福田税理士事務所(福田浩二税理士) | 東京都千代田区 | 神保町駅 - 65,000件を超える税理士事務所の登録税理士や地図情報なら - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税理士検索
  3. 東京都
  4. 千代田区
  5. 神保町駅
  6. 福田税理士事務所

福田税理士事務所

東京都千代田区/神保町駅

プロフェッショナルとしてのサービスを心がけます

所在地
東京都千代田区神田神保町2-14朝日神保町プラザ809号
地図
アクセス
神保町駅徒歩2分、水道橋駅徒歩6分
得意分野
  • 顧問税理士
  • 会社設立
  • 経理・決算
得意業種
  • 流通・小売
  • 建設・建築
  • IT・インターネット
  • 美容
  • 製造
料金・事例
  • 個人の相談も受付可
  • 料金・事例あり

「福田税理士事務所」へのお問い合わせ

050-5366-6251

※お問い合わせの際は「"税理士ドットコム"をみた」とお伝えいただくとスムーズです。

プロフェッショナルとしてのサービスを心がけます

経営者が永続的に繁栄できるような経営計画、目標設定ができるよう支援をいたします。税務の専門家として、法令に基づく正しい税務対策をさせていただきます。

所属税理士

福田 浩二 税理士 57歳/ 男性

納税者や経営者のみなさまとの信頼関係のもとでみなさまのビジネスや資産状態、家族の状況までも理解し、親身に相談できるパートナーとして、みなさまの未来を開く一助になりたいと考えています。 

福田税理士事務所の詳細情報

事務所プロフィール
事務所名
福田税理士事務所
所在地
東京都千代田区神田神保町2-14朝日神保町プラザ809号
地図
アクセス
神保町駅徒歩2分、水道橋駅徒歩6分
所属税理士数
1名
代表税理士
名前
福田 浩二
所属税理士会
東京税理士会 
税理士登録年
2011年
得意分野・取り扱い分野
得意分野
  • 顧問税理士
  • 会社設立
  • 経理・決算
取り扱い分野
  • 顧問税理士
  • 資金調達
  • 節税
  • 会社設立
  • 確定申告
  • 相続税
  • 税務調査
  • 経理・決算
  • 税金・お金
得意業種・取り扱い業種
得意業種
  • 流通・小売
  • 建設・建築
  • IT・インターネット
  • 美容
  • 製造
取り扱い業種
  • 不動産
  • 飲食
  • 流通・小売
  • 建設・建築
  • IT・インターネット
  • 美容
  • 運輸・物流
  • 製造
  • 教育
  • 旅行・ホテル
  • その他
取扱い会計ソフト
  • PCA会計
  • TKC

経理・決算の料金・事例

事例

丁寧にサポートさせていただきます

<記帳指導>
原則として毎月1度は訪問し、記帳指導をさせていただきます。その際に請求書や領収書などのファイリング方法もご指導させていただきます。

<会計システムの導入支援>
会計ソフトの導入を検討しておられる場合には、選定から操作指導にいたるまで丁寧にアドバイスさせていただきます。

<決算業務>
決算業務のご指導および国税、地方税に係る各種申告書等を作成いたします。

料金

お気軽にお問い合わせください。

相続税の料金・事例

事例

お客様の不安を解消いたします

将来のことが気になっている方のご相談を承っております。
納税はなくても、財産の名義変更などの引継ぎ手続きの不安を解消します。

料金

お気軽にお問い合わせください。

事務所名
福田税理士事務所
所在地
東京都千代田区神田神保町2-14朝日神保町プラザ809号 
アクセス
神保町駅徒歩2分、水道橋駅徒歩6分

回答したみんなの税務相談

  • 税抜経理会社の貸倒損失の仕訳について

    山中雅明先生が以前、税抜経理会社の貸倒損失の会計処理の回答を拝見しますと、税抜金額で貸倒損失を計上すると回答されていましたが、例えば個別引当...

    2019年12月25日 投稿

    福田 浩二 税理士の回答
    福田 浩二

    私の私見ですが回答させていただきます。 まず最初に、貸倒引当金とは将来に発生するであろうその有する金銭債権の貸倒れによる損失の見込額を見積り計上するものです。従って、個別引き当て懸念債権であっても、損...

    この回答を詳しく見る
  • 交通ICカードの履歴が無い場合の考え方について

    2019年開業で個人事業主として、来年はじめて青色申告をします。交通手段として交通ICカードを利用していますが、7月以前のICの履歴がありま...

    2019年12月19日 投稿

    福田 浩二 税理士の回答
    福田 浩二

    事業用交通費として利用した分の手書きのメモに基づいて「交通費精算書」を作成すれば大丈夫です。一般的なフォームには、日付、行先・出張先、用件、利用区間、金額などを記載するケースが多いです。 以上、誤解な...

    この回答を詳しく見る
  • 個人事業主が合同会社を作った時にかかるプラスの税金

    個人事業主での事業所得が年500万円ほどあります。ただ、まだ開業数年のため経費を除くと所得は30万円ほどです。なので住民税?税金?はたぶん何...

    2019年12月13日 投稿

    福田 浩二 税理士の回答
    福田 浩二

    個人事業の所得はすべて合同会社に引き継ぐことを前提に回答させていただきます。 質問1 合同会社を作ったことで質問者様は、いわゆるサラリーマンと同様な立場になったことになりました。すなわち、役員報...

    この回答を詳しく見る
  • 法人クレジットカードの明細に接待先の名称を記録する。

    法人クレジットカードで客先を飲食や贈答品購入で支払をした。クレジット会社からの請求明細書に相手先の会社名称・住所・電話番号・個人名を記録や記...

    2019年12月12日 投稿

    福田 浩二 税理士の回答
    福田 浩二

    簡便的にクレジットカード会社からの請求明細書を経費精算書代わりに使われているケースがあるようですが、カード会社からの請求明細書とは、あくまでも貴社とカード会社との債権債務を表す明細にすぎず、貴社が例えば...

    この回答を詳しく見る
  • 会社設立費用と出資金は経費になりますから?

    青色申告をしている個人事業主です。パートナーと合同会社を設立します。個人事業も継続します。設立費用と出資金は、個人事業の経費にできますでしょ...

    2019年12月11日 投稿

    福田 浩二 税理士の回答
    福田 浩二

    結論から申しますと、経費にはできません。 設立費用は、合同会社の費用になります。また、出資金は質問者様の資産です。 以上、誤解なきようご理解ください。

    この回答を詳しく見る

監修したハウツー記事

監修した記事はありません。

「福田税理士事務所」へのお問い合わせ

050-5366-6251

※お問い合わせの際は「"税理士ドットコム"をみた」とお伝えいただくとスムーズです。