筒井敬士公認会計士・税理士事務所(名古屋)(筒井敬士税理士) | 名古屋市名東区 | 本郷駅 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税理士検索
  3. 愛知県
  4. 名古屋市
  5. 名東区
  6. 本郷駅
  7. 筒井敬士公認会計士・税理士事務所(名古屋)

筒井敬士公認会計士・税理士事務所(名古屋)

愛知県名古屋市/本郷駅

様々な課題を克服し、明るい未来を切り開くためのパートナーとして経営相談を通じてお客様に寄り添います。

愛知県名古屋市名東区 極楽1丁目1番地メゾンドパラディ301号
地図
本郷駅から2km
得意分野
  • 顧問税理士
  • 確定申告
  • 経理・決算
得意業種
  • 飲食
  • 流通・小売
  • IT・インターネット
  • 製造
  • 社会福祉法人
料金・事例
  • 個人の相談も受付可
  • 英語対応可
  • 料金・事例あり

「筒井敬士公認会計士・税理士事務所(名古屋)」へのお問い合わせ

050-5828-9053

※お問い合わせの際は「"税理士ドットコム"をみた」とお伝えいただくとスムーズです。

様々な課題を克服し、明るい未来を切り開くためのパートナーとして経営相談を通じてお客様に寄り添います。

公認会計士・税理士の筒井敬士(つついたかし)と申します。

2004年に監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)に入所後、17年間勤務し、
上場会社や非上場会社の監査のほか、地方自治体の向けの非監査業務に取り組んできました。

自分が生まれ育ち、今も住むこの地域(愛知県・名古屋市・名東区)を引き続き魅力ある地域とするために、
「財務・会計・税務の専門家」としての知見を活かして、
地域で活躍する多くの企業や法人、経営者の方が抱える課題を解決するための役割を担いたいと考え、
2021年に独立開業し、公認会計士・税理士事務所を開設しました。

様々な課題がある状況の中でも、共に明るい未来を切り開いていくことができる、
地域の皆様に信頼されるパートナーを目指していきます。

所属税理士

筒井 敬士 税理士 男性
公認会計士・税理士

公認会計士・税理士の筒井敬士(つついたかし)と申します。

2004年に監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)に入所後、17年間勤務し、
上場会社や非上場会社の監査のほか、地方自治体の向けの非監査業務に取り組んできました。

自分が生まれ育ち、今も住むこの地域(愛知県・名古屋市・名東区)を引き続き魅力ある地域とするために、
「財務・会計・税務の専門家」としての知見を活かして、
地域で活躍する多くの企業や法人、経営者の方が抱える課題を解決するための役割を担いたいと考え、
2021年に独立開業し、公認会計士・税理士事務所を開設しました。

様々な課題がある状況の中でも、共に明るい未来を切り開いていくことができる、
地域の皆様に信頼されるパートナーを目指していきます。 

筒井敬士公認会計士・税理士事務所(名古屋)の詳細情報

事務所プロフィール
事務所名
筒井敬士公認会計士・税理士事務所(名古屋)
所在地
愛知県名古屋市名東区 極楽1丁目1番地メゾンドパラディ301号
地図
アクセス
本郷駅から2km
所属税理士数
1名
代表税理士
名前
筒井 敬士
所属税理士会
名古屋税理士会 
税理士登録年
2021年
得意分野・取り扱い分野
得意分野
  • 顧問税理士
  • 確定申告
  • 経理・決算
取り扱い分野
  • 顧問税理士
  • 確定申告
  • 経理・決算
得意業種・取り扱い業種
得意業種
  • 飲食
  • 流通・小売
  • IT・インターネット
  • 製造
  • 社会福祉法人
取り扱い業種
  • 飲食
  • 流通・小売
  • IT・インターネット
  • 製造
  • 社会福祉法人
取扱い会計ソフト
  • TKC

顧問税理士の料金・事例

事例

経営相談を通じて稼げる企業や事業主を増やしていきます。

通常の税務顧問としての指導・助言に加えて、経営相談に力を入れています。

料金

会社や事業の規模や依頼内容によりますが、年額30万円~70万円の間を想定しています。

項目 費用・内容説明
顧問料 会社や事業の規模や依頼内容によりますが、年額30万円~70万円の間を想定しています。
事務所名
筒井敬士公認会計士・税理士事務所(名古屋)
所在地
愛知県名古屋市名東区 極楽1丁目1番地メゾンドパラディ301号 
アクセス
本郷駅から2km

回答したみんなの税務相談

  • 領収書 再発行についt

    クライアントから領収書の再発行を求められております。締め日で領収書の日にちを記載しておりましたがお金を受領した日はその一週間後です。受け渡し...

    2021年10月19日 投稿

    筒井 敬士 税理士の回答
    筒井 敬士

    今回のケースは当初発行した領収書の記載に誤りがあったケースと考えますので、提出した領収書を回収し、残している控と合わせて書き損じ扱いとして管理したうえで、正しい領収書を再発行していただくことになるかと考...

    この回答を詳しく見る
  • ピアノ教室のイベント参加費の仕訳

    お世話になります。主催しているピアノ教室で、友人の教室と合同でイベントを行いました。その際、参加費を前払いで受け取り、会場費などの経費を差し...

    2021年10月18日 投稿

    筒井 敬士 税理士の回答
    筒井 敬士

    時系列で厳密に整理すると以下のようになると考えます。 イベント開催時まで売上金額が確定しない前提です。 (参加者からの受取) 現金/預り金 ××円(預かりの都度、仕訳するのが厳密とは考えます) ...

    この回答を詳しく見る
  • リース車 期間満了 売却時仕訳について

    平成20年に5年払いで自動車リース契約を結びました。自動車はリース資産として、リース期間定額法で処理し、リース期間が終了とともに(平成25年...

    2021年10月18日 投稿

    筒井 敬士 税理士の回答
    筒井 敬士

    平成25年のリース期間終了後に車両を買い取った金額が不明ではありますが、いずれにしても現時点で減価償却は終了しており簿価はないと考えますので、税込経理をしている場合にはご質問主様の仕訳の通りになるのかと...

    この回答を詳しく見る
  • 太陽光発電 消費税還付 所得税の扱いについて

    個人事業主が今年、太陽光発電の投資をして消費税還付手続きをした場合、還付されるのは来年となるのでしょうか?来年還付されるとした場合に還付され...

    2021年10月17日 投稿

    筒井 敬士 税理士の回答
    筒井 敬士

    消費税の申告を行った後に還付がなされるため、実際の還付は来年になるものと考えます。 そのうえで、税抜経理をしている場合には今期末の決算で計上した未収消費税が翌年度入金されるのみであり収入の扱いにはなら...

    この回答を詳しく見る
  • 法人で、損害保険金を受け取り建物を修理しました

    損金保険金は、雑収入計上、消費税不課税修繕費は、全額課税仕入れとして、修繕費科目で全額損金処理で合っていますか?

    2021年10月16日 投稿

    筒井 敬士 税理士の回答
    筒井 敬士

    原状回復のための修繕の範囲であればご質問者様のご理解のとおりかと考えます。

    この回答を詳しく見る

監修したハウツー記事

監修した記事はありません。

「筒井敬士公認会計士・税理士事務所(名古屋)」へのお問い合わせ

050-5828-9053

※お問い合わせの際は「"税理士ドットコム"をみた」とお伝えいただくとスムーズです。