筒井功税理士事務所(筒井功税理士) | 福岡県福岡市 | 西鉄平尾駅 - 65,000件を超える税理士事務所の登録税理士や地図情報なら - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税理士検索
  3. 福岡県
  4. 福岡市
  5. 中央区
  6. 西鉄平尾駅
  7. 筒井功税理士事務所

筒井功税理士事務所

福岡県福岡市/西鉄平尾駅

懇切丁寧に

所在地
福岡県福岡市中央区 平尾2丁目15番26号ベルコモンズ平尾 401
地図
アクセス
西鉄平尾駅から徒歩2分
得意分野
  • 顧問税理士
  • 会社設立
  • 確定申告
得意業種
  • 不動産
  • 金融
  • 建設・建築
  • 製造
料金・事例
    • 個人の相談も受付可

    筒井功税理士事務所 を紹介してほしい方はこちら

    税理士ドットコム「税理士紹介サービス」

    懇切丁寧に

    税理士開業以来39年の経験を生かし、様々な事案に対応いたします。

    所属税理士

    筒井 功 税理士 男性

    1968年早稲田大学第一政治経済学部卒業
    1979年税理士登録、1981年行政書士登録

    会社設立、税務顧問、法人並びに個人の記帳、決算、確定申告、相続税の確定申告、税務調査の立会い等
    税金に関することはすべて相談承ります。

    また、建設業の許可申請等、会社および不動産の登記等、社会保険に関する件、税法以外の法律の件は私の永年のパートナーである行政書士、司法書士、社会保険労務士、弁護士の先生方をそれぞれご紹介いたします。

    現在は法人を中心に建設業、卸小売業、輸出業、不動産業、医業、介護事業、リース業、建築設計業、歯科技工業、整骨院業、飲食業等
    幅広い業種の顧客を担当しています。

    税務相談は原則無料にてお受けしております。




     

    筒井功税理士事務所の詳細情報

    事務所プロフィール
    事務所名
    筒井功税理士事務所
    所在地
    福岡県福岡市中央区 平尾2丁目15番26号ベルコモンズ平尾 401
    地図
    アクセス
    西鉄平尾駅から徒歩2分
    所属税理士数
    1名
    代表税理士
    名前
    筒井 功
    所属税理士会
    九州北部税理士会 
    税理士登録年
    1979年
    得意分野・取り扱い分野
    得意分野
    • 顧問税理士
    • 会社設立
    • 確定申告
    取り扱い分野
    • 顧問税理士
    • 資金調達
    • 節税
    • 会社設立
    • 確定申告
    • 相続税
    • 税務調査
    • 経理・決算
    得意業種・取り扱い業種
    得意業種
    • 不動産
    • 金融
    • 建設・建築
    • 製造
    取り扱い業種
    • 不動産
    • 金融
    • 飲食
    • 流通・小売
    • 建設・建築
    • 製造
    • 医療・福祉
    取扱い会計ソフト
    • MJS
      事務所名
      筒井功税理士事務所
      所在地
      福岡県福岡市中央区 平尾2丁目15番26号ベルコモンズ平尾 401 
      アクセス
      西鉄平尾駅から徒歩2分

      回答したみんなの税務相談

      • 先物取引(FX)の損失の繰り越しは住民税の計算には適用されないのでしょうか

        2018年5月18日に私が居住する愛知県岡崎市の市役所へ国民健康保険料の減額申請を行いに行きました。減額の条件は、「住民税非課税世帯であるこ...

        2018年05月19日 投稿

        筒井 功 税理士の回答
        筒井 功

        FXによる差金決済による差益は「先物取引に係る雑所得等」として、所得税15%住民税5%の税率で課税されます。 差損が生じた場合は、他の「先物取引に係る雑所得等」と損益通算しても引ききれない損失の金額は...

        この回答を詳しく見る
      • かんぽ保険料の贈与税について、教えていただけますか

         相続税対策として、H27 1月簡保生命の新フリープラン特別養老保険10年を勧められ契約しました。内容は、保険契約者が私、被保険者が息子、保...

        2018年02月19日 投稿

        筒井 功 税理士の回答
        筒井 功

        生命保険契約の保険料を親族が払ってくれた場合、その人は保険料を払ってくれた親族から保険料の贈与を受けたということにはなりません。 保険金の支払いがあったとき、またはその親族が亡くなったときに、贈与や相...

        この回答を詳しく見る
      • 個人事業主に贈与した場合の課税について

        個人Aは個人事業主であるところ、個人Bから、個人Aに対して100万円を贈与し、これとは別に、個人Aの「事業」に対しても50万円を贈与した場合...

        2018年02月10日 投稿

        筒井 功 税理士の回答
        筒井 功

        個人Aの「事業」に対する50万円の贈与は、その事業に対する対価性がないと思われますので、事業所得の収入とはならず事業資金の贈与になります。 なので、暦年贈与として贈与税の課税対象となり、個人事業では事...

        この回答を詳しく見る

      監修したハウツー記事

      監修した記事はありません。

      筒井功税理士事務所
      を紹介してほしい方はこちら

      はじめての税理士探し・税理士の変更は税理士ドットコムにお任せください。

      税理士ドットコム「税理士紹介サービス」
      コーディネーターが税理士探しを無料でサポートします

      お電話でのお問い合わせ

      05075864077

      メールでお問い合わせ

      お問い合わせはこちら