税理士ドットコム - [節税]個人事業と法人を両方経営する場合の、社会保険料と確定申告について - 1 国保の金額を圧縮するため社会保険に加入をオス...
  1. 税理士ドットコム
  2. 節税
  3. 個人事業と法人を両方経営する場合の、社会保険料と確定申告について

個人事業と法人を両方経営する場合の、社会保険料と確定申告について

はじめまして。
現在、個人事業を行なっており、国保・国民年金を家族で合計100万円/年ほど支払っています。

==家族構成==
夫(質問者本人)

長女
次女
============

今後、その個人事業は続けつつ別事業を法人で設立し、
個人事業・法人の両方を経営する予定です。


ご質問1) 社会保険料について ---------

法人の方が利益は少ないのですが、そちらで社会保険に入ることで
国保・国民年金から脱却したいです。

法人の役員報酬は年間でも6万円程度。妻は扶養に入れるので、
社会保険料は6万円 x 約30% = 2万円程度となり、だいぶ節約できるのではと考えているのですが、
この通りうまくいくでしょうか?

- 利益が多い方の事業で社会保険に加入する必要がある
- 年間いくら以上でないと社会保険に入れない

など、考慮の至らぬ部分がありましたらご教授いただきたいです。
以下、参考情報です。

==法人:純利益15万/年==
夫: 代表取締役。報酬5千円/月
妻: 非常勤役員。報酬なし
============

==個人事業:純利益500万/年==
夫: 個人事業主。
妻: 青色専従者。年収130万未満
============

※将来の年金受給額が下がるデメリットは承知の上です
※法人は節税目的ではなく信用目的として設立するもので、この程度の利益で法人化する金銭的なデメリットも承知の上です



ご質問2) 確定申告について ---------

個人事業としては5年間ほど青色申告をしているのですが、法人としては初めてです。
個人事業・法人の両方を経営する場合の確定申告のやり方は以下の手順で合っていますでしょうか?

1. 法人の(法人税等の)申告は、法人の決算期に申告
2. 個人としては年末に源泉徴収票をもらい年内に年末調整を行う。
この時点では個人事業の所得は確定していないので特に申告する必要はなし。
(住宅ローン控除はこのタイミングでは無く、以下の個人事業の青色申告のタイミングで行う..?)

3. 個人事業の青色申告はこれまで通り3月頃に行う。
  法人での所得はこのタイミングで"給与所得"として申告。



以上どうぞ宜しくお願い致します。

税理士の回答

1 国保の金額を圧縮するため社会保険に加入をオススメします
 利益関係なく、最低限の保険料がベスト
2 サラリーマンでなければ確定申告必要です

本投稿は、2018年02月19日 12時49分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

節税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
25,197
直近30日 相談数
1,160
直近30日 税理士回答数
2,309