安島秀樹税理士事務所(安島秀樹税理士) | 東京都豊島区 | 向原駅 - 65,000件を超える税理士事務所の登録税理士や地図情報なら - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税理士検索
  3. 東京都
  4. 豊島区
  5. 向原駅
  6. 安島秀樹税理士事務所

安島秀樹税理士事務所

東京都豊島区/向原駅

規模、業種に関係なく年間8万円

東京都豊島区南大塚3丁目37番5-1209号
地図
JR大塚駅から徒歩5分
料金・事例
  • 英語対応可
  • 料金・事例あり
安島秀樹税理士事務所

安島秀樹税理士事務所を紹介してほしい方は 「税理士紹介サービス」へお問い合わせください

税理士ドットコム「税理士紹介サービス」

規模、業種に関係なく年間8万円

スポットの税務相談は1件5000円でやってます。よかったらご利用ください。

所属税理士

安島 秀樹 税理士 68歳/ 男性

 

安島秀樹税理士事務所の詳細情報

事務所プロフィール
事務所名
安島秀樹税理士事務所
所在地
東京都豊島区南大塚3丁目37番5-1209号
地図
アクセス
JR大塚駅から徒歩5分
所属税理士数
1名
代表税理士
名前
安島 秀樹
所属税理士会
東京税理士会 
税理士登録年
2016年
得意分野・取り扱い分野
得意分野
    取り扱い分野
      得意業種・取り扱い業種
      得意業種
        取り扱い業種
          取扱い会計ソフト
          • 弥生会計
          • マネーフォワード
          • freee

          顧問税理士の料金・事例

          事例

          顧問+決算が年間8万円

          規模、業種を問わず年間8万円です。

          規模の大きな会社には、指導料ということになると思います。

          料金

          個人、法人とも年間8万円です。

          事務所名
          安島秀樹税理士事務所
          所在地
          東京都豊島区南大塚3丁目37番5-1209号 
          アクセス
          JR大塚駅から徒歩5分

          回答したみんなの税務相談

          • 株式の強制買取の確定申告について(オーデリック、NTTドコモ)

            今年度オーデリックのMBOがあり、自分は強制買取で、郵便局から現金を受け取ったのですが、どのように確定申告を行えばよいのでしょうか。またNT...

            2021年01月23日 投稿

            安島 秀樹 税理士の回答

            上場廃止後なら一般株式(非上場株)の譲渡損益でいいと思います。

            この回答を詳しく見る
          • 精神障害者3級、障害者雇用かつ障害年金その他諸々貰ってる方の確定申告はどうすればいいですか?

            私は、精神障害者3級で地元の会社で障害者雇用として月11万前後給料をもらってます。年末調整は毎年11月ごろに会社でやってます。去年の2020...

            2021年01月23日 投稿

            安島 秀樹 税理士の回答

            障害年金は非課税なので申告しなくていいです。 家にあったグッヅの売上も申告しなくていいです。 だから確定申告する必要はありません。

            この回答を詳しく見る
          • 赤字の繰り越し損失をしていませんでした。

            青色申告で確定申告を行っているのですが、令和元年度(去年の2月に行った確定申告です。)の確定申告の際に赤字だったのに繰り越し損失の書類を出し...

            2021年01月22日 投稿

            安島 秀樹 税理士の回答

            更正の請求をすれば、損失の繰り越しが復活できると思います。繰越の申告書を作って、税務署で相談すればやり方を教えてくれると思います。

            この回答を詳しく見る
          • 上場株式の譲渡損失と配当所得の損益通算後の配当控除

            ある証券会社の特定口座で2020年の譲渡損失が100万円、上場株式の配当益が100万円あったとします。配当を特定口座で受け入れているので、年...

            2021年01月22日 投稿

            安島 秀樹 税理士の回答

            はいできます。総合課税のほうが、税金が減る人もいると思います。

            この回答を詳しく見る
          • 重加算税の賦課の取り消しの訴訟について

            とても簡単にお願いします。同じような内容であるにもかかわらず、両社に対して異なる判決が下されたのはなぜですか?また両社とも経理担当のベテラン...

            2021年01月21日 投稿

            安島 秀樹 税理士の回答

            裁判はひとりひとりの裁判官が独自に判断します。調整はしません。憲法でそうなっています。

            この回答を詳しく見る

          監修したハウツー記事

          • 欠損金の繰越控除とは?計算方法や繰戻し還付についてわかりやすく解説

            個人でも会社でも、起業したばかりの頃は経費がかさみ、どうしても赤字経営になりがちです。うまく成長軌道...

            • 34

            2019年06月19日

            このハウツー記事を見る
          • 個人版事業承継税制とは?対象資産や適用要件を解説

            法人版の事業承継税制は、先代が保有する会社の株式を、後継者にスムーズに引き継ぐための支援策でしたが、...

            • 38

            2019年05月09日

            このハウツー記事を見る
          • 「事業用資産の買換え特例」とは?注意点や要件を解説

            この特例は、買換えによって発生する「譲渡所得」の80%を繰り延べできるというものです。土地を売って1...

            • 25

            2019年04月18日

            このハウツー記事を見る
          • 相続税における「外国税額控除」とは。海外にも財産があるときは要注意

            外国税額控除とは、日本と外国で税金の二重払いを防ぐ制度のことです。日本に住んでいる人は基本的に、相続...

            • 17

            2019年04月10日

            このハウツー記事を見る
          • 相続税における「障害者控除」とは?要件や計算方法を解説

            相続税の計算の仕方ですが、最初に遺産の総額から基礎控除を差し引いて、相続税の課税対象価格を算出し、そ...

            • 29

            2019年04月09日

            このハウツー記事を見る
          この画像を閉じる 税理士ドットコム「税理士紹介サービス」