唐澤会計事務所(唐澤寛税理士) | 東京都小金井市 | 武蔵小金井駅 - 65,000件を超える税理士事務所の登録税理士や地図情報なら - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税理士検索
  3. 東京都
  4. 小金井市
  5. 武蔵小金井駅
  6. 唐澤会計事務所

唐澤会計事務所

東京都小金井市/武蔵小金井駅

お客様を第一に考える

東京都小金井市本町3丁目8番9号ニュー小金井マンション206号室
地図
JR中央線 武蔵小金井駅から徒歩7分
得意分野
  • 顧問税理士
  • 資金調達
  • 経理・決算
得意業種
  • 不動産
  • 金融
  • 建設・建築
  • 社会福祉法人
  • NPO法人
料金・事例
  • 個人の相談も受付可
  • 英語対応可
  • 料金・事例あり

「唐澤会計事務所」へのお問い合わせ

050-5449-0625

※お問い合わせの際は「"税理士ドットコム"をみた」とお伝えいただくとスムーズです。

お客様を第一に考える

唐澤会計事務所は、昭和43年に会計事務所としての一歩を踏み出しました。
当時はお客様から如何に信頼して頂けるか、よく悩み、お客様から教わることも多く御座いました。
今では多くのお客様からお声を掛けて頂けるまでになりましたが、初心を忘れず「お客様第一主義」の精神を胸に、持てる力全てを提供しており、上場会社の子会社も受嘱させて頂いた機会もございます。

所属税理士

唐澤 寛 税理士 男性
公認会計士・税理士・行政書士

平成26年9月 公認会計士登録(第32969号)
平成26年11月 税理士登録(第128510号)
平成26年12月 TKC全国会入会
平成27年2月 行政書士登録(第15080193号)
平成27年5月 経営革新等支援機関認定(関財金1第362号・20150512関東第2号による)
平成28年9月 登録政治資金監査人登録(第5139号・研修終了年月日平成29年7月21日)

著書
・『こんなときどうする 会社の税務Q&A』(共著、第一法規㈱)
・『チェックリスト 税務調査と会社経理』(共著、第一法規㈱) 

唐澤会計事務所の詳細情報

事務所プロフィール
事務所名
唐澤会計事務所
所在地
東京都小金井市本町3丁目8番9号ニュー小金井マンション206号室
地図
アクセス
JR中央線 武蔵小金井駅から徒歩7分
所属税理士数
1名
代表税理士
名前
唐澤 寛
所属税理士会
東京税理士会 
税理士登録年
2014年
得意分野・取り扱い分野
得意分野
  • 顧問税理士
  • 資金調達
  • 経理・決算
取り扱い分野
  • 顧問税理士
  • 資金調達
  • 節税
  • 会社設立
  • 確定申告
  • 相続税
  • 税務調査
  • 経理・決算
得意業種・取り扱い業種
得意業種
  • 不動産
  • 金融
  • 建設・建築
  • 社会福祉法人
  • NPO法人
取り扱い業種
  • 不動産
  • 金融
  • 飲食
  • 流通・小売
  • 建設・建築
  • IT・インターネット
  • 美容
  • 運輸・物流
  • 教育
  • 医療・福祉
  • アミューズメント・レジャー
  • 社会福祉法人
  • 医療法人
  • NPO法人
  • 学校法人
  • 一般社団法人
  • その他
取扱い会計ソフト
  • TKC
  • freee

顧問税理士の料金・事例

事例

パソコン会計による自計化、電子申告等なら当事務所にお任せください

唐澤会計事務所は、毎月、貴社へ出向き巡回監査を実施し、会計資料や会計記録の適法性と正確性を確保しながら、スピーディーに月次決算を行い、最新の経営成績と財政状態を分かりやすく報告し「黒字決算」を持続させる経営体質への転換を実現します。
税務の専門家として国税、地方税の電子申告、書面添付の推進にも積極的に取り組んでいます。

料金

お気軽にご相談ください。初回面談は無料です。

事務所名
唐澤会計事務所
所在地
東京都小金井市本町3丁目8番9号ニュー小金井マンション206号室 
アクセス
JR中央線 武蔵小金井駅から徒歩7分

回答したみんなの税務相談

  • プロパンガス業消費税簡易課税区分の判定について

    プロパンガスの配送業で消費税簡易課税を選択しています会社名義の社宅のガス売上は簡易課税区分は第1種か第2種にどちらになるのでしょうかご回答お...

    2020年09月17日 投稿

    唐澤 寛 税理士の回答
    唐澤 寛

     プロパンガスの購入者が社宅の住人ではなく、事業者である会社であり、そのことが、御社の帳簿や書類等で明らかにされているということであれば、第一種の卸売業として取り扱って差し支えないものと思われます。 ...

    この回答を詳しく見る
  • 個人事業主から個人事業主への外注依頼と交通費について

    個人事業主(免税事業者)です。従業員などはおらず1人で行っています。習い事のスクールを運営していますが、フリーランスの方に丸々お願いしたい仕...

    2020年09月16日 投稿

    唐澤 寛 税理士の回答
    唐澤 寛

    ①当該報酬は、文面を読む限り、「技術、スポーツ、知識等の教授・指導料」に該当するものと考えられるので、源泉徴収の対象になるものと思われます。 ②業務委託契約書は作っておいたほうが良いものと思われま...

    この回答を詳しく見る
  • 収益事業 法人税に関する提出書類

    法人格のない労働組合ですが、約1年前に収益事業開始届書を提出し現在、法人税を納めるために書類を作成しています。提出書類は「収益に関わる収益計...

    2020年09月16日 投稿

    唐澤 寛 税理士の回答
    唐澤 寛

     労働組合全体の貸借対照表は提出の義務はないものと思われますが、税務署や公益法人等の事業内容などによって、提出を求められるケースも多く、一概には言えないので、所轄の税務署にご相談されて、判断されるのが一...

    この回答を詳しく見る
  • 自宅兼職場での光熱費

    自宅兼サロンの場合の光熱費の帳簿の仕方を教えてください。だいたいサロンは、3割くらいかなと考えております。青色申告10万の簡易簿記です。支払...

    2020年09月15日 投稿

    唐澤 寛 税理士の回答
    唐澤 寛

     明細を分けた金額の3割ずつをそれぞれ、必要経費として帳簿に記帳するのがよいかと思います。  そうしたほうが、クレジットカードの明細と帳簿との対応関係が明確になり、税務調査があった場合に、説明が容易に...

    この回答を詳しく見る
  • 中古資産の償却方法の変更について

    中古資産の償却方法を変更する際の適用する耐用年数を教えて頂きたいです。中古耐用年数を適用している資産について償却方法を定率から定額法へ変更し...

    2020年09月15日 投稿

    唐澤 寛 税理士の回答
    唐澤 寛

     あくまで個人的見解になりますが、中古資産の耐用年数を適用している減価償却資産については、経過年数を控除する際、中古資産の耐用年数から控除して差し支えないものと考えます。  根拠は以下の通りです。...

    この回答を詳しく見る

監修したハウツー記事

  • 個人にも税務調査は行われる?対象となる人や対処法を解説【税務調査ガイド】

    原則として日本では、納税者が自ら税金の計算をして申告・納付する「申告納税制度」が採用されています。し...

    • 20

    2020年03月23日

    このハウツー記事を見る
  • 【完全ガイド】準確定申告(亡くなった人の確定申告)の期限や申告書の書き方を解説

    準確定申告とは、亡くなられた方(被相続人)の所得を、相続をする人(法定相続人または包括受遺者※)が代...

    • 40

    2019年09月17日

    このハウツー記事を見る

「唐澤会計事務所」へのお問い合わせ

050-5449-0625

※お問い合わせの際は「"税理士ドットコム"をみた」とお伝えいただくとスムーズです。