安島秀樹税理士事務所(安島秀樹税理士) | 東京都豊島区 | 向原駅 - 65,000件を超える税理士事務所の登録税理士や地図情報なら - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税理士検索
  3. 東京都
  4. 豊島区
  5. 向原駅
  6. 安島秀樹税理士事務所

安島秀樹税理士事務所

東京都豊島区/向原駅

規模、業種に関係なく年間8万円

東京都豊島区南大塚3丁目37番5-1209号
地図
JR大塚駅から徒歩5分
料金・事例
  • 英語対応可
  • 料金・事例あり
安島秀樹税理士事務所

安島秀樹税理士事務所を紹介してほしい方は 「税理士紹介サービス」へお問い合わせください

税理士ドットコム「税理士紹介サービス」

※ショッパーズアイ調べ 2020年6月調査

規模、業種に関係なく年間8万円

スポットの税務相談は1件5000円でやってます。よかったらご利用ください。

所属税理士

安島 秀樹 税理士 68歳/ 男性

 

安島秀樹税理士事務所の詳細情報

事務所プロフィール
事務所名
安島秀樹税理士事務所
所在地
東京都豊島区南大塚3丁目37番5-1209号
地図
アクセス
JR大塚駅から徒歩5分
所属税理士数
1名
代表税理士
名前
安島 秀樹
所属税理士会
東京税理士会 
税理士登録年
2016年
得意分野・取り扱い分野
得意分野
取り扱い分野
得意業種・取り扱い業種
得意業種
取り扱い業種
取扱い会計ソフト
  • 弥生会計
  • マネーフォワード
  • freee

顧問税理士の料金・事例

事例

顧問+決算が年間8万円

規模、業種を問わず年間8万円です。

規模の大きな会社には、指導料ということになると思います。

料金

個人、法人とも年間8万円です。

事務所名
安島秀樹税理士事務所
所在地
東京都豊島区南大塚3丁目37番5-1209号 
アクセス
JR大塚駅から徒歩5分

回答したみんなの税務相談

  • 二重国籍による二重課税について

    アメリカと日本の二重国籍者についてです。専門的な内容で、答えられる方が中々見当たらず、ご相談させてください。昨年、アメリカと日本、いずれでも...

    2021年06月20日 投稿

    安島 秀樹 税理士の回答

    1)受けられると思います。アメリカのほうが課税範囲が広いと思うので、そちらで日本の税額を控除すればいいと思います。 2)アメリカの人はアメリカで働いていなくても、世界中で稼いだ所得をアメリカで申告しな...

    この回答を詳しく見る
  • 土地と建物の持分比率と住宅ローン控除について

    土地と建物をつなぎ融資を利用した住宅ローン(連帯債務)で取得予定で総額は4000万円です。現在、土地は取得済みで持分比率を1/2ずつとしまし...

    2021年06月20日 投稿

    安島 秀樹 税理士の回答

    負担額を2500と1500にしたいなら、建物の持ち分を2000対1000にすればそうなります。土地と建物と別個に計算して足すだけです。あなたの案だと奥さんのローン控除は135000円です。上限が20万な...

    この回答を詳しく見る
  • 住民税非課税世帯について

    私は正社員(年収220万)で高2・中2・小2の3人の子供がおり、年末調整の時は私の扶養に入れてます。主人は自営業でコロナの影響で売上が落ち込...

    2021年06月18日 投稿

    安島 秀樹 税理士の回答

    あなたの案だと、こんどは あなたが非課税にならなくなるみたいです。

    この回答を詳しく見る
  • 暗号資産の個人→法人の貸付について

    現在、個人名義で含み益状態の暗号資産を保有しており、この暗号資産をレンディングサービスに預けることで年率5%程度の収益を得ております。この暗...

    2021年06月18日 投稿

    安島 秀樹 税理士の回答

    「個人から法人へ暗号資産の貸し付けを行う」とありますが、法律的にこうするには、個人の取引所の口座から法人の取引所の口座に資産を移さないといけないように思います。それならそこで利益が実現すると思います。

    この回答を詳しく見る
  • 仮想通貨の海外移出

    法人で仮想通貨口座を持ち、海外の取引所へ移しました。海外はで法人口座は作れないので、個人の口座としています。現在は、そこに個人からのお金を足...

    2021年06月16日 投稿

    安島 秀樹 税理士の回答

    それでいいと思います。 海外の口座に移した時点で、会社の資産を個人に貸付している処理をすればいいと思います。あとはもう会社の資産運用とは関係なく、個人の資産運用になると思います。

    この回答を詳しく見る

監修したハウツー記事

  • 欠損金の繰越控除とは?計算方法や繰戻し還付についてわかりやすく解説

    個人でも会社でも、起業したばかりの頃は経費がかさみ、どうしても赤字経営になりがちです。うまく成長軌道...

    • 34

    2019年06月19日

    このハウツー記事を見る
  • 個人版事業承継税制とは?対象資産や適用要件を解説

    法人版の事業承継税制は、先代が保有する会社の株式を、後継者にスムーズに引き継ぐための支援策でしたが、...

    • 38

    2019年05月09日

    このハウツー記事を見る
  • 「事業用資産の買換え特例」とは?注意点や要件を解説

    この特例は、買換えによって発生する「譲渡所得」の80%を繰り延べできるというものです。土地を売って1...

    • 25

    2019年04月18日

    このハウツー記事を見る
  • 相続税における「外国税額控除」とは。海外にも財産があるときは要注意

    外国税額控除とは、日本と外国で税金の二重払いを防ぐ制度のことです。日本に住んでいる人は基本的に、相続...

    • 17

    2019年04月10日

    このハウツー記事を見る
  • 相続税における「障害者控除」とは?要件や計算方法を解説

    相続税の計算の仕方ですが、最初に遺産の総額から基礎控除を差し引いて、相続税の課税対象価格を算出し、そ...

    • 29

    2019年04月09日

    このハウツー記事を見る
この画像を閉じる 税理士ドットコム「税理士紹介サービス」