仮想通貨含む収入「1億円以上」は331人、国税庁「おおむね適正」 2017年確定申告 - 税金やお金などの身近な話題をわかりやすく解説 - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

05075861865

  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 仮想通貨
  4. 仮想通貨含む収入「1億円以上」は331人、国税庁「おおむね適正」 2017年確定申告

仮想通貨

仮想通貨含む収入「1億円以上」は331人、国税庁「おおむね適正」 2017年確定申告

仮想通貨含む収入「1億円以上」は331人、国税庁「おおむね適正」 2017年確定申告
写真はイメージです(Anesthesia / PIXTA)

仮想通貨取引を含めた収入について、2017年に1億円以上あったと申告したのは331人だったと国税庁が5月25日発表した。仮想通貨の代表格であるビットコインが2017年末に高騰するなど、億単位の稼ぎがあった人たちは「億り人」と呼ばれ、話題になった。芸能界でも、お笑い芸人が仮想通貨にのめり込む様子がバラエティー番組などで特集されている。

●「引き続き適正申告を促す」

国税庁によると、2198万人が2017年分の所得税について確定申告をした。このうち、公的年金を除く雑所得の収入が1億円以上あったのが549人で、この549人のうち仮想通貨の取引による収入があったのが331人だったという。

一方、日本仮想通貨交換業協会は4月10日、仮想通貨を含む預かり資産額で「1億円以上」なのは268口座(全体の0.02%)だと発表している(国内、2018年3月時点)。時点が異なることもあるが、桁違いに離れた数字にはならなかった。

国税庁は「331人という数字について言えば、おおむね適切に申告がされたということだと思っている。引き続き、適正申告を促していく」(個人課税課の担当者)としている。

仮想通貨取引で得た利益については、国税庁が2017年8月、原則として「雑所得」の区分となり課税されるという見解を示した。同年12月には仮想通貨の売却のほか、仮想通貨Aを仮想通貨Bに交換した際など、複数のパターンを例示して適正申告を呼びかけていた。

(税理士ドットコム トピックス)

仮想通貨の他のトピックスを見る

新着記事

もっと見る

公式アカウント

その日配信した記事やおすすめなニュースなどを、ツイッターなどでつぶやきます。

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

「税理士ドットコム」を騙る業者にご注意ください!