高橋一彦税理士事務所(横浜市)(髙橋一彦税理士) | 神奈川県横浜市 | 大口駅 - 65,000件を超える税理士事務所の登録税理士や地図情報なら - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税理士検索
  3. 神奈川県
  4. 横浜市
  5. 神奈川区
  6. 大口駅
  7. 高橋一彦税理士事務所(横浜市)

高橋一彦税理士事務所(横浜市)

神奈川県横浜市/大口駅

 国税OBで資産税(相続税・贈与税・譲渡所得)の専門家

神奈川県横浜市神奈川区 大口通137番地9 第1山内ビル302号
地図
JR横浜線大口駅西口徒歩1分
得意分野
  • 節税
  • 相続税
  • 税務調査
得意業種
  • 不動産
  • 金融
料金・事例
  • 国税庁OB税理士在籍
  • 料金・事例あり

「高橋一彦税理士事務所(横浜市)」へのお問い合わせ

050-5346-3100

※お問い合わせの際は「"税理士ドットコム"をみた」とお伝えいただくとスムーズです。

 国税OBで資産税(相続税・贈与税・譲渡所得)の専門家

 資産税(相続税・贈与税・譲渡所得)の申告・ご相談は、国税局や税務署で22年間、資産税事務に従事した資産税の専門家にお任せください。

所属税理士

髙橋 一彦 税理士 55歳/ 男性

 東京国税局に10年、東京都と神奈川県の税務署に20年勤務し、平成28年7月に定年まで10年を残して税務の職場を退職しました。
 国税局や税務署で勤務していた30年の内、22年を資産税事務(相続税・贈与税・譲渡所得)に従事してきた中で、特に相続税事務に従事した時に感じたことは、徹底した節税対策をしている方がいる一方、まったく節税対策をしていない方が大勢見受けられたことでした。そこで少しでも相続税の負担を少なくしたい、ただその節税対策をどのようにしたらよいか分からないという方のお手伝いができればと考えております。
 なお、現在、LEC(東京リーガルマインド)において、税理士を目指す受験生に対し、相続税法の講師をしております。講義では、実務に即した学習内容に重点を置き、少しでも多くの合格者が出るよう、頑張っております。 

高橋一彦税理士事務所(横浜市)の詳細情報

事務所プロフィール
事務所名
高橋一彦税理士事務所(横浜市)
所在地
神奈川県横浜市神奈川区 大口通137番地9 第1山内ビル302号
地図
アクセス
JR横浜線大口駅西口徒歩1分
所属税理士数
1名
代表税理士
名前
髙橋 一彦
所属税理士会
東京地方税理士会 
税理士登録年
2016年
得意分野・取り扱い分野
得意分野
  • 節税
  • 相続税
  • 税務調査
取り扱い分野
  • 節税
  • 相続税
  • 税務調査
得意業種・取り扱い業種
得意業種
  • 不動産
  • 金融
取り扱い業種
  • 不動産
  • 金融
取扱い会計ソフト
  • JDL

相続税の料金・事例

事例

依頼者の負担を出来るだけ削減させていただきます。

 普通、税理士に相続税申告書の作成をお願いする場合、被相続人(亡くなられた方)の出生から死亡までの戸籍謄本、相続人の戸籍謄本、金融機関の残高証明書などは依頼人が用意し、税理士はそれを基に相続税申告書を作成するのが普通です。
 当事務所では、戸籍謄本や残高証明書などを依頼人のお手数をお掛けすることなく当事務所で揃えることもしておりますので、お仕事のために平日休みを取ることができない方などから非常に高い評価を得ております。
 また、依頼人の方とお会いする日についても、依頼人の都合により土曜日や日曜日に設定をさせていただきますので、依頼人のお仕事に支障なく相続税申告書を作成させていただきます。

料金

 相続財産の総額に応じての報酬額、また相続人の人数による加算、所有する土地の数による加算など分かりやすい報酬設定となっております。

事務所名
高橋一彦税理士事務所(横浜市)
所在地
神奈川県横浜市神奈川区 大口通137番地9 第1山内ビル302号 
アクセス
JR横浜線大口駅西口徒歩1分

回答したみんなの税務相談

  • 住宅取得等資金の贈与と将来の小規模宅宅地の重複について

    土地建物とも父名義ですがこのたび家を取壊し、5000万の住宅(建物)を建築する予定ですが、2世帯住宅にするため、父が2500万円支払い、私(...

    2020年10月30日 投稿

    髙橋 一彦 税理士の回答
    髙橋 一彦

     住宅取得資金の贈与と小規模宅地の特例は全く別に考えて構いませんので、住宅取得資金の特例を適用した場合であっても、相続開始時において小規模宅地の特例の要件に該当すれば、小規模宅地の特例を適用することがで...

    この回答を詳しく見る
  • 確定申告Bの記入について

    お尋ねいたします。確定申告Bの記入の課税所得記入欄には収入から所得を差し引いた額を書くと思いますが、端数は切り捨てるのですか?それとも正確な...

    2020年10月22日 投稿

    髙橋 一彦 税理士の回答
    髙橋 一彦

     申告書Bであれば、第1表の26番の欄で千円未満切捨てとなります。  それまでは、端数の切捨ては行いません。

    この回答を詳しく見る
  • 住宅を二つ以上持っている場合の小規模宅地特例

    現在、母所有の土地に私名義の家を建て母と住んでいます。もし私が、他にも住宅を購入し持っていた場合、この土地を相続したときに小規模宅地特例は受...

    2020年10月19日 投稿

    髙橋 一彦 税理士の回答
    髙橋 一彦

     相続開始時において、現在の状況と同じく、母親と同居していれば、他に相談者様が住宅を持っていたとしても、特定居住用の小規模宅地等の減額の特例は適用可能です。

    この回答を詳しく見る
  • 相続後すぐの収得費加算の特例

    父が亡くなり母が不動産を相続しました。今年相続財産の分割手続きも終わり相続人全員の申告と相続税の納税も終わりました。今年母の名義になった不動...

    2020年10月14日 投稿

    髙橋 一彦 税理士の回答
    髙橋 一彦

     相続税の取得費加算については、相続税が課税されていない場合は適用がないので、①については特例は適用できません。  次に②ですが、贈与をする場合でもしない場合でも譲渡所得の税金は発生しますので、あまり...

    この回答を詳しく見る
  • 契約者と受取人が同一の保険金の受け取り

    契約者かつ受取人の母が死亡。被保険者は長男(私)のかんぽ保険の保険金についての相談です。母関係の保険証書は全て実家で弟が管理しており、郵便局...

    2020年10月12日 投稿

    髙橋 一彦 税理士の回答
    髙橋 一彦

     この保険については、生命保険の権利という相続財産になります。  財産の金額は、この保険を母親が亡くなった日に仮に解約をすると、いくらの返戻金になるかによって算定します。  なお、相続税の場合は基礎...

    この回答を詳しく見る

監修したハウツー記事

監修した記事はありません。

「高橋一彦税理士事務所(横浜市)」へのお問い合わせ

050-5346-3100

※お問い合わせの際は「"税理士ドットコム"をみた」とお伝えいただくとスムーズです。