吉野拓朗税理士事務所(吉野拓朗税理士) | 品川区 | 五反田駅 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税理士検索
  3. 東京都
  4. 品川区
  5. 五反田駅
  6. 吉野拓朗税理士事務所

吉野拓朗税理士事務所

東京都品川区/五反田駅

プロフェッショナル × プロフェッショナル

東京都品川区東五反田1ー10ー9 STビル3F
地図
得意分野
  • 顧問税理士
  • 資金調達
  • 税金・お金
得意業種
  • 飲食
  • 流通・小売
  • 製造
  • 個人の相談も受付可
  • 国際会計対応可
  • 英語対応可

吉野拓朗税理士事務所を紹介してほしい方は 「税理士紹介サービス」へお問い合わせください

税理士ドットコム「税理士紹介サービス」

※ショッパーズアイ調べ 2020年6月調査

プロフェッショナル × プロフェッショナル

吉野拓朗税理士事務所とDigon Financial Advisory Servises株式会社(D-FAS)は、
経営コンサルタントと税理士・公認会計士が共同で経営する、
プロフェッショナル同士がコラボレーションしてサービスを提供する「未来型の会計事務所」です。

D-FASの他には中々真似できない特徴としまして、以下があります。
・外資経営コンサル出身メンバーが中心
・経験豊富な経理/税務経験をもつ税理士が所属
・最新事例やITスキルを有するメンバーが支援
・若くて意欲のある経営者を積極的に応援

単なる税金/お金の専門家だけに留まらず、
企業成長の土壌を作るためにサポートしたいと考えておりますので、
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

所属税理士

吉野 拓朗 税理士 33歳/ 男性

<経歴>
大企業やコンサル業で様々な業務に携わり、感じたことは「プロフェッショナル」でなければならないという思いです。 お客様に満足して頂くためのイレギュラー時の弾力性や、最後の踏ん張り。これこそがお客様に親身に寄り添って、やりきる事ができる「プロフェッショナル」精神と考えています。 私たちはそのような思いで、お客様から信頼されるサービスを提供し続けていきます。

平成22年11月 公認会計士試験に合格
平成23年3月 中央大学商学部卒業
平成23年4月 国内大手製造業にて経営企画・バックオフィス業務を経験
平成27年8月 公認会計士登録
平成30年6月 コンサルティングファームへ転職、
       外資系大手クライアントの課題解決に従事
平成30年7月 税理士登録
平成30年10月 コンサルティングファームと並行して独立開業 

吉野拓朗税理士事務所の詳細情報

事務所プロフィール
事務所名
吉野拓朗税理士事務所
所在地
東京都品川区東五反田1ー10ー9 STビル3F
地図
アクセス
所属税理士数
2名
代表税理士
名前
吉野 拓朗
所属税理士会
東京税理士会 
税理士登録年
2018年
得意分野・取り扱い分野
得意分野
  • 顧問税理士
  • 資金調達
  • 税金・お金
取り扱い分野
  • 顧問税理士
  • 資金調達
  • 節税
  • 会社設立
  • 確定申告
  • 相続税
  • 税務調査
  • 経理・決算
  • 税金・お金
得意業種・取り扱い業種
得意業種
  • 飲食
  • 流通・小売
  • 製造
取り扱い業種
  • 不動産
  • 金融
  • 飲食
  • 流通・小売
  • IT・インターネット
  • 美容
  • 運輸・物流
  • 製造
  • 教育
  • 医療・福祉
  • 旅行・ホテル
  • アミューズメント・レジャー
  • ファンド
  • 学校法人
  • 一般社団法人
取扱い会計ソフト
  • 弥生会計
  • ピクシスわくわく財務会計
  • JDL
  • TKC
  • オービック勘定奉行
  • マネーフォワード
  • freee
事務所名
吉野拓朗税理士事務所
所在地
東京都品川区東五反田1ー10ー9 STビル3F 
アクセス

回答したみんなの税務相談

  • 仮想通貨 確定申告

    昨年、仮想通貨を400万ほど購入しました。今年、240万ほど売却しました。現在残りの仮想通貨の時価総額は100万ほどを保有中です。確定申告は...

    2018年12月18日 投稿

    吉野 拓朗 税理士の回答
    吉野 拓朗

    回答させて頂きます。 確定申告が必要かは、所得が20万円以上あるかで判断致します。 そのため、240万円で売却した仮想通貨が、何円で購入したものかがポイントとなります。 仮に200万円で購入し...

    この回答を詳しく見る
  • 短期借入金について

    会社を起こした時に、役員から運転資金として短期借入金を借りました。年度内に返そうと思っていたのですが、預金残高が足りず返せませんでした。翌月...

    2018年12月18日 投稿

    吉野 拓朗 税理士の回答
    吉野 拓朗

    回答させて頂きます。 大きく検討すべきこととして、B/S上の処理、P/L上の処理、その他実務があります。 まず、B/S上の処理としては、決算時に翌年返金したいと判断している場合には、継続して短期...

    この回答を詳しく見る
  • 仮想通貨の税金について教えて下さい。

    同年度、平成30年度内の取引で結果最終プラマイゼロとなった場合ですが(30年度内)その前に利益が出てた場合はその利益分は雑所得に課税されるの...

    2018年12月17日 投稿

    吉野 拓朗 税理士の回答
    吉野 拓朗

    回答させて頂きます。 平成30年度内で所得がプラスマイナス0になった場合は、申告すべき雑所得も0となります。 所得が20万円未満の場合は、原則申告は不要です。 しかしながら、他の所得がある場合...

    この回答を詳しく見る
  • 仮想通貨のICOの税金について

    よろしくお願いします。バイナンス取引所でアルトコインをBTCに交換して、1万円ぐらいの利益が出ました。そのままバイナンス取引所から利益となっ...

    2018年12月16日 投稿

    吉野 拓朗 税理士の回答
    吉野 拓朗

    回答させて頂きます。 質問者様の場合、利益確定のタイミングが2つあります。 ①アルトコイン→BTCへの交換時 ②BTCにより参加したICO購入時 ②の計算方法は以下となります。 (BTCに...

    この回答を詳しく見る
  • 仮想通貨の税金について質問があります。

    仮想通貨の信用取引により利益が20万円出たとして、その利益で、一つ1万円の仮想通貨を現物で20万円分購入したとします。一つ1万円だった仮想通...

    2018年12月15日 投稿

    吉野 拓朗 税理士の回答
    吉野 拓朗

    回答させて頂きます。 以下の例のような状態であれば、質問者様のお考えの通りです。 ①信用取引のショートポジションにより、120万円で売却した仮想通貨を100万円で買い戻す(利益確定20万円) ...

    この回答を詳しく見る

監修したハウツー記事

監修した記事はありません。

この画像を閉じる 税理士ドットコム「税理士紹介サービス」