総合課税と分離課税とは?対象となる所得一覧と計算方法を解説 - 税理士ドットコムハウツー

税理士を無料紹介!

  • 24時間
  • 年中無休
  • 秘密厳守
  • 全国対応

通話無料 0120537024

  1. 総合課税と分離課税とは?対象となる所得一覧と計算方法を解説

総合課税と分離課税とは?対象となる所得一覧と計算方法を解説

所得税は、所得の合計をもとに税額を計算して確定申告により税金を納める「総合課税」が原則ですが、ある一定の所得については、他の所得金額と合計せずに分離して税額を計算する「分離課税」となります。

なぜ、このような2つの課税方法があるのでしょうか?今回はどんな所得がどの課税方法になるのか、それぞれの制度での計算方法など、所得税を申告する際に知っておきたい課税制度について解説します。

目次

所得区分ごとに課税方法は異なる

所得は所得の性質によって、給与所得や事業所得など10種類に分けられています。

そして、その所得区分によって所得税のかけられ方が異なっています。課税方法には「総合課税」「分離課税」の2種類があります。

「総合課税」の対象となる所得

所得税の課税は、原則的には総合課税となります。総合課税を一言でまとめると、「各種の所得金額をひとまとめにして税額を計算する方法」です。総合課税の対象になる所得区分には、次の8種類となります。

  • 利子所得(源泉分離課税に該当しないもの)
  • 配当所得(源泉分離課税に該当しないもの)
  • 不動産所得
  • 事業所得
  • 給与所得
  • 譲渡所得(株式・建物・土地を除くもの)
  • 一時所得
  • 雑所得

「分離課税」の対象となる所得

一方、分離課税「ほかの所得とは合算せずに別々に分けて税額を計算する方法」です。総合課税に比べて適用される税率が低くなることがあります。

これは一時的に得た所得が大きい場合、総合課税で計算すると所得税額が大きくなってしまうので、これを避けるためになります。分離課税の対象となる所得は以下のものになります。

  • 利子所得(源泉分離課税に該当しないもの)
  • 配当所得(源泉分離課税に該当しないもの)
  • 退職所得
  • 山林所得
  • 譲渡所得(株式・建物・土地など)

また、分離課税はさらに確定申告で本人が申告する「申告分離課税」と源泉徴収により自動的に納付される「源泉分離課税」の2種類に分けられます。

総合課税制度による税額の計算方法と納税方法

総合課税制度の計算手順は以下のとおりです。

1.総合課税に該当する所得金額を合計する
2.所得金額の合計額から該当する所得控除額を差し引く
3.所得税の速算表に基づき税率を課して所得税額を計算する

総合課税制度では、上記のように求めた所得税額を申告納税によって納めます。

申告分離課税制度による税額の計算方法と納税方法

申告分離課税制度の計算方法は、以下のようになります。

1.所得区分ごとの合計額を計算する
2.それぞれの所得に対して所得税率を課して所得税額を算出する

申告分離課税制度では総合課税制度と同じく、上記で求めた所得税額を申告納税によって納めることになります。

なお、確定申告の際には一般に使用する確定申告書第一表、第二表のほかに第三表(分離課税用)も作成して、提出しなければなりません。該当する収入欄、所得欄、税金欄に金額を記入して、忘れずに第三表も提出するようにして下さい。

源泉分離課税制度による税額の計算方法と納税方法

源泉分離課税制度も申告分離課税と同じく、所得税率を個別に課す課税方法となっています。ただし、納税方法は「源泉徴収」によって行われます。源泉分離課税での税額の計算方法は次のとおりです。

1.利子所得・配当所得などはその所得額に20.315%(所得税15.315%+住民税5%)が課される
2.一定の割引債の償還差益はその所得額に18.378%(特定のものは16.336%)が課される

源泉分離課税制度では、源泉徴収によって納税するため、あえて自分で確定申告をする必要はありません。利子所得や配当所得などであれば、一般的には取り扱いをしている証券会社などが源泉徴収をして納税してくれています。

同じ所得区分でも課税方法が異なる場合もあるので注意

雑所得や譲渡所得なども原則は総合課税ですが、内容によっては分離課税になることもあるので注意が必要です。

ほかに、利子所得や配当所得は原則として総合課税制度によって所得税額が計算されます。しかし、利子所得であれば、預貯金の利子や公社債の利子などは多くが源泉分離課税の対象です。

また、配当所得であれば「確定申告不要制度」を選択することで源泉分離課税の対象にできるよう制度化されています。

おわりに

このように所得税は所得区分にとって課税方法が異なり、また納税方法も違ってきます。確定申告の際には、自分の所得がどの課税方法に当てはまるのかを確認した上で、正しく申告・納税するようにしましょう。このページがご参考になれば幸いです。

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

確定申告に関する税務相談Q&Aをみる

確定申告の申告遅れ

2014年06月16日 投稿 確定申告は毎年3月15日が期限だと思いますが、 仮に、申告期限が遅れた場合のペナルティーはどんなものがあるのでしょうか? 高い延滞利息が付いたり、税務調査が入...

税理士回答数 :  2

【震災関連】家財に対する雑損控除について

2014年06月16日 投稿 今回の震災により家屋及び家財が被災しました。 家屋については自治体より「一部損壊」の認定を受け罹災証明を保有しております。家財については一部食器類の破損、冷蔵庫...

税理士回答数 :  1

土地の売却、購入による確定申告の必要性

2014年06月16日 投稿 約30年前に3000万円で土地付一軒家をAが2/3名義で、娘Bが1/3名義にて購入しました。(実質は100%A所有) 昨年3500万円で売却、そこで、500万の...

税理士回答数 :  2

確定申告で繰越控除をする場合の配当金の扱いについて

2014年06月16日 投稿 確定申告についての質問です。 昨年は株の譲渡損が50万円あり、確定申告で繰越控除をしました。 今年は、株の取引はなく、上場会社の配当金が20万円あります。 確...

税理士回答数 :  1

不動産購入のために行った確定申告の修正申告

2014年06月16日 投稿 一昨年、昨年の修正申告の事で伺います。今年の2月に不動産購入を考え、不動産屋に妻400万以上を二期分つくるように言われ、専業主婦ですが、言われるままに申告しまし...

税理士回答数 :  1

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
通話無料 0120537024
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応