渋谷ハロウィーン対策、議論あすスタート 大混乱はもう勘弁 - 税金やお金などの身近な話題をわかりやすく解説 - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

通話無料 0120537024

  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 渋谷ハロウィーン対策、議論あすスタート 大混乱はもう勘弁

税金・お金

渋谷ハロウィーン対策、議論あすスタート 大混乱はもう勘弁

渋谷ハロウィーン対策、議論あすスタート 大混乱はもう勘弁
「渋谷ハロウィーン」の様子(2018年10月31日撮影)

2018年に複数の逮捕者が出た「渋谷ハロウィーン」。安心して楽しめるハロウィーンの対策を考えようと渋谷区は2月27日、「ハロウィーン検討会」の初会合を開く。住民や有識者、関係部署が参加し、6月には対策の方向性を示す予定だ。

●検討会の運営に300万円

2月4日に発表された2019年度の当初予算案では、ハロウィーン検討会の運営費として新たに300万円を盛り込んだ。

当初予算案ではほかに、ハロウィーン対策に特化したものはないが、検討会でまとまった対策の方向性を踏まえ、補正予算を組むのか民間資金を活用するのか対応していく。

●防犯カメラ400台超を増設

また、防犯カメラ設置費用として1億4600万円を計上した。いま496台のところ、911台に増やす。2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催で多くの人が街に訪れることを念頭に入れたものだが、ハロウィーンでの活用も視野に入れる。

渋谷区安全対策課は、「増設の主な目的は五輪だが、ハロウィーンにも結果として使われるかもしれない。住民からは犯罪の抑止力として期待されている。犯罪が起きないことが一番だが、仮に何かが起きても、すみやかな検挙につなげたい」としている。

2018年10月末のハロウィーン前後には、渋谷のセンター街で軽トラックを横転させるなど、酒に酔った一部の若者などが暴徒化。複数人が逮捕された。警視庁は防犯カメラ250台を映像解析し、容疑者の特定につなげた。

(税理士ドットコム トピックス)

税金・お金の他のトピックスを見る

新着記事

もっと見る

公式アカウント

その日配信した記事やおすすめなニュースなどを、ツイッターなどでつぶやきます。

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

「税理士ドットコム」を騙る業者にご注意ください!