所得控除と税額控除の違いは?それぞれの種類や控除方法、申請手続きを解説

税理士の無料紹介サービス24時間受付

05075866955

  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 確定申告のハウツー
  4. 所得控除と税額控除の違いは?それぞれの種類や控除方法、申請手続きを解説

所得控除と税額控除の違いは?それぞれの種類や控除方法、申請手続きを解説

監修: 鷹野 勝 税理士

所得控除と税額控除は、両方とも税金負担を軽減する制度ですが、控除方法に違いがあります。

このページでは、所得控除と税額控除の違いや控除方法から、控除を受けるまでの流れを解説します。

目次

所得控除と税額控除の違い

日本の所得税には、税金の負担を軽減できる「控除」と呼ばれる制度があり、その種類は「所得控除」と「税額控除」の2つがあります。

所得控除:所得合計額から差し引くもの

「所得控除」とは、所得合計額から差し引くことができる控除制度のことです。

所得控除の目的は、各納税者の個人的事情を加味したうえで所得税額を算出するためとなっています。

控除方法

所得控除は所得合計額から控除するので、以下のように計算します。

所得合計額(収入金額-必要経費)-所得控除額

所得控除額は適用する控除内容によって金額が異なります。そのため、要件を満たすものを確認し、その所得控除額の合計を所得から差し引きます。

税額控除:税額から差し引くもの

「税額控除」とは、税額から差し引くことができる控除制度のことです。

所得控除とは異なり、税額控除は政策措置として国家による補助的な目的で制度化されています

控除方法

税額控除は所得税額から控除されるので、以下のように計算します。

所得税額(課税所得金額×所得税率)-税額控除額

税額控除額も控除内容によってその金額が変わります。該当する税額控除を確認して、そのうえで正しい金額を差し引くようにします。

所得控除の種類

所得控除の種類は15種類あります。

このうち、ほぼすべての人に適用される所得控除として「基礎控除」があります。2019年以前は無条件で「38万円」の所得控除、2020年以降は合計所得金額が2,400万円以下であれば「48万円」の所得控除が受けられます。合計所得金額が2,400万円以上の場合は、金額に応じて控除額が段階的に下がります。

そのほかには控除対象配偶者がいる人が利用できる「配偶者控除」や、一定の医療費を支払った人が使える「医療費控除」などがあります

なお、非居住者(国内に住所がない人)は15種類ある所得控除のうち、「基礎控除」「雑損控除」「寄付金控除」の3種類しか適用できません。

税額控除の種類

税額控除は所得税法や租税特別措置法などによって規定されてます。

このうち所得税法で規定されているのは「配当控除」と「外国税額控除」の2種類です。配当控除は配当金に一定の割合を乗じた金額を所得税額から控除できるもので、外国税額控除では海外で課税された所得額に応じて国内で課された税額から一定の金額を控除できます。

また、租税特別措置法では主として「住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)」といった控除制度が設けられています。他にも「試験研究を行った場合の所得税額の特別控除」や「政党等寄附金特別控除」といった制度もあります。

近年人気のふるさと納税も税額控除に該当し、「寄附金控除」として申請します。

所得控除・税額控除を受ける流れ

会社員やアルバイトなどの給与所得者であれば、会社の年末調整で申請します。

ただし、年末調整で適用できない控除(医療費控除など)がある場合や、年末調整の対象者に該当しない人は確定申告で申請することになります。

確定申告で申請するためには、必要書類を用意して確定申告書を作成、税務署に提出するという流れになります。

確定申告書を作成する

確定申告書にはすでに控除を記載する項目欄が設けられています。

所得控除であれば「所得から差し引かれる金額」、税額控除であれば「税金の計算」となっているので、その該当する項目欄に控除額を計算して記載します。

所得控除は12欄が用意されており、該当する控除項目に記載していきます。また、税額控除は「配当控除」「住宅借入金等特別控除」「政党等寄付金等特別控除」といった項目欄が設けられているので、当てはまる項目欄を探して記載します。

確定申告書

確定申告書を提出する

確定申告書が作成出来たら、所轄する税務署に提出します。注意点としては所得控除・税額控除を証明する書類の添付を忘れないことです。

たとえば生命保険料控除であれば「生命保険料控除証明書」、住宅借入金等特別控除を受けるのであれば「住宅借入金等特別控除額の計算明細書」などが必要になります。必ず該当する控除項目を受けるための書類を添付するようにしてください。

おわりに

給与所得者で各種控除の申請方法がわからない場合は、経理や労務担当者に聞いてみましょう。

確定申告をする場合は税務署で質問するか、確定申告手続きを税理士に代行してもらうという方法もあります。

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る
他の税務相談を探す
分野

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る