中野忠則税理士事務所(神奈川県川崎市)(中野忠則税理士) | 神奈川県川崎市 | 高津駅 - 65,000件を超える税理士事務所の登録税理士や地図情報なら - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税理士検索
  3. 神奈川県
  4. 川崎市
  5. 高津区
  6. 高津駅
  7. 中野忠則税理士事務所(神奈川県川崎市)

中野忠則税理士事務所(神奈川県川崎市)

神奈川県川崎市/高津駅

迅速・丁寧な対応を心がけています。

神奈川県川崎市高津区 二子4-2-6 ルネッサ二子104号室
地図
高津駅 徒歩1分
得意分野
  • 顧問税理士
  • 相続税
  • 税務調査
得意業種
  • 不動産
  • 金融
  • 飲食
  • IT・インターネット
料金・事例
  • 個人の相談も受付可
  • 国税庁OB税理士在籍
  • 料金・事例あり

中野忠則税理士事務所(神奈川県川崎市)を紹介してほしい方は 「税理士紹介サービス」へお問い合わせください

税理士ドットコム「税理士紹介サービス」

迅速・丁寧な対応を心がけています。

相談は、土日休日もできるだけ対応したいと思っておりますので、まずはご相談ください。
会社設立パック
創業時融資を無料にて全面バックアップします。
税務調査
税務調査でお困りの方は、是非ともご相談ください。
仮想通貨・RSU
仮想通貨及びRSUでの確定申告も対応しています。
電子帳簿保存法への対応
電子帳簿保存法に適合したシステムづくりをサポートし、システム改修等の無駄をなくします。

所属税理士

中野 忠則 税理士 56歳/ 男性

お客様第一主義に徹し、フットワーク良く、迅速かつ丁寧な対応をお約束します。
事業年度の9か月経過時における試算表を作成し、決算対策及び銀行対策を行うことを推奨しています。
【対応業務】
・会社設立(融資支援)
・税務顧問
・税務調査対応
・電子帳簿保存法
・確定申告(事業、不動産、仮想通貨、RSU、住宅資金贈与など各種対応します。) 

中野忠則税理士事務所(神奈川県川崎市)の詳細情報

事務所プロフィール
事務所名
中野忠則税理士事務所(神奈川県川崎市)
所在地
神奈川県川崎市高津区 二子4-2-6 ルネッサ二子104号室
地図
アクセス
高津駅 徒歩1分
所属税理士数
1名
代表税理士
名前
中野 忠則
所属税理士会
東京地方税理士会 
税理士登録年
2017年
得意分野・取り扱い分野
得意分野
  • 顧問税理士
  • 相続税
  • 税務調査
取り扱い分野
  • 顧問税理士
  • 資金調達
  • 節税
  • 会社設立
  • 確定申告
  • 相続税
  • 税務調査
  • 経理・決算
  • 税金・お金
得意業種・取り扱い業種
得意業種
  • 不動産
  • 金融
  • 飲食
  • IT・インターネット
取り扱い業種
  • 不動産
  • 金融
  • 飲食
  • 流通・小売
  • 建設・建築
  • IT・インターネット
  • 美容
  • 運輸・物流
  • 製造
  • 教育
  • 医療・福祉
  • 旅行・ホテル
  • アミューズメント・レジャー
  • ファンド
  • 社会福祉法人
  • 医療法人
  • NPO法人
  • 学校法人
  • 一般社団法人
  • その他
取扱い会計ソフト
  • TKC
  • ICS
  • freee

確定申告の料金・事例

事例

仮想通貨取引に係る確定申告

サラリーマンの方で、仮想通貨に係る利益の算出から確定申告書の提出までの一連の業務を請け負った実績があります。
平日の夜や土日休日なども柔軟に対応しています。

料金

10万円(税別)~(取引所数や取引回数に応じて変動します)
早期の相談をお勧めします。

会社設立の料金・事例

事例

会社設立支援に力を入れています

金融機関へ提出する「創業計画書」の作成支援はもとより、資金繰り表の作成など融資獲得に必要な支援を無償で行っています。「経営革新等支援機関」への認定申請中(平成30年4月22日承認予定)

料金

開業後の顧問契約につきましては、売上高及び関与度合いにより変動しますので、まずはご相談ください。

税務調査の料金・事例

事例

税務調査対応は、経験が必要です。お困りの際は、ご相談を!

税務調査の途中からでも関与できます。
納税者目線での対応をさせていただきます。

料金

成功報酬制での対応可能です。

事務所名
中野忠則税理士事務所(神奈川県川崎市)
所在地
神奈川県川崎市高津区 二子4-2-6 ルネッサ二子104号室 
アクセス
高津駅 徒歩1分

回答したみんなの税務相談

  • 確定申告の際、自分で納付の欄に印をつけ忘れてしまいました

    初めまして。私は現在、副業禁止の会社で正社員として働いており、2年目です。入社前は個人事業主(ライター)として収入があり、その収入は、今は片...

    2018年05月03日 投稿

    中野 忠則 税理士の回答
    中野 忠則

    はじめまして。 自分で納付の件は、税務署ではなく市区町村へ連絡した方が良いと思います。窓口は、住民税の課税課などになります。

    この回答を詳しく見る
  • 建設仮勘定の損金計上について

    お世話になります。大家業をしているのですが、新築アパート計画を立て、建築士に設計図書を作成して頂きました。その設計図書を複数のハウスメーカー...

    2018年03月25日 投稿

    中野 忠則 税理士の回答
    中野 忠則

    はじめまして ご質問の新築計画が、将来にわたって全くなくなり、設計図書などが全く用途がなくなったということであれば損金算入は可能かと考えられますが、「塩漬け」になった状態であれば、将来にわたって全く用...

    この回答を詳しく見る
  • 光熱費を支払ったときの勘定科目について

    お世話になっております。売掛金の入金後、まとまった金額を生活費として主人の口座へ移動し、そこから水道光熱費や家賃を支払っています。そのさいの...

    2018年03月22日 投稿

    中野 忠則 税理士の回答
    中野 忠則

    はじめまして 質問者様の回答で間違いはないと思われます。 最後の消耗品は、事業主借とすることが、一般的かと思います。

    この回答を詳しく見る
  • LINEスタンプ等の確定申告に関して

    LINEスタンプの売り上げが確定申告が必要なのですが、実際の売り上げの日から約3か月後くらいに報酬をうけとっています。2017年の確定申告は...

    2018年03月14日 投稿

    中野 忠則 税理士の回答
    中野 忠則

    はじめまして 原則的には、売上金額によります。まだ、入金されていない分につきましては、売掛金として売上計上することになります。

    この回答を詳しく見る
  • 課税対象になる額について

    仮にアルバイトで稼いだ所得が100万円あり、その他に雑所得として500万円稼いだとすると、課税対象になるのは500+100=600 の600...

    2018年03月09日 投稿

    中野 忠則 税理士の回答
    中野 忠則

    はじめまして ご質問の場合、600万円から基礎控除38万円を引いた額が課税対象になります。なお、このほかにも控除するものがあればそれらを控除した残りが課税対象となります。

    この回答を詳しく見る

監修したハウツー記事

監修した記事はありません。

この画像を閉じる 税理士ドットコム「税理士紹介サービス」