「申告所得税」と「源泉所得税」の違いとは?【所得税制度の基本】 - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

05075863695

  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 所得税
  4. 所得税のハウツー
  5. 所得税制度の基本を知ろう!「申告所得税」と「源泉所得税」の違いは?

所得税制度の基本を知ろう!「申告所得税」と「源泉所得税」の違いは?

同じ所得税という言葉がつく「申告所得税」と「源泉所得税」ですが、その性質は全く異なるものだと言えます。

今回はこれら2つの所得税の違いを紹介しつつ、所得税の基本を解説します。これらの違いを押さえておけば、実務における所得税の取り扱いについて理解が深まることと思います。

目次

「申告所得税」と「源泉所得税」

所得税とは名前の通りで、個人の「所得(給与所得や事業所得など)」に課せられる税金のことです。この所得税は納付方法によって「申告所得税」「源泉所得税」の2種類にわけられます。なお、いずれも所得税法に基づいて制度化されています。

  • 申告所得税:個人の所得を「申告納税制度」に基づいて納める所得税
  • 源泉所得税:個人の所得を「源泉徴収制度」に基づいて納める所得税

一般的に所得税と言うと「申告所得税」を指す場合が多く、それと区別する所得税として「源泉所得税」が使われる場合もあります。実際、国税庁の税目もこの通りです。

「申告納税制度」が原則

申告納税制度とは、納税者(所得者)本人が1月1日から12月31日までに稼いだ「所得」を基に所得税額を計算し、それを税務署に申告・納税する手続きのことです。

なお、日本の現行制度は、原則として「申告納税制度」が採用されています。

「源泉徴収制度」は一部の所得

源泉徴収制度とは、所得を支払うもの(源泉徴収義務者)が支払い時に源泉徴収を行っており、その源泉徴収分を納付する手続きのことです。この制度は給与や報酬、利子、配当といった特定の所得のみが対象となっています。

なお、必ずしもその所得者の所得税額と源泉徴収額が一致するとは限らないため、年末調整といった方法で過不足を精算する仕組みも採用されています。そして、この年末調整のみで源泉所得税を精算できる場合は、確定申告をしなくて済むようになっています。

所得税をより深く理解するためのポイント

所得税の納付方法には「申告納税制度」「源泉徴収制度」の2種類が設けられています。これらの相違点についてまとめるので、より深く制度を確認していきましょう。

所得の種類と納付方法の関係

所得税法上、所得は10種類に分類されています。

このうち申告納税制度では原則として全ての所得が対象となっています。一方、源泉徴収制度では給与をはじめ、利子や配当、報酬、退職金、年金などが対象になっています。

ただし、源泉徴収されているからと言って、必ずしも確定申告が不要になる訳ではありません。たとえば、「給与所得で2,000万円超を得ている方」などは、原則として確定申告を行う必要があります。

したがって、あくまで特定の所得が源泉徴収されるだけであり、その部分については納税徴収義務者が納付していると理解しておきましょう。

税の負担者と納税義務者の関係

申告納税制度では所得税の負担者と納税義務者は同一人物であることがほとんどだと言えます。一方で、源泉徴収制度では「負担者は所得を受け取るもの」ですが、「納税者は所得を支払うもの(納税徴収義務者)」となります。

ここに2つの制度の差があるのです。なお、納税徴収義務者は法人だけでなく、給与や報酬を支払う個人であっても該当します。

税務当局が源泉徴収制度を採用している理由はいくつか考えられ、たとえば、所得税を確実に徴収する、煩雑な税務手続きを解消するといったことが挙げられます。もちろん、給与所得者は給与以外の所得を得ていないことが多いので、そういった方が確定申告をしないで済むという利点も挙げられます。

所得税納付・還付までのプロセス

申告納税制度では基本的に納税者が所得額や所得税額を計算し、申告書を作成して、税金を納付します。一方、源泉徴収制度では支払時に所定の方法で所得税額を計算し、その金額を天引きした上で支払いを行っています。また、天引きされた源泉所得税は原則として支払月の翌月10日までに税務署へ納付されます。

そして、給与所得者の場合は年末調整という形で、1年間の所得税額を調整して、勤め先から還付を受けたり、追加で徴収されたりします。

また、個人事業主や年金受給者などは年末調整がないので、必要に応じて確定申告を行わなければなりません。つまり、源泉徴収制度とは負担者は所得税を前払いしている状態だという訳です。

おわりに

所得税は納付方法で分類すると「申告所得税」と「源泉所得税」の2種類に分けることができます。大きな違いは「誰が納付するのか?」というところにあり、前者の場合は納税者本人が、後者の場合は勤め先といった源泉徴収義務者が納付を行うことということです。

結局のところは所得額に対して税率を課し、所得税額を納めることにはなるのですが、こうした違いを理解しておきましょう。

経費管理や確定申告を楽にしたいなら、

所得税に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

所得税に関する税務相談Q&Aをみる

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応