元国税局職員の芸人による「まかないは 無料で食べると 所得税」 - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

通話無料 0120537024

  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 所得税
  4. 所得税のハウツー
  5. 元国税局職員の芸人による「まかないは 無料で食べると 所得税」

元国税局職員の芸人による「まかないは 無料で食べると 所得税」

元 国税局職員 さんきゅう倉田です。
おすすめのふるさと納税は『地方の肉』です。

飲食店に勤務していると、まかないが提供されることがあります。テレビに出るような個人経営のお店でも、常連しか食べられないまかないメニューがあったり、まかないを限定で出していたところ人気が出て定番メニューになったり、それを見た大手チェーンが「従業員のまかない丼」というメニューを作ったり、多くの飲食店は店の食材を使った食事を従業員に提供しています。それが「まかない」です。

まかないが有料か無料かは、お店によって異なりますが、無料で提供されているなら所得税の対象です。

「どうして余り物を食べて、金を払わなければいけないんだ」などと考える方もいるかもしれません。今回は、そんな方のフラストレーションを解消するために、法的根拠を紹介します。

「まかない」は無料だと給与になる

ぼくが大学時代にアルバイトをしていた某大手ファミレスでは、まかない1食につき250円徴収することになっていました。同じグループの別の業態では、200円のところもありましたし、300円のところもありました。お店のメニューの平均単価によって、徴収される金額が違ったようです。

「まかないくらい無料にしろ」と、アルバイトたちはぼやいていました。これには合理的な理由があって、経営者がケチなのではなく、料金を徴収しないと、まかないが給与として扱われるからです。

一般的な市民感覚では、ご飯食べてるだけなのにどうして給与なんだ、と思いますよね。その感覚は、最低限の法律を知ってしかるべき経営者側にも見られます。

先日Twitterで検索していたら、大手の某焼肉店の求人に「まかない無料」と書いてあるのを見つけました。店長さんの納税モラルが低いことも分かりますが、会社として店舗の責任者に指導をしていない杜撰な経営だと感じてしまいます。

無料の「まかない」が給与になる理由

なぜか。具体的な税法上の取扱いを以下のようになっています。

まず、給与の説明から。いわゆる、世に言うところの「給与所得」ですが、国税庁は次のようにいっています。「給与所得とは、使用人や役員に支払う俸給や給料、賃金、歳費、賞与のほか、これらの性質を有するもの」つまり「会社で働いてる人に、労働の対価としてあげるお金」です。

会社からもらうお金の中に「手当」と呼ばれるものがあります。国税庁は次のようにいっています。「役員や使用人に支給する手当は、原則として給与所得となります。具体的には、残業手当や休日出勤手当、地域手当、家族(扶養)手当、住宅手当など」つまり「手当は基本的にお給料と一緒ですよ」ということなんですね。

しかし、例外がありまして以下のようなものは給与所得となりません。

  • 通勤手当のうち、一定金額以下のもの
  • 転勤や出張などのための旅費のうち、通常必要と認められるもの
  • 宿直や日直の手当のうち、一定金額以下のもの

その給与所得には、現物給与という考え方がありまして、お金をもらったわけじゃないのに、給与として扱われるものがあります。この辺が市民感覚に馴染まないのかもしれません。

現物給与の例は以下のようなものなどです。

  • 会社の物を無料または、すごく安くもらった
  • 会社の建物とか物とかお金を無料、または安く借りた

ここまで理解していただいた上で、表題のまかないの件が説明できます。国税庁は次のようにいっています。

役員や使用人に支給する食事は、次の二つの要件をどちらも満たしていれば、給与として課税されず福利厚生費として処理できます。

1.役員や使用人が食事の価額の半分以上を負担していること。
2.次の金額が1か月当たり3,500円以下であること。
(食事の価額)-(役員や使用人が負担している金額)

つまり、「提供される食事の半分以上を従業員が支払っていて、会社の負担が3,500円以下なら、給与として扱われない」ということになります。だから、某大手ファミレスは、給与として扱われないように従業員のことを考えて、1食250円を徴収しているわけなんです。

もちろん、給与として扱って源泉所得税の対象としてよければ、無料でまかないを提供するのも選択肢の一つです。 ただ、無料なのに、給与として扱わないのはよくない、そのことを店長さん、経営者の皆さんにご留意いただければと思います。

所得税に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

所得税に関する税務相談Q&Aをみる

  • 所得税が引かれる原因について

    2018年 11月から漫画喫茶でバイトをしているのですが、給与から所得税が引かれています。なぜでしょうか? 補足 2018年3月〜10月 まで喫茶店でバイト 2...
    税理士回答数:  1
    2019年01月16日 投稿
  • 日本在住イギリス人の納税について

    昨年の3月から日本に住んでいるイギリス人です。 3−9月までの6ヶ月間は観光ビザ、 10月からは配偶者ビザで滞在しており、今後も日本で暮らしていく予定です。 ...
    税理士回答数:  2
    2019年01月16日 投稿
  • 小規模共済掛金控除について。

    社長とその奥様がそれぞれ小規模共済掛金を支払っております。 (社長:年間840,000、奥様:年間120,000) 年金受給の関係で、社長の給与が年間120万円...
    税理士回答数:  2
    2019年01月15日 投稿
  • 業務委託を雇う際の税金について

    個人事業をしておりまして、業務委託のスタッフを雇う?事にしました。 美容関係の仕事になりますが、 契約時に売上の50%〜の報酬とし、契約書には記載していないので...
    税理士回答数:  3
    2019年01月15日 投稿
  • ダブルワーク 還付か納付か

    ダブルワークを検討しています。 1社は年末調整、もう一社は確定申告をしなければならないと学びました。 そこで、確定申告をすると、所得税が還付になるのか、納付し...
    税理士回答数:  2
    2019年01月15日 投稿

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
通話無料 0120537024
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応