 iPhoneアプリの開発・販売を行っておりまして、 今年の1月から、売上が出てきました。 4月になり、売上が大きくなってきたので...

税理士回答数 :  1

扶養範囲内収入フリーランスが給与所得を得る場合について

2014年06月18日 投稿 質問させていただきます。 現状について ●私は現在フリーランスとして働いており、2年前から確定申告(青色)でやっております。 昨年の収入としては【...

税理士回答数 :  1

妻を青色専従者にする際のアドバイスが欲しいです。

2014年08月29日 投稿 アパレル系のフリーランスをやっています。 節税対策で妻を青色専従者にしたいと思っています。 去年の所得が450万で、今年もそれ位になる見込みです。 妻への...

税理士回答数 :  1

青色専従者のパートについて

2014年09月07日 投稿 アパレル系の個人事業主をやっているものです。従業員はいません。 来年から専業主婦だった妻を青色専従者として給料を払おうと思っています。 仕事の内容は経理・事...

税理士回答数 :  1

ふるさと納税の仕分け方法について。個人事業で青色申告です。

2014年09月23日 投稿 ふるさと納税を1万円分寄付したのですが、帳簿の付け方がわかりません。 2千円負担で、8千円控除となるようですが、勘定科目、仕分け方法を教えていただけないでしょ...

税理士回答数 :  1

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
通話無料 0120537024
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応