株式取引で得られる所得の所得区分と手続き方法 - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

05075863695

  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 確定申告のハウツー
  4. 株式取引で得られる所得の所得区分と手続き方法

株式取引で得られる所得の所得区分と手続き方法

株取引によって受け取れる所得の区分

株式取引によって生じる所得にはいくつかの種類があります。具体的には配当金、売却益、株主優待などです。そこでこれらがどの所得区分に該当するのか見てみます。

配当金(インカムゲイン)は「配当所得」

配当金とは「株式会社等が上げた利益を株主等に分配するお金」のことを言います。配当の有無や金額は株式等を保有する株式会社等の利益状況などによって変わります。また、受け取れる配当金は株式等の保有期間や保有株式数によって決まります。この配当金は所得税法上「配当所得」に含まれます。

株式売却・譲渡益(キャピタルゲイン)は「譲渡所得など」

株式の売却益譲渡益とは「株式を売買することで生じた利益」のことです。上場株式等の取引であれば「上場株式等に係る譲渡所得」として扱われる一方、それ以外上場株式等の配当の取引であれば「一般株式等の譲渡所得」として扱われます。株式売却益・譲渡益の所得区分は事業所得、譲渡所得、雑所得とありますが、個人の場合は譲渡所得であるケースが多いです。

株主優待は「雑所得」

株主優待とは「株式会社が株主に対して提供する特典」のことです。具体的には自社サービスの招待券や割引券、食事券や図書カードなど様々あります。こうした株主優待も課税対象として扱われており、申告時には「雑所得」として扱われます。

配当金の課税・申告手続き

配当金を受け取ったら配当所得として申告手続きをします。そこで配当金を受け取った際の所得税の計算方法と申告のポイントを確認します。

配当所得の計算方法について

配当所得を計算式は以下のとおりです。

配当所得額=収入金額(源泉徴収前のもの)-株式取得にかかる借入金の利子

配当金の課税においては、この計算によって算出された配当所得額に対して所得税が課されることになります。ただ、配当金の場合は支払いを受ける際に以下の区分に従って、源泉徴収を受けることにもなっています。

上場株式等の配当金:20.315%分が源泉徴収される

上場株式等以外の配当金:20.42%分が源泉徴収される

この源泉徴収額は平成29年現在に適用されているものです。したがって、配当所得が生じている時点で一定の源泉徴収額が生じており、人によっては確定申告によって所得税の還付を受けられる可能性もあります。

配当所得の課税方法は2種類ある

配当所得の課税方法には総合課税申告分離課税の2種類が用意されています。それぞれの違いは以下のとおりです。なお、申告分離課税を選択できるのは「上場株式等の配当金等」だけなので注意が必要です。

総合課税:給与所得などその他の所得の合計額に課税する方法

申告分離課税:その他の所得と分けて配当所得のみ課税する方法

このうち総合課税を利用する場合には「配当控除」を適用できますが、申告分離課税では「配当控除」を適用できません。配当控除は課税総所得金額などから決定されており、課税総所得金額が1,000万円以下であれば、下記の計算式で算出されます。

配当控除額=一定の配当所得×10%+一定の投資信託による配当所得×5%

配当控除は、すべての配当所得を構成する所得で計算するわけではないことにご留意ください。たとえば、日本の会社の配当による所得は、配当控除の対象ですが、海外の会社の配当による所得は、配当控除の対象ではありません。

確定申告時には、上記の計算式で算出された配当控除を差し引くことができるようになっています。

確定申告不要制度も選択できる

確定申告不要制度とは配当所得を受け取っている納税者の判断で、確定申告を省ける制度のことを言います。制度を利用するにあたっては以下の条件を満たしている必要があります。

  • 上場株式等の配当金(一定の大口株主を除く):受け取った配当金額にかかわらず利用できる
  • 上場株式等以外の配当金:1回の配当金が「10万×配当計算期間÷12」以下の場合に利用できる

この確定申告不要制度は1回に支払いを受けるべき配当金額ごとに選択できることになっています。もしくは源泉徴収選択口座内の場合は口座ごとに選択できるので、使い分けて利用することもできるので便利です。

譲渡所得の課税・申告手続き

株式を売買して受け取った譲渡所得の申告手続きについて確認します。株式等を譲渡した場合は申告分離課税によって申告することになるので注意しましょう。

譲渡所得の計算方法について

株式の譲渡所得は上場株式と一般株式(上場株式以外のもの)とに分けて算出することになっています。

上場株式の譲渡所得額=譲渡価額-必要経費(取得費+手数料等)

一般株式の譲渡所得額=譲渡価額-必要経費(取得費+手数料等)

注意すべきポイントは、それぞれは別々に算出することになっているので、上場株式の譲渡所得額を一般株式の譲渡所得額から控除したり、その逆をしたりできないことです。上場株式の費用は上場株式に、一般株式の費用は一般株式に使っていく必要があります。

譲渡所得の課税方法について

譲渡所得の税率は上場株式でも一般株式でも「20%(所得税15%、住民税5%)」になっています。したがって、税額の計算方法は以下の通りになっています。

所得税額=上場株式の譲渡所得額×20%

所得税額=一般株式の譲渡所得額×20%

復興特別所得税として各年分の基準所得税額の2.1%を所得税と併せて申告・納付することになります。この通りに計算して、それぞれの税額を算出して申告手続きをすることになっています。

おわりに

株式取引によって生じる所得には、「配当金による配当所得」や「株式譲渡による譲渡所得」などがあります。これらは所得である以上、法律に則って申告しなければなりません。ただし、中には申告不要な場合もあるので、制度を理解した上で正しく利用してください。

経費管理や確定申告を楽にしたいなら、

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

確定申告に関する税務相談Q&Aをみる

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応