公認会計士・税理士森川智之事務所(森川智之税理士) | 神奈川県横浜市 | 新羽駅 - 65,000件を超える税理士事務所の登録税理士や地図情報なら - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税理士検索
  3. 神奈川県
  4. 横浜市
  5. 港北区
  6. 新羽駅
  7. 公認会計士・税理士森川智之事務所
Amazonギフト券 5000円分 プレゼントキャンペーン実施中!

公認会計士・税理士森川智之事務所

神奈川県横浜市/新羽駅

経営者の「志」の実現をお手伝いいたします

神奈川県横浜市港北区 大倉山6丁目21番8-103号
地図
東急東横線 / 大倉山駅から徒歩17分
得意分野
  • 顧問税理士
  • 資金調達
  • 節税
得意業種
  • 飲食
  • 流通・小売
  • IT・インターネット
  • 教育
  • NPO法人
料金・事例
  • 国際会計対応可
  • 英語対応可
  • 料金・事例あり

「公認会計士・税理士森川智之事務所」へのお問い合わせ

050-5452-6502

※お問い合わせの際は「"税理士ドットコム"をみた」とお伝えいただくとスムーズです。

経営者の「志」の実現をお手伝いいたします

<代表挨拶>
公認会計士・税理士の森川です。
当事務所のページをご覧いただきありがとうございます。

私は1991年(平成3年)に公認会計士二次試験に合格したのちに大手監査法人に勤務し、1999年(平成11年)に独立しました。
監査法人時代には、大企業の監査部門でなく、中堅企業向けのサービスを行う部門を希望し、IPO支援、M&A、経営再建、会計監査などの仕事に携わってきました。独立後も、スタートアップ、上場を目指す企業、上場企業と業種、規模を問わず様々なお手伝いをさせていただきました。

会計専門家としての知識・経験・人脈を総動員し、税務・会計・財務にまつわる課題の解決を通じて、経営者の「志」の実現をお手伝いすることが私の使命です。
これからも信頼される経営参謀、経営のパートナーとなれるようにベストを尽くします。
税務・会計・財務の悩みや不安がありましたら、ぜひ一度気軽にご相談いただければと思います。

所属税理士

森川 智之 税理士 男性
公認会計士

<略歴>
平成3年10月 公認会計士二次試験合格
平成3年10月 監査法人トーマツ入所
平成11年1月 監査法人トーマツ退職
        公認会計士森川智之事務所代表(現職)
平成15年8月 森川智之税理士事務所代表(現職)

<著書>
「決断力を高めるビジネス会計」(中央経済社)
「知っておきたい会計実務に携わる人のための会社法と会社実務」(税務経理協会 執筆参加)
「《スタンフォード・ビジネススクールが教える》財務諸表の読み方DVD」(日本経営合理化協会 監訳) 

公認会計士・税理士森川智之事務所の詳細情報

事務所プロフィール
事務所名
公認会計士・税理士森川智之事務所
所在地
神奈川県横浜市港北区 大倉山6丁目21番8-103号
地図
アクセス
東急東横線 / 大倉山駅から徒歩17分
所属税理士数
1名
代表税理士
名前
森川 智之
所属税理士会
東京地方税理士会 
税理士登録年
2003年
得意分野・取り扱い分野
得意分野
  • 顧問税理士
  • 資金調達
  • 節税
取り扱い分野
  • 顧問税理士
  • 資金調達
  • 節税
得意業種・取り扱い業種
得意業種
  • 飲食
  • 流通・小売
  • IT・インターネット
  • 教育
  • NPO法人
取り扱い業種
  • 不動産
  • 金融
  • 飲食
  • 流通・小売
  • 建設・建築
  • IT・インターネット
  • 運輸・物流
  • 製造
  • 教育
  • 旅行・ホテル
  • アミューズメント・レジャー
  • ファンド
  • NPO法人
  • 一般社団法人
取扱い会計ソフト
  • 弥生会計
  • マネーフォワード
  • freee

顧問税理士の料金・事例

事例

税務だけでなく、財務、会計、組織づくりなどマネジメント全般のアドバイスを行います

当事務所の税務サービスは、経験豊富な代表公認会計士・税理士がクライアントの窓口となり、税務だけでなく、財務、会計、組織づくりなどマネジメント全般のアドバイスを行います。

また、できるだけコストを抑えたい、税金対策についてしっかり相談したい、税金に限らず幅広く相談にのってもらいたいなど、クライアントのニーズに応じてきめ細かく対応可能です。

料金

会社の規模や面談の頻度・方法などクライアントのニーズに応じてお見積もりいたします。

事務所名
公認会計士・税理士森川智之事務所
所在地
神奈川県横浜市港北区 大倉山6丁目21番8-103号 
アクセス
東急東横線 / 大倉山駅から徒歩17分

回答したみんなの税務相談

  • 【仮想通貨】売却額以上の金額が課税対象になるケースの計算について

    以下の事例ですと現状のルールでは売却額以上の金額が課税対象になってしまいますが、計算方法は正しいかご回答いただけますでしょうか?国税庁の参照...

    2020年11月28日 投稿

    森川 智之 税理士の回答
    森川 智之

    > 以上のように売却額(200万円)以上の金額が課税対象(268万円)になりますが、こちらの計算で正しいでしょうか? 概ね計算は正しいと思われます。 細かい点を言えば、マイニングにより取得した時...

    この回答を詳しく見る
  • 年をこえた仮想通貨の損益計算について

    2017年に200万円分の仮想通貨Aを購入し、2020年に仮想通貨Aが150万円分に下落したため売却しました。その後仮想通貨Bを150万で購...

    2020年11月27日 投稿

    森川 智之 税理士の回答
    森川 智之

    > 以上の場合、2020年の課税対象は仮想通貨Bの利益30万として計算されるのでしょうか? > それとも、仮想通貨Bの利益30万円に対して2017年から50万円下落した仮想通貨Aを–50万円として計算...

    この回答を詳しく見る
  • 為替差益の通算について

    為替差益を計算する場合に株式の譲渡損益と通算出来ますか?株式売却時に譲渡損失したけれど為替は円安になっている場合、為替益は為替差益の通算に入...

    2020年11月23日 投稿

    森川 智之 税理士の回答
    森川 智之

    外国株式等を売却した場合、譲渡対価の邦貨換算額相当額が、株式等の譲渡に係る収入金額として取り扱われることとなります。 従いまして、外国株式を譲渡したとき外貨建てでは譲渡損失があるが保有期間に円安に...

    この回答を詳しく見る
  • 消費税非課税事業所の申告について

    太陽光発電を令和元年から始めました。消費税還付を受けるため消費税課税事業所の申請をしました。3年が過ぎたら消費税非課税事業所にする予定です。...

    2020年11月22日 投稿

    森川 智之 税理士の回答
    森川 智之

    消費税の免税事業者は消費税申告書を提出する必要はありません。

    この回答を詳しく見る
  • 決算時の売掛金について

    決算時の売掛金について初歩的な質問申し訳ありません。弊社零細企業で6月決算です。6月決算であれば6月末までに出荷したものを7月以降の入金でも...

    2020年11月21日 投稿

    森川 智之 税理士の回答
    森川 智之

    > 弊社零細企業で6月決算です。 > 6月決算であれば6月末までに出荷したものを7月以降の入金でも6月末に売掛金にしなければなりませんか? 一般的には、6月に出荷したものであれば6月に売上と売掛...

    この回答を詳しく見る

監修したハウツー記事

監修した記事はありません。

「公認会計士・税理士森川智之事務所」へのお問い合わせ

050-5452-6502

※お問い合わせの際は「"税理士ドットコム"をみた」とお伝えいただくとスムーズです。