藤本寛之 公認会計士・税理士事務所 (広島) (藤本寛之税理士) | 広島県広島市 | 女学院前駅 - 65,000件を超える税理士事務所の登録税理士や地図情報なら - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税理士検索
  3. 広島県
  4. 広島市
  5. 中区
  6. 女学院前駅
  7. 藤本寛之 公認会計士・税理士事務所 (広島)

藤本寛之 公認会計士・税理士事務所 (広島)

広島県広島市/女学院前駅

会社経営者様を会計・税務面からサポートいたします。個人の皆様の税・お金の悩みを解決いたします。

所在地
広島県広島市中区鉄砲町1番20号 第3ウエノヤビル8階
地図
アクセス
広島電鉄白島線広島女学院前より徒歩2分
得意分野
  • 顧問税理士
  • 相続税
  • 税金・お金
得意業種
  • 不動産
  • 金融
  • 流通・小売
  • 医療・福祉
料金・事例
  • 個人の相談も受付可
  • 料金・事例あり

藤本寛之 公認会計士・税理士事務所 (広島) を紹介してほしい方はこちら

税理士ドットコム「税理士紹介サービス」

会社経営者様を会計・税務面からサポートいたします。個人の皆様の税・お金の悩みを解決いたします。

平均年齢が65歳と高齢化しつつある税理士業界の中で、弊事務所代表は40代前半と若く、最新の情報をキャッチしたうえで、お客様に様々な提案を差し上げています。
若さに加え、豊富な実務経験をもとに法人経営者様、不動産業をされている個人の方々等のお悩みを解決できる様、日々取組んでおります。

所属税理士

藤本 寛之 税理士 44歳/ 男性
公認会計士 税理士

山口県立岩国高校、横浜国立大学経営学部卒業
大手監査法人(広島事務所)にて上場企業の会計監査、IPO支援に6年従事。
広島市内の会計事務所にて中小企業の税務業務、相続税申告、M&Aおよび事業承継等に13年携わり、その後事務所開設。 

藤本寛之 公認会計士・税理士事務所 (広島) の詳細情報

事務所プロフィール
事務所名
藤本寛之 公認会計士・税理士事務所 (広島)
所在地
広島県広島市中区鉄砲町1番20号 第3ウエノヤビル8階
地図
アクセス
広島電鉄白島線広島女学院前より徒歩2分
所属税理士数
1名
代表税理士
名前
藤本 寛之
所属税理士会
中国税理士会 
税理士登録年
2004年
得意分野・取り扱い分野
得意分野
  • 顧問税理士
  • 相続税
  • 税金・お金
取り扱い分野
  • 顧問税理士
  • 節税
  • 確定申告
  • 相続税
  • 税金・お金
得意業種・取り扱い業種
得意業種
  • 不動産
  • 金融
  • 流通・小売
  • 医療・福祉
取り扱い業種
  • 不動産
  • 金融
  • 流通・小売
  • 建設・建築
  • 製造
  • 医療・福祉
  • 医療法人
取扱い会計ソフト
  • 弥生会計
  • JDL
  • freee

顧問税理士の料金・事例

事例

ご依頼内容に応じて、柔軟に対応いたします

法人顧問の場合
・月額顧問料 20,000円(税別)~
 月次会計入力、給与計算・年末調整のご依頼がある場合、別途見積いたします。
 月額顧問料には税務・資金繰り・会計処理等の個別相談、税務署との交渉(税務代理)、税務調査対応の報酬が含まれており、弊事務所のすべてのサービスを受ける事ができます。

・決算料   100,000円(税別)~
 上記は消費税申告ありのケースです。決算のみのご依頼にも対応いたします。

料金

ご依頼内容に応じて個別にお見積りいたします。
なお、弊事務所には法人の売上規模や毎月の仕訳数等で設定した料金表はございません。

項目 費用・内容説明
個別相談 初回の相談料(30~60分)は無料です。
2回目から1時間につき5,000円(税別)の相談料を頂いています。

相続税の料金・事例

事例

適正価格にてスピーディな対応をお約束します

基礎控除の引き下げに伴い、相続税の課税対象も従前よりも広がってきました。
相続手続きは一生のうちで1度か、多くても2度経験するもので、その中でも相続税の申告手続きは専門性が高いものとされています。
お客様の満足いただける様、適正な価格でサービスを提供させて頂いています。

料金

相続税申告書の作成、遺産分割協議書の作成サポート、預金・有価証券・不動産名義変更サポートを含んだ料金です。
なお、相続に伴う不動産移転登記については、提携先の司法書士をご紹介可能です。それに伴う料金は別途生じます。

下記の料金表における 基本報酬算定の基礎となる遺産総額とは、相続税の課税対象となるプラスの財産の総額をいい、借入金等の債務、小規模宅地の特例、配偶者控除、生命保険非課税枠等の控除を行う前の遺産総額となります。

項目 費用・内容説明
標準プラン ・遺産分割の内容に関して相続人間で争いがなく、ご依頼頂いた時点で申告期限までの期間が3か月以上ある場合に適用する料金表です。
・戸籍や金融機関残高証明書等の資料の取得は、お客様に行っていただきます。

①基本報酬(税抜)
 遺産総額     基本報酬
 5,000万円未満   200,000円
 7,000万円未満   300,000円
 1億円未満     400,000円
 1億5,000万円未満  500,000円
 2億円未満     700,000円
 2億円以上     別途見積

②加算報酬
 遺産に以下の資産が含まれている場合は基本報酬に加算いたします。
  自社株式非上場株式 100,000円~
  自宅を除く土地等(路線価地域)1区画につき50,000円
  自宅を除く土地等(倍率地域) 1区画につき10,000円
  自宅を除く家屋 1件当たり5,000円
 準確定申告が必要な場合 30,000円~
スピードプラン ・ご依頼頂いた時点で申告期限までの期間が3か月未満の場合の料金表です。
 なお、申告期限までの期間が1か月未満の場合にはご依頼をお断りする場合があります。
・標準プランから2割増しの料金となっています。

①基本報酬(税抜)
 遺産総額     基本報酬
 5,000万円未満   240,000円
 7,000万円未満   360,000円
 1億円未満     480,000円
 1億5,000万円未満  600,000円
 2億円未満     840,000円
 2億円以上     別途見積

②加算報酬(税抜)
 遺産に以下の資産が含まれている場合は基本報酬に加算いたします。
  自社株式非上場株式 100,000円~
  自宅を除く土地等(路線価地域)1区画につき50,000円
  自宅を除く土地等(倍率地域) 1区画につき10,000円
  自宅を除く家屋 1件当たり5,000円
 準確定申告が必要な場合 30,000円~
事務所名
藤本寛之 公認会計士・税理士事務所 (広島)
所在地
広島県広島市中区鉄砲町1番20号 第3ウエノヤビル8階 
アクセス
広島電鉄白島線広島女学院前より徒歩2分

回答したみんなの税務相談

  • 白色申告:複式簿記で記帳してもいいのか

    数年前から白色申告で確定申告をしています。内容が分かりやすいこともあり「複式簿記」で帳簿付けをしていますが、問題はないでしょうか?簡易簿記と...

    2019年08月09日 投稿

    藤本 寛之 税理士の回答
    藤本 寛之

    複式簿記が原則なので、複式簿記で記帳していて白色申告していることは問題ありません。 簡易帳簿とは家計簿に近い方法により記帳された帳簿の事をいいます。 帳簿の記帳の仕方-事業所得者用- http...

    この回答を詳しく見る
  • 毀損された原材料代への賠償金には消費税は含まれない?

    購入した機械の不備で原材料が毀損され廃棄処分したもの。加害企業も誠意ある対応で全額賠償しますとのことだったので請求書を発送。営業を通じて加害...

    2019年08月08日 投稿

    藤本 寛之 税理士の回答
    藤本 寛之

    完全に使えなくなり廃棄処理された原材料について、損害賠償金を受け取った際の消費税の区分は不課税(課税対象外)です。 よって、加害企業の説明は誤りではありません。 ①材料の仕入 (借)材料仕入 10...

    この回答を詳しく見る
  • イデコについて

    子供に障害があり、特別児童扶養手当の支給を受けております。次回手当の更新時に、所得制限をぎりぎり超えてしまうかもしれません。数万円超えて、年...

    2019年08月06日 投稿

    藤本 寛之 税理士の回答
    藤本 寛之

    イデコの掛金は小規模企業共済等掛金控除として、特別児童扶養手当の支給を判定する際の所得を計算する際の控除項目となっています。 よって、イデコにて所得を抑えることは可能です。 なお、取扱いについて...

    この回答を詳しく見る
  • 消費税軽減税率制度導入に関して

    私は飲食店を34年間営業しており、10年前からこの不況で赤字商売をしており貯蓄を食いつぶした生活をしております。貯蓄も残り僅かのなってしまい...

    2019年08月02日 投稿

    藤本 寛之 税理士の回答
    藤本 寛之

    1 飲食店を経営されているとの事ですが、店内での飲食(10%)の他、飲食料品の持ち帰り販売(8%)はされているのでしょうか。 軽減税率(8%)の対象となる商品・サービスの提供者でなければ、軽減税率...

    この回答を詳しく見る
  • 固定資産の耐用年数について

    当社は油圧ショベルなどの建設機械、またそれに付属して使用するアタッチメントのレンタルをすることを目的とする法人です。その建設機械及びアタッチ...

    2019年08月01日 投稿

    藤本 寛之 税理士の回答
    藤本 寛之

    解体業における油圧ショベルおよびアタッチメントの法定耐用年数は6年なので、御社における主な取引先が解体業者であれば、耐用年数は6年として償却すれば良いと思います。

    この回答を詳しく見る

監修したハウツー記事

監修した記事はありません。

この画像を閉じる 税理士ドットコム「税理士紹介サービス」