小山裕弥税理士事務所(大阪)(小山裕弥税理士) | 大阪市都島区 | 桜ノ宮駅 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税理士検索
  3. 大阪府
  4. 大阪市
  5. 都島区
  6. 桜ノ宮駅
  7. 小山裕弥税理士事務所(大阪)

小山裕弥税理士事務所(大阪)

大阪府大阪市/桜ノ宮駅

月次決算をして、融資・節税のご相談を承ります。

大阪府大阪市都島区 中野町5丁目6番19号フローラル・ステージ桜ノ宮301号
地図
桜ノ宮駅徒歩1分
得意分野
  • 顧問税理士
  • 確定申告
  • 相続税
得意業種
  • 飲食
  • 流通・小売
  • 運輸・物流
  • 製造
  • 教育
料金・事例
  • 個人の相談も受付可
  • 料金・事例あり

小山裕弥税理士事務所(大阪)を紹介してほしい方は 「税理士紹介サービス」へお問い合わせください

税理士ドットコム「税理士紹介サービス」

※ショッパーズアイ調べ 2020年6月調査

月次決算をして、融資・節税のご相談を承ります。

法人・個人事業主様の月次決算をして試算表をご説明の上、融資・節税のご相談を承ります。
お客様の将来に役立つサービスを提供致します。
相続税・贈与税も取り扱っています。
将来の相続を見据えた対策もサービス致します。

所属税理士

小山 裕弥 税理士 38歳/ 男性

税理士の小山裕弥と申します。
会計事務所・税理士事務所に13年勤めて、主に法人・個人事業者の税務を担当していました。
確定申告書を作成するだけでなく、試算表を作成して融資・節税のご相談を承っていました。
私が業務をする中で心掛けていることは、お客様の将来の打ち合わせをすることです。
お客様の将来の役立てるサービスを提供していきます。
相続税も税理士試験で通っていますので、相続税・贈与税も取り扱っています。
将来の相続を見据えたサービスも提供致します。
何卒宜しくお願い致します。 

小山裕弥税理士事務所(大阪)の詳細情報

事務所プロフィール
事務所名
小山裕弥税理士事務所(大阪)
所在地
大阪府大阪市都島区 中野町5丁目6番19号フローラル・ステージ桜ノ宮301号
地図
アクセス
桜ノ宮駅徒歩1分
所属税理士数
1名
代表税理士
名前
小山 裕弥
所属税理士会
近畿税理士会 
税理士登録年
2018年
得意分野・取り扱い分野
得意分野
  • 顧問税理士
  • 確定申告
  • 相続税
取り扱い分野
  • 顧問税理士
  • 節税
  • 会社設立
  • 確定申告
  • 相続税
  • 税務調査
得意業種・取り扱い業種
得意業種
  • 飲食
  • 流通・小売
  • 運輸・物流
  • 製造
  • 教育
取り扱い業種
  • 不動産
  • 飲食
  • 流通・小売
  • 建設・建築
  • 美容
  • 運輸・物流
  • 製造
  • 教育
  • 旅行・ホテル
取扱い会計ソフト
  • 弥生会計
  • マネーフォワード
  • freee

顧問税理士の料金・事例

事例

法人税、所得税及び消費税の確定申告

法人・個人事業主の確定申告

料金

法人年間報酬   176,000円~
個人事業年間報酬 110,000円~
※事業規模により増加致します。

経理・決算の料金・事例

事例

めんどうな記帳を代行致します。

適時に記帳を代行して試算表を作成致します。

料金

100仕訳以下 11,000円(税込)
100仕訳超部分は、100仕訳ごとに5,500円プラス

事務所名
小山裕弥税理士事務所(大阪)
所在地
大阪府大阪市都島区 中野町5丁目6番19号フローラル・ステージ桜ノ宮301号 
アクセス
桜ノ宮駅徒歩1分

回答したみんなの税務相談

  • 業務委託インストラクター 確定申告での返金額、扶養を外れないで済むかの相談

    月々42,000円から源泉徴収額4,288円を引いた額の収入があります。経費はまだ計算してないので正確には分かりませんが、毎月6,000円の...

    2021年03月22日 投稿

    小山 裕弥 税理士の回答
    小山 裕弥

    初めまして税理士の小山裕弥と申します。 他に収入がないのであれば、全額51,456円(4,288円×12)戻ってくるかと思います。 扶養に入っていて問題ないかと思います。 配偶者控除の所得要件は、...

    この回答を詳しく見る
  • 確定申告について

    質問がおりまして、いま主人の扶養に入っております。会社員での仕事ではなく委託としての仕事ですが、今年の支払い額が65万でした。会社のほうで年...

    2021年03月22日 投稿

    小山 裕弥 税理士の回答
    小山 裕弥

    はじめまして税理士の小山裕弥と申します。 配偶者控除を受けるためのご本人の所得要件は、以下の通りです。 年間の合計所得金額が48万円以下(令和元年分以前は38万円以下)であること。(給与のみの場合は...

    この回答を詳しく見る
  • 電子マネーでの個人送金やり取りでかかる税について

    近年、電子マネーアプリの普及により個人間での送金が頻繁に行われています。そこで疑問なのですが、仮に複数の個人から少額ずつ(1万円程等)受け取...

    2021年03月21日 投稿

    小山 裕弥 税理士の回答
    小山 裕弥

    初めまして税理士の小山裕弥と申します。 暦年で贈与により受け取った金額が、110万円以内であれば贈与税は課税されません。 電子マネーの個人間の送金についても、基本的には現金や預金と変わりありません。...

    この回答を詳しく見る
  • 12月半ば退職者の年末調整(確定申告)について

    昨年12月半ばに退社しました。・年内の再就職なし(現在も無職)・給与は翌月支給(昨年12月中の出勤・有休消化分の給与は翌月の今年1月に支給)...

    2021年02月19日 投稿

    小山 裕弥 税理士の回答
    小山 裕弥

    初めまして税理士の小山裕弥と申します。 令和2年分の給与所得の源泉徴収票を確認してもらい、摘要欄に年調未済の記載があれば確定申告が必要かと思います。 記載がなければ、確定申告は不要かと思います。 ...

    この回答を詳しく見る
  • 国民健康保険料の支払い者が世帯主以外の場合

    世帯主当てに国民健康保険料の支払い請求がきますが世帯主が母(無職収入無し)で実際に支払いをしてるのは息子(個人事業主)の場合、息子の確定申告...

    2021年02月19日 投稿

    小山 裕弥 税理士の回答
    小山 裕弥

    初めまして税理士の小山裕弥と申します。 仰る通り実際の支払いをされている息子様が社会保険料控除を受けることになります。 ご確認をお願い致します。

    この回答を詳しく見る

監修したハウツー記事

監修した記事はありません。

この画像を閉じる 税理士ドットコム「税理士紹介サービス」