金田康弘税理士事務所の料金・事例 | 下関市 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税理士検索
  3. 福岡県
  4. 北九州市
  5. 門司区
  6. 小森江駅
  7. 金田康弘税理士事務所

金田康弘税理士事務所

山口県下関市/小森江駅

書面添付コンサルタント

山口県下関市下関市彦島塩浜町3-6-15
地図
下関駅からバスで15分
得意分野
  • 節税
  • 相続税
  • 税務調査
得意業種
  • 不動産
  • 金融
料金・事例
  • 個人の相談も受付可
  • 国税庁OB税理士在籍
  • 料金・事例あり

金田康弘税理士事務所を紹介してほしい方は 「税理士紹介サービス」へお問い合わせください

税理士ドットコム「税理士紹介サービス」

書面添付コンサルタント

書面添付コンサルタントとして、本業の発展に貢献します。国税OB税理士としてサポート致しますのでご安心下さい。相続税については国税OB相続専門税理士二名と提携しているためお任せください。業務提携先求む。不動産売買仲介もお任せください。株式会社ホワイトフレームの代表取締役金田康弘が対応致します。

所属税理士

金田 康弘 税理士 50歳/ 男性
書面添付コンサルタント 宅建士

広島国税局27年勤務後、平成28年7月に独立しました。主に法人税調査を担当し、課税第二部資料調査課(通称『リョウチョウ』)も担当しました。趣味はフルマラソンです。皆様の伴走者としてサポート致します。
不動産売買仲介なら株式会社ホワイトフレームへお任せ下さい。私が代表取締役です。
相続専門税理士と提携しています。ご安心ください。 

金田康弘税理士事務所の詳細情報

事務所プロフィール
事務所名
金田康弘税理士事務所
所在地
山口県下関市下関市彦島塩浜町3-6-15
地図
アクセス
下関駅からバスで15分
所属税理士数
1名
代表税理士
名前
金田 康弘
所属税理士会
中国税理士会 
税理士登録年
2016年
得意分野・取り扱い分野
得意分野
  • 節税
  • 相続税
  • 税務調査
取り扱い分野
  • 顧問税理士
  • 資金調達
  • 節税
  • 確定申告
  • 相続税
  • 税務調査
  • 経理・決算
  • 税金・お金
得意業種・取り扱い業種
得意業種
  • 不動産
  • 金融
取り扱い業種
  • 不動産
  • 金融
取扱い会計ソフト
  • A-SaaS

税務調査の料金・事例

事例

調査前から相談に応じます

セカンドオピニオン税理士として聞きたい、対応してほしい

料金

日当六万円税別、旅費実費、成果報酬任意

項目 費用・内容説明
税務調査日当 日当六万円税別、旅費実費

顧問税理士の料金・事例

事例

書面添付

月30分の監査で書面添付作成します

料金

年間書面添付作成料18万円

相続税の料金・事例

事例

要相談

資産一億円

料金

100万円~

項目 費用・内容説明
相続税 100万円~
不動産売買仲介 規定報酬
事務所名
金田康弘税理士事務所
所在地
山口県下関市下関市彦島塩浜町3-6-15 
アクセス
下関駅からバスで15分

回答したみんなの税務相談

  • 個人事業と法人を両方経営する場合の、社会保険料と確定申告について

    はじめまして。現在、個人事業を行なっており、国保・国民年金を家族で合計100万円/年ほど支払っています。==家族構成==夫(質問者本人)妻長...

    2018年02月19日 投稿

    金田 康弘 税理士の回答
    金田 康弘

    1 国保の金額を圧縮するため社会保険に加入をオススメします  利益関係なく、最低限の保険料がベスト 2 サラリーマンでなければ確定申告必要です

    この回答を詳しく見る
  • 質問検査権について

    税務調査における質問検査権は強力であり対象者(個人)には回答する義務があるということですが、たとえば、「どこの銀行に預金していますか?」「あ...

    2018年01月24日 投稿

    金田 康弘 税理士の回答
    金田 康弘

    二年前まで、広島国税局に勤務してました。主に法人税調査担当。 一般的には答えた方がよいでしょう。なぜかといいますと、当局側はある程度調べてます。答えない銀行は、答えない理由があると判断され、単なるミス...

    この回答を詳しく見る
  • 太陽光発電の売電収入による法人化

    現在、会社員+課税事業者の個人事業主3期目が終わろうとしていますが、低圧(50kw)未満の太陽光発電所を8基所有しており、1900万(税込)...

    2017年12月12日 投稿

    金田 康弘 税理士の回答
    金田 康弘

    1 課税事業者では無くなるが、設立コストがかかる 2 設立二期は免税事業者 3 設立コストはかからないが、定款変更費用かかる

    この回答を詳しく見る
  • 個人事業主の事務所移転について

    現在の事務所を自宅と兼用にしているのですが、近々兼用をやめようと思っていて、以下のようにする予定です。現在自宅、事務所、納税地 → 同一住所...

    2017年11月24日 投稿

    金田 康弘 税理士の回答
    金田 康弘

    自宅を納税地として申告する場合は不要です。事業所を納税地として申告する場合は移転の手続きが必要です。 税務調査の事を考えると、税務署の管轄が変わる事で、税務署側の目線が変わりますので、移転した方が少し...

    この回答を詳しく見る
  • 税務調査で法人税の期末の経費調整が発覚した場合

    法人税についてお伺いします。期末に、「節税」として駆け込みで経費計上できる商品を購入することは、多くの会社で行われていると思います。顧問税理...

    2017年09月05日 投稿

    金田 康弘 税理士の回答
    金田 康弘

    1 問題なし 2 A単なるミスであれば過少申告加算税対象  B過大申告のため現状維持で問題なし、場合によっては更正の請求し税還付 3 A重加算税の可能性大  B2と同様 4 A重加算税  B...

    この回答を詳しく見る

監修したハウツー記事

監修した記事はありません。

この画像を閉じる