どうやって税理士を探す?探し方別のメリット・デメリットや税理士選びのポイント - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

05075867700

  1. 税理士ドットコム
  2. 顧問税理士
  3. 顧問税理士のハウツー
  4. どうやって税理士を探す?探し方別のメリット・デメリットや税理士選びのポイント

どうやって税理士を探す?探し方別のメリット・デメリットや税理士選びのポイント

「税理士に確定申告を依頼したい」「顧問税理士をつけたい」などと考えたとき、どのように税理士を探せばよいのでしょうか。

このページでは、これから税理士を探す方のために、探す方法とそれぞれのメリット・デメリット、税理士選びのポイントまで解説します。

目次

税理士の探し方とメリット・デメリット

税理士の探し方は主に以下の5つの方法があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

近隣の税理士事務所に連絡

まず、自宅や事務所の近くを探す方法があります。

電話帳を使ったり、実際に近隣を歩いたりして見つけた税理士事務所に連絡して、依頼を受けてもらえるか、面談はいつできるかを確認してみましょう。

メリットは、近場の税理士に依頼できること、デメリットは他の事務所と比較できないことと、探す時間ややりとりする手間がかかることなどが挙げられます。

インターネット検索

ひと昔前までは前述の方法が主流でしたが、今はインターネットで近場の税理士など希望に合う税理士を探すことができます。

「地域名 税理士」や「相続 税理士」などと検索し、気になる税理士事務所があれば、依頼を受けてもらえるか、面談できるかを確認してみましょう。

メリットは、多数の税理士事務所と比較できること、デメリットは探す時間がかかることや情報量が多く自分で良し悪しが判断できないこと、などが挙げられます。

知人や取引先からの紹介

知り合いから紹介してもらうというのも方法のひとつです。

探す手間が省けるというメリットがある反面、自分の希望に合った税理士ではなかったり、紹介相手との関係によっては途中で契約解除したい場合伝えづらいなどのデメリットもあります。

良い税理士だから、と紹介されても、自分にとっても良い税理士であるとは限りません。相性や求めるサービスによって異なりますので、紹介されたからといってすぐ契約はせず、きちんと面談してから検討することをおすすめします。

税理士会や商工会議所からの紹介

税理士会や商工会議所から紹介を受ける方法もあります。

税理士会各支部のサイトで税理士を検索できるページがありますので、必要な情報を入力して探すことができます。インターネットで検索するのとほぼ同じですが、税理士に特化しているので探しやすいというメリットがあります。

また、税理士会や商工会議所が行っている相談会や税金セミナーなどで、税理士を探していることを伝えると紹介してもらえるようになっています。

その場で税務相談ができるため、事前に人柄など相性面を見ることができるメリットがあります。

デメリットとしては、必ずしもその税理士が依頼を受けられるとは限らないことが挙げられます。税理士は税の専門家ですが、税目によって得手不得手があり、たとえば税務調査専門、相続専門など顧問税理士は受けていないというケースもあるのです。

なお「相談員をやっている=良い税理士」ではないので、やはりこの場合も契約前に改めて面談するようにしましょう。

税理士紹介サービス

一般の企業でも、事業として税理士の紹介サービスを行っているケースがあります。

紹介会社によって多少異なりますが、サービスのおおまかな流れは「依頼者の要望に基づいて希望条件に合う税理士を紹介し、契約までサポート」という内容が主流です。

専門スタッフが条件にあった税理士を探し、税理士のプロフィールなどの詳細情報を元に数名紹介するという仕組みのため、比較検討できるメリットがあります。

また、探す手間が省けるだけでなく、面談設定から契約までのサポートが受けられるので、はじめて税理士を探す方や多忙な人にとっては特におすすめです。

一方で、希望に合った税理士が見つかるかどうかは、紹介会社のサービスの質に左右されてしまうという懸念点があります。また、必ずしも希望通りの税理士が複数名見つかるとは限らず、他の税理士と比較できない可能性もあります。

税理士選びのポイント

基本的には複数の候補の中から選ぶのが一般的ですが、どのように選んだらよいか分からないという方は多いでしょう。

税理士選びでは、主に以下の2つがポイントになります。

  • 契約前に面談をする
    面談を通じて、料金やサービスのほか、「顧客に対する接し方が適切か」「積極性を感じるか」「自分との相性が良いか」といった点を確認しましょう。
  • 契約時に面談で話した内容と齟齬がないか確認する
    面談時に口頭確認したからといって、実際の契約時に内容を確認せずに締結してしまうと、のちのトラブルを引き起こす原因となります。

料金やコミュニケーションのとり方、事務所との距離など重視すべき点をあらかじめ確認して面談に臨み、契約時に再確認するのが失敗しない税理士の選び方となります。

ニセ税理士に注意

自分で探したり人から紹介されたりといった場合だと、税理士資格がない「ニセ税理士」の可能性も少なからずあるため注意が必要です。

「税務相談」「税務代理」「税務書類の作成」の3つの業務は、税理士の独占業務となっており、税理士会連合会の税理士名簿に登録を行っている税理士しか行うことはできないと決まっています。

ニセ税理士に依頼してしまった場合、依頼主に罰則はありませんが、知らない間に脱税してしまっていたり、税務書類に署名捺印がもらえなかったりといったリスクがあります。

はじめての税理士探しは「税理士紹介サービス」の利用がおすすめ

先程も述べたとおり、はじめて税理士を探す場合や多忙な方は税理士探しをおまかせできる「税理士紹介サービス」を利用してみるとよいでしょう。そこで一例として、税理士ドットコムにおける税理士紹介サービスを利用した際の流れをご紹介します。

税理士ドットコムの「税理士紹介サービス」の使い方

税理士ドットコムの税理士紹介サービスは、プロのコーディネーターが税理士の得意分野、得意業種、年齢、経験・実績、所在地などのニーズに合わせて最適な税理士をご紹介するサービスです。はじめての税理士探しから、税理士の変更まで承ります。

ご相談から最短当日〜1営業日を目安に税理士のご紹介が可能で、何度でも無料でご利用いただけます。

お問い合わせからご契約までの流れは以下のとおりです。

  • ご相談
    まずは電話または専用フォームからお問い合わせください。その後専門のコーディネーターがお客様の状況やご要望をヒアリングします。
  • ご紹介
    ご希望の条件に合う税理士をお探しして、お客様に紹介します。
  • ご面談
    ご紹介した税理士のなかから実際に会ってみたい税理士をお選びいただき、その税理士との面談の日程調整を行います。
  • ご契約
    面談した税理士と契約するかどうかをコーディネータにお伝えいただき、コーディネーターから税理士にご意向をお伝えいたします。面談した手前断りづらい、という方もご安心ください。

たとえば、「相続税の相談をしたい」「開業するので顧問税理士を探している」など、税理士探しでお困りのことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

まずは自分で探したいという方は「税理士検索ページ」にて、エリアや業種、依頼内容など細かい条件を指定して検索することもできます。

税理士ドットコムに登録している税理士は、税理士会連合会の税理士名簿に登録を行っている税理士のみですので、ニセ税理士の心配なく、安心してご利用いただけます。

顧問税理士に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る
他の税務相談を探す
分野

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る