まじめ学生、家計のために「年収130万円」稼ぐも…親は悔し涙 - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

05075861865

  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 所得税
  4. まじめ学生、家計のために「年収130万円」稼ぐも…親は悔し涙

まじめ学生、家計のために「年収130万円」稼ぐも…親は悔し涙

所得税

まじめ学生、家計のために「年収130万円」稼ぐも…親は悔し涙
画像はイメージです(Sunrising / PIXTA)

バイトを掛け持ちして働く大学生が、「年103万円を超えてしまいそうだが、どうすればいいのか」という質問を税理士ドットコムに寄せた。

学生は実家暮らし。共働きの両親のおかげで、世帯収入は現在、約800万円あるが、学生は家計のために「勤労学生をやろう」と決意したそうだ。

学生は、パートタイムでよく聞く「年103万円の壁」を意識した方が良いのか。小野郁子税理士に聞いた。

●「勤労学生控除」とは

ーー家計のために働く大学生も少なくなさそうです。そうした学生さんが知っておくとよい制度はありますか

「勤労学生控除という制度を知ってほしいですね。この制度は、一定の所得控除を受けることができ、所得税が安くなります」

ーー普通のアルバイト学生とは、違うのでしょうか

「勤労学生は12月末時点で以下の3つの要件をすべて満たす必要があります。

1)給与所得などの勤労による所得があること
2)合計所得金額が65万円以下で、そのうちの1)の勤労に基づくもの以外の所得が10万円以下であること
3)高校生、大学生などであること

2)の「1)の勤労に基づくもの以外」とは、株の取引などの収入をさします。また、3)はほかに高専や職業訓練法人など幅広い学校が対象です」

ーーこの控除を受けると、何がお得なのでしょうか

「学費のためバイトをしている大学生は勤労学生控除を受ける事により、通常は所得税のかからない給与収入103万円の壁が、130万円まで拡大するという事になります。

勤労学生控除を受けるには、年末調整時の書類に勤労学生である旨申請する、バイト掛け持ちの場合は確定申告で勤労学生控除を受ける事になります」

ーー103万円を超えても、親の控除に入れますか

「いえ。勤労学生控除の130万円ルールは学生本人の所得税に適用され、親の扶養に入れるかどうかの判定は、あくまでも給与収入103万円までとなりますので、注意が必要です」

ーーどういうことですか

「単刀直入に言えば、学生にとってはお得な制度ですが、親にとっては損する可能性があります。親の扶養から外れることで、親の納税額が増える可能性があるからです。

バイトを増やして勤労学生控除を受けても、給与収入が103万円を超えていると親の扶養から外れ、親の所得税が増えてしまいます。親への影響を考えると103万円以内でバイトするのが良いのかもしれません」

【取材協力税理士】
小野 郁子(おの いくこ)・税理士
港区品川駅の女性税理士。女性の税に関する専門家として、女性経営者の法人・個人の税務・確定申告・法人化の相談の他、クラウド会計や国際税務についてもサポート
事務所名 : 小野郁子税理士事務所
事務所URL:https://sub.shinagawatax.com/

(税理士ドットコム トピックス)

所得税の他のトピックスを見る

新着記事

もっと見る

公式アカウント

その日配信した記事やおすすめなニュースなどを、ツイッターなどでつぶやきます。

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

「税理士ドットコム」を名乗る業者にご注意ください!